ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:忘れたい過ち 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:889字 お気に入り:0人
とてもとてもおぞましい記憶。忘れたい記憶。忘れられないであろう記憶。かりやおじさんとの日々。わたし、私、間桐桜。前は別の苗字があったけど、今はないの。私は間桐家 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:saku ジャンル:Fate/Zero お題:群馬の門 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:532 人 文字数:513字 お気に入り:0人
その門は、この日本において全く似つかわしくない仰々しいつくりをしていた。「……なんなんだこれは」呆れて見上げる切嗣に、背後の少年はにやにやと笑いながら答えた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ケイマ ジャンル:Fate/Zero お題:天才の敗北 制限時間:30分 読者:534 人 文字数:1290字 お気に入り:0人
男は、とある魔術の研究を続けていた。 ――死徒化の抑制。 それは根源に至るための道のりの一端であり、封印指定を受けてなおひっそりと続けなくてはならないもの。ア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ケイマ ジャンル:Fate/Zero お題:フォロワーの虫 制限時間:30分 読者:1043 人 文字数:1232字 お気に入り:0人
決して美しくなど無い。 美しさとは無縁の瘢痕走る青白い肌は、見る者によっては身の毛もよだつものであろう。事実連れて歩けば周囲が道を開け、向けられる視線も憐憫か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あかこっこの死体 ジャンル:Fate/Zero お題:哀れな蟻 必須要素:受験 制限時間:15分 読者:570 人 文字数:819字 お気に入り:1人
雁夜くんと時臣くん 高校3年の夏。受験やら何やらで疲れていたせいか奇妙な夢を見た。 いつもの通学路をいつもどおり時臣と歩いている。俺も時臣も年は7、8歳といった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:3000 ジャンル:Fate/Zero お題:正しい遭難 必須要素:社会に対する不満 制限時間:2時間 読者:448 人 文字数:5755字 お気に入り:0人
ううん、と唸って紛らわせてみてもその二秒後には静謐が鼓膜を劈いた。 家の玄関を出たのはほんの二時間前の事であるが、背中に夕日の熱さを感じながら走った為、空はイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ケイマ ジャンル:Fate/Zero お題:恐ろしい正義 制限時間:30分 読者:640 人 文字数:1054字 お気に入り:1人
衛宮切嗣は、一つの歪な天秤を携えている。 『どうして、○すんだ』 ――必要だから。『俺はやむをえず、組織に従っただけだ』 ――従ったことは事実で、そのためにた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐々倉 ジャンル:Fate/Zero お題:遠い天才 制限時間:30分 読者:855 人 文字数:1294字 お気に入り:0人
大好きな人がいました。親が彼女と俺を引き合わせてくれたその時ほど俺は親に感謝することはありませんでした。今までも、そしてこれからも。彼女はいつも俺を弟のように可 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ケイマ ジャンル:Fate/Zero お題:反逆の海風 制限時間:30分 読者:627 人 文字数:1318字 お気に入り:0人
暖かな風だと、思っていた。 人の温もりなどもう二度と傍に無くて良いから、世界平和を実現する。そんな途方も無い夢を抱いた切嗣にとって、士郎という少年はありえない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ケイマ ジャンル:Fate/Zero お題:賢いボーイズ 制限時間:30分 読者:780 人 文字数:1839字 お気に入り:0人
サーヴァント「セイバー」であるアルトリア=ペンドラゴンのマスターは、魔術師殺し・衛宮切嗣である。 まだ、一度も話したことは無いのだけれども。「……おかしいと思 〈続きを読む〉