ユーザーアイコン
作者:しげち@水匙待機 ジャンル:ブロードウェイと銃弾 お題:たった一つの夕日 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:395字 お気に入り:0人
舞台監督ミッチーの「15分休憩!」の一声で劇場内はほっとした空気が流れた。 憤然と出ていった脚本家兼演出家の様子では、15分後に本当に始められるか定かではない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@水匙待機 ジャンル:ブロードウェイと銃弾 お題:馬鹿な小説修行 制限時間:2時間 読者:68 人 文字数:1187字 お気に入り:0人
「デビッドって、8歳から脚本書いてるんだそうだね?」「…ええ、まぁ。誰から?」 ジュリアンと前からの知り合いのようだから、彼だろうか。 そう思っていたら、思いが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@水匙待機 ジャンル:ブロードウェイと銃弾 お題:私が愛した孤独 制限時間:2時間 読者:58 人 文字数:663字 お気に入り:0人
この舞台で、彼が相手役だと聞いたときから、こうなることはわかっていたわ。「やぁ、イーデン」 こちらの顔を見て、すぐに笑みを浮かべてこちらに呼びかける。 そう、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しげち@水匙待機 ジャンル:ブロードウェイと銃弾 お題:失敗の恋 制限時間:2時間 読者:95 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
ボストン行きの急行列車の廊下を、用を足しに異って戻ってくると、デッキのところに見慣れた人影があった。 グレーのロングコートに帽子をかぶってたたずむ姿はそれだけ 〈続きを読む〉