ユーザーアイコン
作者:ナラハ ジャンル:イナズマイレブン お題:求めていたのはサイト 制限時間:15分 読者:630 人 文字数:451字 お気に入り:0人
「『ヒロト』は本当にそれでいいのか?」 この話を鬼道くんにしようと思ったのは気まぐれだった。「うん、もう決めたことなんだ」「そうか……お前は迷わないんだな」 基 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ナラハ ジャンル:イナズマイレブン お題:去年の夏 制限時間:15分 読者:697 人 文字数:575字 お気に入り:0人
去年の夏、ここには鬼道がいた。 帝国学園の夏合宿は例年決められた場所で行われている。浜辺で足腰を鍛え、整備されたサッカー場へ。その移動中に佐久間はふいに寂寥感 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鳴海四吉 ジャンル:イナズマイレブン お題:今年の伝承 制限時間:15分 読者:948 人 文字数:506字 お気に入り:0人
「今年からエアコンを導入するわ」との瞳子の言に、勉強会と称して人生ゲームで遊んでいたヒロト、緑川、涼野、南雲らお日さま園受験生組の士気が上がった。「いやあ、さす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鳴海四吉 ジャンル:イナズマイレブン お題:黒いお天気雨 制限時間:30分 読者:596 人 文字数:674字 お気に入り:0人
「ふざけるなよ」 ああ、やっぱりこの人結構おっかないんだなあと思ったのはその瞬間だった。ヒロトさんは柔らかな笑顔を崩していない。しかし、目の前で発動したその剣幕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
守れない約束 ※未完
作者:あお ジャンル:イナズマイレブン お題:来年の演技 制限時間:15分 読者:664 人 文字数:893字 お気に入り:0人
明日は来るのかなんてそんなこと誰にもわからない。突然、交通事故に遭って命を落とすかもしれないし、宇宙人が街を破壊し尽くすかもしれないし、月を壊したついでに地球を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イナズマイレブン お題:俺は悪意 制限時間:30分 読者:660 人 文字数:751字 お気に入り:0人
「なあ、その肉まん俺にくれよ」言葉と共に出た息が白く視界を遮る。靄が晴れて見えてきた顔は驚きと少しの呆れの色を示していて、そいつがはあと吐き出した溜息は俺たち二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イナズマイレブン お題:安全なセリフ 制限時間:15分 読者:1310 人 文字数:743字 お気に入り:0人
それは多分、ただの嫉妬だったと思う。いや、嫉妬なのかどうなのかすら定かじゃない、恐ろしいほど幼稚な、もしくは、稚拙な感情だった。「愛してる」そんな、簡単な、安全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花子 ジャンル:イナズマイレブン お題:暗黒の空 制限時間:30分 読者:687 人 文字数:621字 お気に入り:0人
「雨が降りそうだ」風丸がそうつぶやいた。その言葉につられて空を見上げてみたが、今日は雲一つない快晴で、全く雨が降りそうには見えなかった。そんなことはないだろとボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花子 ジャンル:イナズマイレブン お題:ちっちゃな村 制限時間:30分 読者:539 人 文字数:1041字 お気に入り:0人
僕にとってそこは、ちっちゃな村でした。小さくて、みんながそこに住んでいて、それぞれみんな好きなことをしています。よく顔を合わせて会話をしたり遊んだり、たまに喧嘩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:美生 ジャンル:イナズマイレブン お題:彼の電話 制限時間:15分 読者:824 人 文字数:735字 お気に入り:0人
私のお父さんは優しくて、あたたかい。 私に、そして雷門のみんなに向けられるその優しさは、誰もが気づいているわけじゃないけれど私だけは絶対に知っている。顔に出し 〈続きを読む〉