ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:黄色い接吻 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:627字 お気に入り:0人
くすみ切った白い夢がひたひた足音を立てやってくる。熱が入り過ぎて役になり切っているのか。それとも別の何かが憑依して体を操り心を支配しているのか。撮影の合間。次の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:遠いガール 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:604字 お気に入り:1人
白い手袋が頬を包み撫ぜる感触はどちらかと言えば嫌いじゃない。少し毛羽立った布地が耳の縁をなぞる。こそばゆくて首を竦めようとすればその隙間に白い手袋が先回りして肩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:振り向けばそこに深夜 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:908字 お気に入り:1人
足元で蠢いていた黒い靄がビルの感情に共鳴して彼に群がり纏わりついた。憎悪、怒り、果たせなかった無念が糧となり勢いを増した黒い靄が白銀色の衣装を真逆の色で覆い隠す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:清い壁 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:709字 お気に入り:1人
糞尿が入り混じった汚水の匂いと屍肉が放つ腐臭のブレンドは一度服に染み着いたら中々取れない。触っただけで火傷するネバネバした糸に触れぬよう一定の距離を保つ。一本で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:許されざる夜 制限時間:1時間 読者:66 人 文字数:1154字 お気に入り:0人
27年の休息期間から目覚めた時、まず初めに感じたことは――胸の内に広がる空虚感だった。意識をデリー町中に張り巡らせ隈なく探し回る。募る焦燥感につられ指先が悴み呼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:臆病な伝承 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:350字 お気に入り:0人
故郷から遠く離れた土地でよもや再会するとは思わなんだ。賑やかに窓ガラスに当たる雨粒。忙しなく窓が風に煽られ音を奏でる。台風と何ら大差ない豪雨。昼間から降り続いた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:かゆくなる殺し 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:570字 お気に入り:0人
人間にとってそこそこ永い眠りの期間。眠る前の記憶と目覚めた時の誤差が大幅にズレる時もあれば殆ど変わっていないのもある。寝ていた間、空白時間の埋め合わせは気が向か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:冷たい王 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:444字 お気に入り:0人
トランシーバーのハウリング音。あの日着ていった黄色いレインコート。視界端から逃げていく気配。ついさっき口から吐き出された言葉が霞み消えてしまう程、目を奪われ気付 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:騙された家 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:296字 お気に入り:0人
自由に空を勝手気まま飛び回る蝶を捕まえるのは厄介なことこの上ない。手を伸ばせば、するり空へ逃げてしまう。ならば――その背に生えている翅を捥いでしまえばいい。背に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 お題:宿命の朝日 制限時間:15分 読者:57 人 文字数:422字 お気に入り:0人
絶叫と悲鳴、世界崩壊の足音が遠のき。一定の間隔で波紋を作る雫の囁き声が鼓膜の奥に入り込む。閉じていた瞼を開け周囲を見渡す。鼻につく汚水の匂いがするものの、まだ腐 〈続きを読む〉