ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:興奮したハゲ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:751字 お気に入り:0人
こつこつこつ靴を鳴らしながら夜道を歩く薄暗い、小さな道こつこつこつ同じ音が鳴る今のは自分ではない。後ろから聞こえた音。普通の通行人だろうとそのまま進むこつこつこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:秋のピアノ 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:646字 お気に入り:0人
「やぁ、イソップ君」美しい音を奏で微笑む彼は聖母のよう「イ、イライさんて…ピアノ…弾くんですね」「んー、まぁね元々教会の神子だったしそういう教育はされてきたんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:今日の牢屋 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:705字 お気に入り:0人
「イライさん」「おはよう、イソップくん。今日はこの鎖を外してくれるのかな」「さぁ、どうでしょう。貴方が僕の元からいなくならなければ、の話ですが」「手厳しいね。私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:箱猫 ジャンル:第五人格 お題:近い家事 必須要素:パーカー 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:791字 お気に入り:0人
「あのさ、離して欲しいんだけど…」「良いだろう減るものでもない」 ジョゼフは幸運児の腰に腕を回し、フライパンの上でふつふつと泡を立てるホットケーキの素を眺めてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:儚い、と彼は言った 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:689字 お気に入り:0人
蝉がポタリと地面に落ちていた。 熱せられた油がはじける様な音で鳴く彼等は、どこぞの国では夏の風物詩となっているらしい。この五月蝿いだけの害虫に思い入れがあるの 〈続きを読む〉