ユーザーアイコン
作者:電之隕石 ジャンル:電脳コイル お題:汚いしきたり 制限時間:1時間 読者:727 人 文字数:1996字 お気に入り:0人
「○すならとっとと殺せ」湿った暗い教室の中で、イサコは怒鳴った。イサコの細身の胴体には荒縄が深く巻かれ、両手はその内側に拘束されていた。そして彼女は、教室の椅子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:電之隕石 ジャンル:電脳コイル お題:壊れかけの関係 制限時間:1時間 読者:576 人 文字数:1332字 お気に入り:0人
「ふー、ドジで善良な犬の役割も疲れるぜ」とデンスケが呟いた。彼は普通の肉眼では見えない電脳犬だ。ヤサコやイサコたちが身につけている電脳メガネを介して初めてその存 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:電之隕石 ジャンル:電脳コイル お題:愛すべき慰め 制限時間:30分 読者:577 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
愛すべき慰め誰を慰めるのかイサコは?ナメッチをなぐさめる「あら、滑川くん(ナメッチ)は今日も欠席なの?」マイコ先生は出席を取っているとき、首を傾げた。フミエは「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:電之隕石 ジャンル:電脳コイル お題:オチは復讐 制限時間:30分 読者:552 人 文字数:1413字 お気に入り:0人
「よし、やれ」とイサコが合図した。放課後の教室で恐るべき実験がなされようとしていた。(と、イサコは脳内で自己説明をする)「へい、おやびん」ナメッチは頷くと、一個 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:電之隕石 ジャンル:電脳コイル お題:永遠の稲妻 制限時間:30分 読者:698 人 文字数:1183字 お気に入り:0人
雲行きが怪しくなってきた。「ねえイサコ、もう帰ろうよ」とデンパが撤退を促した。イサコは振り返って、肥満した少年を睨みつけた。「ダメだ。まだ奴を見つけていない」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:電之隕石 ジャンル:電脳コイル お題:黄金のセリフ 必須要素:ポエム 制限時間:30分 読者:631 人 文字数:1304字 お気に入り:0人
イサコは立ち上がって、天を仰いだ。彼女の口から紡がれたのは、静かな一編のポエムだった。「兄さん、私のあのツインテール、どうしたでしょうね? ええ、夏、金沢にいる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:電之隕石 ジャンル:電脳コイル お題:君と夫 制限時間:15分 読者:542 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「イサコ、イサコってぱ」30歳になるデンパが妻の名を呼んだ。しかし、がらんとした部屋の中で、イサコの気配はなかった。「そうか。ボクが嫌いになっちゃったんだね。昔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:電之隕石 ジャンル:電脳コイル お題:出来損ないの大雪 制限時間:30分 読者:566 人 文字数:1481字 お気に入り:0人
「さあ、今日はみんなで雪だるまをつくるわよ!全員、校庭に集合してね」とマイコ先生が言った。真冬だというのにジャージ姿だ。変わっている。やはりそのあたりに独身であ 〈続きを読む〉