ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:緑の門 必須要素:チューペット 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1320字 お気に入り:0人
ビクターが姉のエレンと共に薔薇の枝でできた門をくぐったのは、夏の尾張の頃だった。 残暑が厳しいというのに、重なりあったピンクの花弁を零れんばかりに咲き誇る薔薇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:最強の職業 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:1387字 お気に入り:0人
「最強の職業ってなんなんでしょうねぇ」 夜、主人の部屋にばさばさと散らかった本や紙類、実験道具を片付けながら、ふいに執事が呟いた。「なんだ、ルンゲ」 だいたい執 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:裏切りの悪魔 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:796字 お気に入り:0人
「裏切り者!」「なんとでもおっしゃってください」「悪魔!」「絶対に譲りませんからね!」「何してるんだ二人とも」珍しく大声を出して睨み合う主従の姿に、アンリは首を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:緑の食事 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:575字 お気に入り:1人
「…なに、これ」出てきた皿にアンリは絶句した。いつものように夕食の席についたアンリとヴィクターの前に置かれたのは、緑色のスープにグリーンサラダ、そして緑色のパス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:彼女の死 制限時間:1時間 読者:68 人 文字数:1053字 お気に入り:1人
あれは僕が大学を出るころだったと思う。 夜中にふと目が覚めて、水を飲もうと厨房に向かった。 もう寝静まっているはずの廊下に、明かりが漏れていた。 壁の蝋燭もと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:女の借金 必須要素:一人称 制限時間:1時間 読者:118 人 文字数:1123字 お気に入り:1人
いつものように、坊っちゃんが指揮をとって、死者蘇生の実験をしようとしているときでした。実験に使う死体の中に、ひとつだけ女性のものがありました。なんでも、戦場で兵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:知らぬ間の挫折 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:623字 お気に入り:0人
外界の音をすべて遮断する。音楽をかけながら本を読んでいると、不意に近くに人の気配を感じた。「ルンゲ!」あげかけてた悲鳴を飲み込んで、顔のすぐ横にいる人物をなじる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@かえる待機 ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:白い尿 制限時間:2時間 読者:67 人 文字数:2258字 お気に入り:1人
第一師団兵器研究所は駐屯地の外れにある。近くには他の兵士たちの宿舎もあり、野戦病院もあった。兵器研究所で使われる実験素材は。戦場もあったが、ここで調達されるもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 必須要素:背後で爆発音 制限時間:30分 読者:119 人 文字数:729字 お気に入り:0人
「動いた」「え?」声の方へ振り向くと同時に、目を見開き頬を朱に染めたビクター・フランケンシュタインが、ぶつかるようにして肩を掴んできた。「動いたぞ…見ろ少尉!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ミュージカルフランケンシュタイン お題:興奮した独裁者 制限時間:30分 読者:111 人 文字数:568字 お気に入り:0人
「なんてこと…」「なんてこと……………」実験室に戻ったエレン姉さんがそう呟いた。視線の先には…。「うう…………」蠢く物体が目に入った。それは先ほどまで鉄のベッド 〈続きを読む〉