ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻裏裏▷booth通販してます ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:勇敢な動揺 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:2851字 お気に入り:0人
(おそカラ)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー いつかわかるだろうと先延ばしにしていることが、積もり積もって、いつの間にかわからないことだら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿▷booth通販してます ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:青い夕方 必須要素:マクガフィン 制限時間:30分 読者:70 人 文字数:2959字 お気に入り:0人
(一カラ) 思春期の恋愛がもしかすれば気の迷いであったかもしれぬというのを、わかるのは結局、大人になってからのことである。一松は成人し、かつて思春期に芽生えた恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:くだらない朝日 必須要素:吾輩は猫である 制限時間:4時間 読者:50 人 文字数:2229字 お気に入り:0人
凍り付いていた。血の気が引いて、腰から下がゼリーのようになって、隣のくだらない若者が、とっときのアサヒビールを開けているのも咎められなかった。カラ松は頭が悪い。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅禅@美術部員になりました ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:贖罪の銀行 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:851字 お気に入り:0人
「どうしてカラ松は、こんな俺にも優しくしてくれるの」何時も通りの何分かの祈祷の後、隣にいたシスター――一松に尋ねられた。彼は少し前、この教会で働き始めたシスター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅禅@美術部員になりました ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:どす黒い闇 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:519字 お気に入り:0人
初めは純粋に、あいつのことが好きだった。あいつが好きだと感じるたびに、それだけで幸せだった。だけど、日に日に想いが募って、独りで抱え込むのが苦しくなった。眩しい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:mirai@FGOありがとう ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:名付けるならばそれは博物館 制限時間:30分 読者:80 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
※チョロおそハロワに行って、面接失敗して、求人雑誌を眺めながらため息をつくもう何回目だろうか。家路を辿る足は重い。玄関の戸を開けただいまと呟く。靴は兄のものであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夜凪@有象無象 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:黄金の俺 必須要素:100字以内 制限時間:15分 読者:221 人 文字数:1369字 お気に入り:0人
毛布をかけて、昼寝をしている弟を見下ろして。 不細工な顔して寝てるなぁ、と俺は思う。まぁ、ブーメランなのかもしれないけど。 カラ松は、眠っている時は静かだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻裏裏▷booth通販してます ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:理想的な冥界 制限時間:30分 読者:139 人 文字数:2730字 お気に入り:0人
【ジェイカラ】------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:小説の秋雨 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:939字 お気に入り:0人
「なんでさ、小説ん中だと雨って美化されるんだろうね」相変わらず、先生は難しいことを言う。別に、言葉の意味を理解していないわけではなくて、その質問に、何の意図が隠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:依子 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:君と汁 制限時間:30分 読者:202 人 文字数:661字 お気に入り:0人
桃を買ってきたのだそうだ。ふくらかなたっぷりとした実にわずかに生えた薄いきんいろの毛は、旬はわずかに過ぎているものの、たしかにうまそうだと素直に思う。きっと持 〈続きを読む〉