ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:SIREN お題:犯人は道のり 制限時間:30分 読者:476 人 文字数:1543字 お気に入り:0人
夏の地面は歩きにくい。別に冬だから歩きやすいわけじゃなく、ただ億劫なだけだと宮田司郎は知っている。それでも、なんとなく歩きにくい。 良い思い出もないからだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宮田 ジャンル:SIREN お題:どす黒い祝福 制限時間:30分 読者:677 人 文字数:962字 お気に入り:0人
ふわり、ふわり。気づけば周囲には白い柔らかな光の玉が飛んでいた。自分の住む見慣れた村の至るところから、それはいくつもいくつも浮かんでいる。まるで蛍のような、雪虫 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
仲吉村 ※未完
作者:ゆずき ジャンル:SIREN お題:昼の四肢切断 制限時間:1時間 読者:723 人 文字数:1248字 お気に入り:0人
薄暗い地下室に並ぶ二つの固いベッド。そこに縛り付けられ奇声を上げる二体の異形の者。それ等に何の感情も抱かず切り刻み、観察の結果をカルテに書き込む自分。暫くすると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:唐傘かろん ジャンル:SIREN お題:フニャフニャの姉妹 必須要素:パスタ 制限時間:30分 読者:991 人 文字数:420字 お気に入り:0人
やはり双子なのだな、目の前でパスタを頬張る美奈を見てそう思った。オリーブオイルが香るそれをフォークに巻き付けて口に運ぶ。それから数回咀嚼し、しっかり飲み込んでか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:莉依 ジャンル:SIREN お題:ちっちゃな強奪 必須要素:白トリュフ 制限時間:30分 読者:936 人 文字数:798字 お気に入り:1人
犀賀省悟は一見すると普段と変わらない無表情に見えた。実際のところ、彼はある物の不在に気づくまでは特に変わりなく仕事をこなしていた、彼を最もよく見ているであろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:莉依 ジャンル:SIREN お題:禁断の猫 制限時間:15分 読者:1346 人 文字数:520字 お気に入り:0人
「猫がないている」 時折宮田はそんなことを言った。「猫?」「ええ」「どこで?」 決まってその声は犀賀には聞こえないのだった。「聞こえませんか」「ああ」 そう答え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:莉依 ジャンル:SIREN お題:1000の狂気 制限時間:15分 読者:787 人 文字数:411字 お気に入り:0人
狂っている。 宮田は犀賀に抱かれながら胸の内だけでで呟いた。 声に出せば、言葉の意味するところや指すものや理由を問われそうだなと思った。皮肉っぽく歪む口元を想 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:莉依 ジャンル:SIREN お題:わたしの嫌いな医者 制限時間:15分 読者:1087 人 文字数:503字 お気に入り:1人
「アンタなんか大嫌いです」「ほう、そうか」 これが果たして嫌いだと言われた人間の反応であろうか。それも、仮にも体を重ねたことのある相手に。ふん、と鼻を鳴らして余 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:莉依 ジャンル:SIREN お題:複雑な会話 制限時間:15分 読者:828 人 文字数:388字 お気に入り:0人
犀賀省悟と自分。二人の間に横たわる感情や関係につける名前を宮田司郎はまだ知らない。 「恋人」というものはもっと、好きだ愛してるだなどと甘やかな言葉を囁き合って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【宮牧】鏡像 ※未完
作者:莉依 ジャンル:SIREN お題:愛と欲望の螺旋 制限時間:15分 読者:1154 人 文字数:245字 お気に入り:0人
どうしようもない奴だ。何度目かになる己への罵倒を宮田司郎は心中で呟いた。 自分が牧野に抱いているものが愛だろうが、性欲だろうが、同じ顔が相手では許されるもので 〈続きを読む〉