ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:天才の幻覚 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1359字 お気に入り:0人
椅子の夢(カーテン2) ※未完「臙脂色のカーテン」ノックをし、ドアを開けば、そこは赤い空気がある。臙脂色のカーテンを通して室内の色を彩っている彼の書斎の中央には 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:純白の始まり 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「臙脂色のカーテン」ノックをし、ドアを開けば、そこは赤い空気がある。臙脂色のカーテンを通して室内の色を彩っている彼の書斎の中央には、たくさんの本に囲まれた中で一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:12月の社会 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:456字 お気に入り:0人
「臙脂色のカーテン」ノックをし、ドアを開けば、そこは赤い空気がある。臙脂色のカーテンを通して室内の色を彩っている彼の書斎の中央には、たくさんの本に囲まれた中で一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:潔白な使命 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:680字 お気に入り:0人
その人は、きっとだれが見ても美しく、誰よりも勇ましかった。「おっしょはん、カレー食べに行けへん?」なんて快活に笑う彼は織田作之助。かつて日本の文壇に立ち、病弱の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:生きている殺人犯 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:2125字 お気に入り:0人
男はハンドルを握ったまま、脂汗を流していた。車外では、夏を迎えた街の風景が輝きながら後ろへ飛んでいく。 赤信号でブレーキを乱暴に踏み込む。ギィッ、と軋むような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:文豪とアルケミスト お題:穏やかな体験 制限時間:1時間 読者:99 人 文字数:877字 お気に入り:1人
紅茶を上手に淹れることに成功した。ミルクは冷蔵庫から出して暫く常温に置いたもの。ビスケットは角の菓子屋の上等を買っておいた。昨晩降った雨が嘘のように良く晴れた朝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水鏡 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:犬の国 制限時間:30分 読者:88 人 文字数:2203字 お気に入り:0人
「何だってこんなことになったのか」「わ、わかんない……」男は途方に暮れていた。自分は成す術もなく中庭の芝生に横たわており、息子はその隣でおろおろと父を眺めるばか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:これはペンですか?違うわ、それはパラダイス 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:859字 お気に入り:0人
「んー……これ何て読むんだぜ?」 特務司書が務める国定図書館の中でも、この図書館は異質だ。もちろん、文豪たちは今日も元気に潜書に励み、執筆活動に勤しみ、笑いが絶 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:阿修羅悪魔 制限時間:30分 読者:118 人 文字数:1603字 お気に入り:0人
【おやつの恨み】「オジサンとおやつ、食べに行こう、な」「……」「パンケーキにするか。白玉善哉にするか」「どっちも」不機嫌な特務司書の少女を井伏鱒二は背後から抱き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:ゆるふわなうどん 制限時間:15分 読者:116 人 文字数:802字 お気に入り:0人
ここは食堂。文豪達が並んで食事を受け取っている。「わぁ~~、今日のご飯はおうどんだ~~!!」 南吉が嬉しそうに言葉にした。「うどんか……。二日酔いにはもってこ 〈続きを読む〉