ユーザーアイコン
作者:モカ@緑色の14 ジャンル:らっかみ!(PBW) お題:刹那の外側 制限時間:15分 読者:267 人 文字数:743字 お気に入り:0人
澪乃澄佳がぽてぽてと教室に戻るころには、夜と見紛うほどに空は紺よりも深い色となっていた。思ったより用事が遅くなったのもあったが、それにしても暗い。放課後になる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モカ@緑色の14 ジャンル:らっかみ!(PBW) お題:緩やかな大学 制限時間:15分 読者:263 人 文字数:912字 お気に入り:0人
四方堂真矢は目を疑った。自習していた図書館から出ようと思ったその時に、窓の外を見て。それは一言でいうなら常識外れの乱痴気騒ぎだった。その常識外れというのは、常 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モカ@緑色の14 ジャンル:らっかみ!(PBW) お題:プロの錬金術 制限時間:15分 読者:309 人 文字数:1141字 お気に入り:0人
ちーん、という最新型のオーブンレンジにしてはシンプルな音が澪乃家の台所に響いた。その音で、居間でくつろいでいた少女が二人、ぱたぱたと駆け出していく。オーブンレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:らっかみ!(PBW) お題:プロの錬金術 制限時間:15分 読者:258 人 文字数:634字 お気に入り:0人
お菓子と言うのは不思議だ。見た目が同じチョコレートであっても、甘さだとかまろやかさや口に入れてほどける感じはまったく違う。いわば、錬金術のようなものなのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:モカ@緑色の14 ジャンル:らっかみ!(PBW) お題:死にぞこないの狸 制限時間:15分 読者:296 人 文字数:1160字 お気に入り:0人
澪乃澄佳は、学校の帰り道、狸に出会った。そしてぎょっ、とその灰色のくりくりとした目を見開いた。狸が居るのは珍しいことじゃない。九夜山のような自然豊かなこの寝子 〈続きを読む〉