ユーザーアイコン
謎のダンネロ ※未完
作者:心身ともに充実した夏木(願望) ジャンル:デビルメイクライ お題:間違った潮風 制限時間:15分 読者:194 人 文字数:349字 お気に入り:0人
ネロの行動を見ていたダンテが、一体どこへ行くんだと問うた。もう随分と涼しくなってきた晩夏だ。真夏だとしても海に飛び込んでいくようなタイプでないのに、彼の甥は、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:デビルメイクライ お題:鋭いガールズ 制限時間:2時間 読者:1729 人 文字数:2188字 お気に入り:0人
世の中とは、なんとも世知辛いものだ。特にこの荒れた街は、金が全て。金があるから食べたい物が食べられるし、綺麗な服も着られる。眠る場所すらも金の有無が関わる。この 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Black Snow ジャンル:デビルメイクライ お題:孤独な門 制限時間:15分 読者:403 人 文字数:900字 お気に入り:0人
俺はテメンニグルを登って行った。ひたすら、バージルに会うために。それも昔となってしまったが、懐かしい思い出だ。 あの時出会った悪魔、あの時魔具となった悪魔。ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スズ丸⭕ ジャンル:デビルメイクライ お題:静かな秘部 制限時間:15分 読者:363 人 文字数:385字 お気に入り:0人
初代や若は2代目のことが苦手らしい。2代目はいつも寡黙で何を考えているのか分からない、だから怖い、と二人は口を揃えて言う。いつも何があっても表情を全く変えず、た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スズ丸⭕ ジャンル:デビルメイクライ お題:可愛い夢 制限時間:15分 読者:335 人 文字数:482字 お気に入り:0人
初代が漆黒のソファに寝転がって天井を見つめながらボソッと聞こえるか聞こえないかの大きさの声で呟いた。「もしあの時、俺たちがバージルを殺さなかったら、今はどうなっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
紅白の天国 ※未完
作者:Black Snow ジャンル:デビルメイクライ お題:彼のエデン 必須要素:クレジットカード 制限時間:15分 読者:388 人 文字数:868字 お気に入り:0人
久々にまともに依頼をこなし、報酬を受け取った。最近の依頼は全てレディが回してきた物で、報酬のほとんどを借金返済に吸い込まれていたから、なかなか生活すら大変だった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スズ丸⭕ ジャンル:デビルメイクライ お題:黄色い蕎麦 制限時間:15分 読者:361 人 文字数:427字 お気に入り:0人
ピザばかりではなくたまには変わった物も食べなさい、というトリッシュの一言により俺達は時々少し変な食べ物を食べる羽目になってしまった。今日のディナーは鮮やかな黄色 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
青年 ※未完
作者:スズ丸⭕ ジャンル:デビルメイクライ お題:わたしの好きなむきだし 制限時間:15分 読者:399 人 文字数:295字 お気に入り:0人
こんがりと褐色に焼けた肌、白銀に煌めく髪の毛。そしていつでもきっちりと着込んでいる胸元。そしていつもストイックな服装をしている半人半魔の美青年。彼は今黒いソファ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スズ丸⭕ ジャンル:デビルメイクライ お題:右の税理士 制限時間:15分 読者:537 人 文字数:490字 お気に入り:0人
ダンテが事務所の玄関の扉を開け足を一歩踏み入れた途端、視界いっぱいに銃口が広がった。もちろん彼はこの事は想定済みだったので微塵も驚きはしない。彼は薄く含んだ笑み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:スズ丸⭕ ジャンル:デビルメイクライ お題:やわらかいうどん 制限時間:15分 読者:336 人 文字数:541字 お気に入り:0人
チュルチュル…と控えめに麺をすする音が辺りに響く。初代と2代目は二人で日本への旅行の真っ最中だ。事の発端は初代の「たまには変わったところへ行きたい」という提案か 〈続きを読む〉