ユーザーアイコン
作者:小春 ジャンル:HUNTERXHUNTER お題:暴かれた粉雪 制限時間:15分 読者:576 人 文字数:403字 お気に入り:0人
誤解していた、とキルアは横たわりながら考えていた。ぐったりと重い身体は、凍えて掛布を何枚を被っているように動かしづらい。おまけにあちこちが気持ち悪くて、引き攣れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小春 ジャンル:HUNTERXHUNTER お題:宿命の血痕 制限時間:15分 読者:535 人 文字数:462字 お気に入り:0人
◇「クリスマスプレゼントにはオレをあげるよ」野宿中の焚き木の前で、ゴンは淡々とそう宣言した。大仰に手を広げるでもなく、夕飯のおかずでも譲るような気軽さで告白され 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小春 ジャンル:HUNTERXHUNTER お題:馬鹿な帝王 必須要素:ノリツッコミ 制限時間:15分 読者:551 人 文字数:415字 お気に入り:0人
◇親父を探しているんだ、という親友の手伝いをしていたのはもう何年も前のことである。なのに何故今も同じ人物を探さなければならなくなっているのか、キルアは頭を抱えた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小春 ジャンル:HUNTERXHUNTER お題:君の能力者 制限時間:15分 読者:478 人 文字数:339字 お気に入り:0人
◇すうっと晴れ渡る空の下。ゆったりと鳥が風を切って飛んで行く景色は穏やかだが、都会の人間はそんなことに気を止める様子もなく進んでいく。兄の膝の上で目を覚ましたア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小春 ジャンル:HUNTERXHUNTER お題:昨日食べた凶器 制限時間:15分 読者:580 人 文字数:541字 お気に入り:0人
食事を作るのは専らゴンの仕事である。概ね起きだすのが遅いキルアは、そもそも朝食をとる習慣がなく、うっかりすると数日間何も食べないこともざらにある。何かに没頭する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小春 ジャンル:HUNTERXHUNTER お題:8月の民話 制限時間:15分 読者:512 人 文字数:538字 お気に入り:0人
暑い晩。川の水で顔を濡らしたあと、顔を上げると対岸に会いたい人間が現れるという。そんな噂をゴンが聞いたのは、全く偶然の事だった。八月中旬のことである。父親の仕事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小春 ジャンル:HUNTERXHUNTER お題:過去の命日 制限時間:30分 読者:727 人 文字数:796字 お気に入り:0人
―ああ、夢を見ているな。そう、クラピカは思った。のろのろと起き上がると、寝起き特有の気だるさがあった。さわさわと土の匂いを孕んだ風が気持ちいい。空は真っ赤に染ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小春 ジャンル:HUNTERXHUNTER お題:ラストは風 制限時間:15分 読者:502 人 文字数:614字 お気に入り:0人
「暑いねえ」ふと声をかけられて横を見ると、いつの間にか来ていたゴンが笑っていた。太陽を背にして笑うゴンには後光が差していて、直視は出来そうもない。隣りに座っても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小春 ジャンル:HUNTERXHUNTER お題:素人の儀式 制限時間:15分 読者:798 人 文字数:458字 お気に入り:0人
ふっと頭に乗せられたものは、なにかと思ったら花冠だった。「なんだよ、これ」「あ、とんないでよ。オレの力作!」思わず手に取ろうとすると、仕掛け人であるゴンが途端に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小春 ジャンル:HUNTERXHUNTER お題:私のダンス 制限時間:15分 読者:632 人 文字数:657字 お気に入り:0人
彼が苦しんでいることは一目で分かった。額には脂汗が浮かび、口元は引き攣っている。それでも、彼は笑っていた。一定のリズムで地面を蹴る様子はまるでダンスのステップを 〈続きを読む〉