ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:安全な妻 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
この時代に生まれた事、心底呪っている。子供を増やせ増やせと。徳川の貴重な跡継ぎがどうとかこうとかと。腹が立つ。何なんだ。何も知らぬ癖して。別に私は好きでこの立場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:信用のない視力 必須要素:ペットボトル 制限時間:1時間 読者:355 人 文字数:678字 お気に入り:0人
(転生ぱろ。太妹です。お分かりでしょうが、長身の男が太子、小柄な大学生の男が妹子です。短いし意味不明ですすいません。)「あ、飛行機」「え、どれ」「あそこです。ホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:馬鹿な夢 制限時間:1時間 読者:227 人 文字数:1395字 お気に入り:0人
(鬼畜コロ←コクです。コロちゃんがやっぱ偉人なんだ。腐っても提督なんだ。て、悲劇を見ちゃったコックさんが思う話。)馬鹿な夢を見るものじゃないな。「いや、ね?俺だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:日本殺し 制限時間:1時間 読者:232 人 文字数:622字 お気に入り:0人
「聖徳太子」その名は、私の呪縛だ。私を縛り付ける名だ。「貴方様は聖徳太子なのですから。」「あの方が聖徳太子様よ。」なんて。何でこの国の摂政てだけで回りからなんや 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:許されざる青春 必須要素: 制限時間:1時間 読者:678 人 文字数:2387字 お気に入り:0人
(太妹現代パロディです)君のその手のぬくもりに、いつまでもいつまでも触れていたくてだけどもそれはいけないことだと遠くで誰かが言ったから、私はそっと熱い思いを、知 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よさの ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:謎の誰か 制限時間:4時間 読者:708 人 文字数:1574字 お気に入り:0人
「そういえば芭蕉さん、最近芭蕉庵にある池に誰か……出るって聞きましたけど」「だだだだだ誰か?! 一体誰が出るのさ私の家に!」普段通りに居間で寛いでいた曽良から告 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よさの ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:僕と春 制限時間:4時間 読者:652 人 文字数:2230字 お気に入り:0人
春爛漫、というには今だ寒さの残る頃。それでも咲き始めた桜を見上げ、曽良はひとつ息を吐く。白く色を纏った吐息を見て、後方を歩いていた芭蕉があれ、と声を上げる。「曽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
*** ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:わたしの嫌いな朝日 必須要素:周囲とのレベルの違いを見せつけるような巧みな描写 制限時間:4時間 読者:561 人 文字数:1220字 お気に入り:0人
夜はいつもやさしい。 暗闇にうずくまると安心するので、暑い夜でも布団に潜り込む。何も見えない闇の中に自分を溶かしてゆく心地が何とも言い難い快楽で、セ○クスやキ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:朝の過ち 制限時間:1時間 読者:842 人 文字数:705字 お気に入り:0人
何もかもを彼のせいにしたかった。 職場から家までの道をトボトボと歩く。何の因果か先ほどまで妹子を濡らしていた雨は止み、気持ちのよい青空が広がっている。きれいな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よさの ジャンル:ギャグマンガ日和 お題:名前も知らない凡人 制限時間:4時間 読者:671 人 文字数:2401字 お気に入り:0人
部活が終わった後、すっかり暗くなった慣れた道を歩いていると、街灯の消えかかった公園で数人の話し声が聞こえ、曽良は訝しげに様子だけ伺おうと木の陰から話し声のする方 〈続きを読む〉