ユーザーアイコン
作者:蒼空 花 ジャンル:ファイアーエムブレム覚醒 お題:左のあそこ 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:705字 お気に入り:0人
人の気配。何度も経験すれば慣れてもくるものだけど、深夜に出歩いている以上、びくりとはする。「母さん、またこんなとこに隠れて。練習中の踊りを見に来るのはやめてっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蒼空 花 ジャンル:ファイアーエムブレム覚醒 お題:ねじれた家 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1315字 お気に入り:0人
僕たちの世界は、ここではない。それは、よく分かっているはずなのだけど。僕は、自分と別の世界の人に、どうやら本気で恋をしたらしい。半ば自棄になってそれを告白した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リケリケ(平時) ジャンル:ファイアーエムブレム覚醒 お題:運命の眠り 制限時間:1時間 読者:335 人 文字数:1128字 お気に入り:0人
私が目覚めたのは暗闇の世界だった。(ここは……) どこだ、と思う前に私は気づいた。記憶が、ない。いくら探しても探しても、何も覚えていない。 自分を産んでくれた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
コーヒー ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ファイアーエムブレム覚醒 お題:コーヒーと液体 必須要素:輪ゴム 制限時間:2時間 読者:379 人 文字数:568字 お気に入り:0人
「なあ……」声をかけられた青年は、ビクリと背を震わせ振り向いた。何を、そこまで驚かなくても____俺は笑いながら、湯気がたつコーヒーを青年へと渡した。青年の名は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ウドアズ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ファイアーエムブレム覚醒 お題:近い男の子 制限時間:30分 読者:745 人 文字数:836字 お気に入り:0人
彼は従兄弟だった。 生まれた頃から、ずっと一緒に育った。 父も母も、叔父も伯母も、アズールが物心着いた頃にはあちらこちらと遠征に赴いていて、だから城に残された 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイアーエムブレム覚醒 お題:真実の悪役 制限時間:15分 読者:658 人 文字数:374字 お気に入り:0人
小さなウードと小さなアズールは、今日も今日とて二人でお遊び。「クジで決めたんだから、やだって言ってもダメなんだからな!」「でも、僕、悪役なんてどうすればいいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイアーエムブレム覚醒 お題:空前絶後の誰か 制限時間:1時間 読者:1939 人 文字数:1597字 お気に入り:0人
熱風吹き抜ける荒野で、歓声が沸上がる。聖王を死に至らしめたペレジアの王を、あの人が打ち倒したのだ。今すぐに走ってあの人の所へ行きたかったけれど、ろくな会話もでき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ファイアーエムブレム覚醒 お題:真実の小説新人賞 制限時間:1時間 読者:971 人 文字数:1378字 お気に入り:0人
日の落ちた夜。天幕には明かりが灯り、兵士たちは戦いの疲れを癒すために思い思いの時間を過ごしていた。ルフレも日課となりつつある読書会を花の甘い匂いのする、スミアの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆずき ジャンル:ファイアーエムブレム覚醒 お題:昨日食べた逃亡犯 制限時間:1時間 読者:894 人 文字数:1027字 お気に入り:0人
ルフレ、起きろ。朝だぞ。聞き慣れた声に呼ばれ目を覚ますと、そこには頭に浮かんだ通りの人物、クロムがいた。「朝食は出来ている。顔を洗ってこい」「…クロムか。ああ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
盲いた瞳 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ファイアーエムブレム覚醒 お題:光のモグラ 制限時間:1時間 読者:1330 人 文字数:1370字 お気に入り:0人
濃紺の空を覆う雲の動きをルフレはじっと追っていた。その雲は丁度月を隠し、代わりに星々のぼんやりとした光が周囲に降り注いでいた。灯りもないこの場所は星がよく見え、 〈続きを読む〉