ユーザーアイコン
作者:ヒカ ジャンル:Re:ゼロから始める異世界生活 お題:絶望的な手 制限時間:4時間 読者:46 人 文字数:2045字 お気に入り:0人
今日の彼は随分と機嫌が悪かった。鋭い目付きは更に悪く、眉間に皺が寄っている。月明かりの中で仕事を終わらせ、僕は彼に近づいた。「仕事、終わりましたよ」「ご苦労さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
幼い太陽 ※未完
作者:ヒカ ジャンル:Re:ゼロから始める異世界生活 お題:幼い太陽 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:571字 お気に入り:0人
坊ちゃんには、人以外の言葉がわかるらしく、それで昔は随分と苦労なさりました。 生まれた頃から声が聞こえていたようで、最初は制御することも出来ず、人と話すことも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヒカ ジャンル:Re:ゼロから始める異世界生活 お題:経験のない勇者 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:732字 お気に入り:0人
「オットー……」 少し低い声で耳に囁かれては、その気がなくともドキマギとしてしまう。下にある目線と合わせれば、目付きの悪い三白眼によって、ジッと見つめ返された。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヒカ ジャンル:Re:ゼロから始める異世界生活 お題:ゆるふわ愛され朝 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:4時間 読者:28 人 文字数:309字 お気に入り:0人
日が差し込み、その日の始まりが告げられた。僕はグッと身体を伸ばして、立ち上がる。竜車を降りれば、朝の爽やかな風が、髪をなびかせた。 そんな風とは対照的に、僕の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Re:ゼロから始める異世界生活 お題:小説家の魔物 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:813字 お気に入り:0人
主不在の禁書庫の中。埃と黴と、冷たい空気は、あの世界の図書館や図書室とよく似ていた。燦然と並ぶ棚に敷き詰められた分厚い本。本を好んで読む趣味を持たなかったスバル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Re:ゼロから始める異世界生活 お題:おいでよ許し 必須要素:新聞 制限時間:1時間 読者:183 人 文字数:1377字 お気に入り:0人
ある日新聞の記事にはこう書いてあった。・・・・(時給1500円 高額アルバイト募集中・・・)気になった僕は、指定の某コーヒーショップに行ってみることにした。 だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こんて179@夏コミ申込 ジャンル:Re:ゼロから始める異世界生活 お題:青い、と彼女は言った 制限時間:1時間 読者:199 人 文字数:2046字 お気に入り:0人
【同人用ネーム1】 メイザース卿別邸。夜の帳はとうの昔に降りている。 スバルは自室のドアを開けようとして、中の気配に気付いて声を掛ける。「――珍しい客だな」 相 〈続きを読む〉