ユーザーアイコン
作者:お茶っ葉 ジャンル:はじめの一歩 お題:漆黒の闇に包まれし魔王 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:702 人 文字数:2455字 お気に入り:0人
「かんぱーい」グラスの当たる音が勢いよく辺りに響く。居酒屋の一角には、騒々しい男の集団。体つきからして、何かしらのスポーツをやっていることは、店員にもすぐにわか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:はじめの一歩 お題:宿命の天井 必須要素:マフィン 制限時間:15分 読者:462 人 文字数:418字 お気に入り:0人
人間は、生きられるようにしか生きられない。そう言う人もいる。この世に産まれ落ちた時から、道は決まっているのだと。 どんなにあがいて、暴走に逃走、敗走に逆走を重 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みゃこん ジャンル:はじめの一歩 お題:俺と弁護士 制限時間:1時間 読者:753 人 文字数:1205字 お気に入り:0人
どうしてこうなった。宮田は目の前が暗くなった気がした。頭を押さえながら考える。木村さんに店の手伝いをしてくれと呼び出された。時期的に花屋の書き入れ時だもんな、と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:はじめの一歩 お題:小説家たちの負傷 制限時間:15分 読者:651 人 文字数:510字 お気に入り:0人
ずいぶんと短いボクサー人生だった気がする。けれどもそれは今振り返って感じるもので、他の選手に比べれば長い方だ。元フェザー級世界王者の幕之内一歩は、真っ白の原稿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:はじめの一歩 お題:夜と豪雨 制限時間:4時間 読者:950 人 文字数:562字 お気に入り:0人
東陽太平洋王者の宮田一郎がいつものようにロードワークに行くと、途中から雨が降ってきてしまった。構わずに走り続けていると、かなり強くなったのでさすがに雨宿りしよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みゃこん ジャンル:はじめの一歩 お題:天国の狂気 制限時間:30分 読者:821 人 文字数:586字 お気に入り:0人
まただ、と思う。ゆらゆらと揺れる感覚。海の上を走る船に乗っているような、不安定で、おぼつかない足元。今は寝ているので、それを背面から全身で感じている。うっすらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ツネムラ ジャンル:はじめの一歩 お題:冷たい狼 制限時間:30分 読者:615 人 文字数:581字 お気に入り:0人
「思ったより小型っていうか痩せ形なんだ」 そう言った宮田の視線の先で、鋭い眼光がこちらを見据えている。 冷えきった光だ。はめ込まれたガラスが反射する、いかにも物 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ツネムラ ジャンル:はじめの一歩 お題:知らぬ間の墓 制限時間:30分 読者:866 人 文字数:643字 お気に入り:0人
想定というものには限度がある。 常日頃から如何に危険予測をしようと回避訓練を行おうと、完全などあり得ない。 そうと分っていて、否、判っているからこそ、想像の及 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:お茶っ葉 ジャンル:はじめの一歩 お題:団地妻の事故 制限時間:30分 読者:964 人 文字数:1887字 お気に入り:0人
宮田のアパートへ向かう途中に団地があることは知っていた。今どきめずらしいなと思いながら、その近くの公園でその団地の子どもたちが遊ぶのを眺めながら、宮田と会う時間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ツネムラ ジャンル:はじめの一歩 お題:うへへ、保険 制限時間:30分 読者:532 人 文字数:554字 お気に入り:0人
その日、青木勝はゴキゲンだった。 生命保険の満期返戻金が手に入ることになっていたからだ。 妙な話ではあるが、現役時代は保険になど加入していなかった。むろん、当 〈続きを読む〉