ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:ぐふふ、逃亡犯 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:943字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。 事務所の屋上に奏は立っていた。「風が気持ちいいー!」 そう言って、屋上の床に倒れ込んで空を見上げた。青空に風が吹いて、白い雲が早く流れてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:最後の犯人 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:1086字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「へ?」「お?」 食堂にやってきた遙人が見つけたのは厨房の中にいる純哉だった。遙人が来たことに気付いた純哉は目をまん丸く開いて遙人の方を見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:茶色い雑草 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:914字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「ありがとうございました」 本日もドラマの撮影が入ってた慎は、自分のシーンを撮り終えて頭を下げた。「お疲れ様、慎くん。昨日の公演の後だったけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:かっこいい恨み 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:1059字 お気に入り:0人
武道館翌日。「黒石さん、今日はお疲れ様でした」「ありがとうございました」 取材を終えた勇人はスタッフに一礼して楽屋から出る。今頃圭吾も取材が終わって事務所に向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:かっこいい恨み 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:887字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「おい、圭吾じゃねえか」 タケシが声をかけたのは学ラン姿――ではなく、事務所ジャケットを羽織った圭吾の姿だった。「ああ」「どうしたんだ、黒石 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:死にかけの検察官 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:957字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「昨日は武道館でのステージでしたが、いかがでしたか?」「すごく素敵な光景を見せてもらいました。あの場所に立てて、本当に幸せです」 いつきはイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:免れた目 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:993字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「ふふーんふん、ふふーふー、ふんふーふーん」 鼻歌交じりに千弦が事務所の廊下を歩く。その姿に気付いたのは、「何歌ってんだよ、チヅ」「あっ、ユ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小さな花火 ※未完
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:俺と感覚 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1102字 お気に入り:0人
「夏といえばー! 佐々木純哉ー!」 そんな千弦の掛け声と同時に打ち上げ花火がぽん、と音を立てて夜空に広がった。「……え、何その掛け声」「えー、ユヅ知らないの? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ドリフェス! お題:人妻の喜劇 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:1199字 お気に入り:0人
こんにちは! 今日も『ちょっとラジオでも聞いてよ、佐々木純哉!』のお時間です。 パーソナリティはもちろんこの俺! DearDreamの黄色担当、佐々木純哉です 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ドリフェス! お題:アブノーマルなクリスマス 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:1656字 お気に入り:0人
「今年はじゅんくんのお誕生日、なんにしよっか?」 にこにこと満面の笑みを浮かべながら、千弦が歌うように言う。その言葉に、いつきの頬の筋肉も緩んでふんわりと微笑ん 〈続きを読む〉