ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:難しい天国 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:935字 お気に入り:0人
※5章ネタバレ「ねぇ、天国って本当にあると思う?」「……何だよ急に」「オレはさぁ……そんなの気休めだって思うんだよね」百田のジャケットに抱かれながら、プレス機に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:未熟な墓 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:682字 お気に入り:0人
『ねぇ、最原クン。これは誰のお墓なの?』胸の中で聞きなれた声が優しく僕に問いかけてくる。「これは天海クンと……赤松さん、君のお墓だよ」『そっか。私、死んだんだ』 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:すごい恨み 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:735字 お気に入り:0人
私は王馬小吉を許さないだろう。 王馬小吉はこの前の生で、百田を殺した。クロであったのは百田だったとしても、それは同じことだ。すべてを企んだのは王馬の方で、あい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
他人事 ※未完
作者: ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:左のあそこ 制限時間:30分 読者:107 人 文字数:1040字 お気に入り:0人
本編のネタバレ、本編の自己解釈を含みます。 「滑稽だとは思わない?」「何が?」「だって、全部嘘だって最初からわかってて、それでもみんな、私のこと、たのしんで観 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:せつない小説の書き方 制限時間:4時間 読者:227 人 文字数:3233字 お気に入り:0人
ふう、と息を吐いて本を閉じた。 漸く現実に戻って来れた僕は、背筋をぐっと伸ばして、凝り固まった体をほぐす。今が何時かは分からないけれど、ずいぶん長い間ここに居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:限界を超えた凶器 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:150 人 文字数:327字 お気に入り:0人
※三章ネタバレ暗い籠の中閉じ込められて感じたものは強い衝撃と首に突き刺さるような痛みだった。「……っ!!」痛い痛いいたいいたいイタイ――――!!!!!目を閉じて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:メジャーな情事 制限時間:15分 読者:144 人 文字数:357字 お気に入り:0人
※突然始まった恋愛バラエティとやらで愛の証を示すよう言われた百王「いやはや、これって有名な情事だよね?モノクマ」自分より一回り大きい手に指を絡ませ、繋いだ手を眼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:柳井 ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:安全なピアニスト 制限時間:30分 読者:129 人 文字数:770字 お気に入り:0人
ある日連れてこられた鳥籠の学園。才囚学園と呼ばれるその学校の校長、モノクマは16人の生徒たちに向かって言いました。『コロシアイをしなさい』けれど、生徒たちは嫌が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:ねじれた整形 制限時間:15分 読者:156 人 文字数:626字 お気に入り:0人
じぃーっと低いモーター音が室内に響く。並べられたカプセルの表面をなぞって、少女はうっそりと笑んだ。まもなくだ。全ての幕開けは後数時間後に迫り、彼女も定位置に待機 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ニューダンガンロンパV3 お題:限りなく透明に近い地獄 必須要素:ギャグ 制限時間:1時間 読者:355 人 文字数:2606字 お気に入り:0人
窓から差し込んだ光で、水面は穏やかにきらめいている。ゆらり、ゆらと少しだけたゆたう水は、プール底面の色を透かしてそれ自体が薄く青みがかっているように見えた。「夏 〈続きを読む〉