ユーザーアイコン
作者:お醤油かけご飯 ジャンル:イケメン戦国 お題:男同士の善人 必須要素:眼球 制限時間:15分 読者:62 人 文字数:315字 お気に入り:0人
「小十郎、」大きな背中に声をかけた。あの時も、こんな風に。だが、あの時俺の手中には小刀が握られてた。「……いざ。」お前はきゅっと口を結んだまま。俺は片方の目を瞑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さくちか ジャンル:イケメン戦国 お題:男同士の善人 必須要素:眼球 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:504字 お気に入り:0人
豊臣秀吉。あの男ほど性根から善人である人間を、自分は知らない。…しかし、本当に?根からの善人など、この乱世に存在するものだろうか?「はい、秀吉様は真に立派なお方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さくちか ジャンル:イケメン戦国 お題:希望の霧 必須要素: 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:424字 お気に入り:0人
彼奴に塩を贈られたあの時を思い返せば。全てはどうと言うこともない…取るに足らない些細な事だな、と思えてくるから不思議だ。いつの間にか深まった、謙信との仲。それま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:暑い何か 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:534字 お気に入り:0人
雲一つない青空、強い陽射し、風はない。政宗はまぶしさに目を細めつつも、遠い山の頂の辺りををじっと見つめる。「何を見ているんですか?」「何か分からないから見ている 〈続きを読む〉