ユーザーアイコン
作者:トメコ ジャンル:一撃男 お題:今の弁当 制限時間:1時間 読者:346 人 文字数:2356字 お気に入り:0人
豚肉は薄くてもでかいほうがいい。分厚くて少ないより、薄くて多いほうがサイタマとしては好ましい。焼き鮭は塩が濃いめのほうがいい。健康的で味が薄いより、濃くておかず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせのジョル仗ラーメン減量用しめじ大盛り ジャンル:一撃男 お題:女の電撃 必須要素:ポルシェ 制限時間:1時間 読者:741 人 文字数:1703字 お気に入り:0人
人間には相性というものがあり、不思議なほど気の合う相手もいれば、逆にどうしても反りの合わぬ相手いる。人生においてそういう出会いはどうしても避けられない。金属バッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせのジョル仗ラーメン減量用しめじ大盛り ジャンル:一撃男 お題:商業的な微笑み 制限時間:2時間 読者:446 人 文字数:2778字 お気に入り:0人
ビルとビルの隙間の狭い路地で、ゲ○を吐きながら悶絶する男と、壁に後頭部を打ち付けて白目を剥く男。そしてその二人の間に仁王立ちする男。なぜか全裸だ。こっそりヤニか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:をみだよ ジャンル:一撃男 お題:僕と表情 必須要素:イケメン 制限時間:1時間 読者:701 人 文字数:2297字 お気に入り:0人
ジェノスは自分の顔が嫌いだった。ほとんど生理的嫌悪ともいってもよい。ジェノスの顔はもともと人間だったころの顔をもとに修復して補完したものである。しかしジェノスが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:をみだよ ジャンル:一撃男 お題:かっこ悪い挫折 必須要素:マフィン 制限時間:1時間 読者:630 人 文字数:2453字 お気に入り:0人
身体を機械化して、何度目かの大破。ジェノスは一回一回自分が壊れていくうちに、プライドまで殺されているような気がしてきた。師匠も師匠で、いつものことと割り切って、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ガール(A) ジャンル:一撃男 お題:大好きな彼 制限時間:1時間 読者:766 人 文字数:1439字 お気に入り:0人
その日は冷え込んだ寒い日だった。いつものように全身を黒く着込んだ彼が訪ねてくることは珍しいことではない。ソニックはジェノスのいないときを見計らってはここに来る。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:をみだよ ジャンル:一撃男 お題:マンネリな暴走 必須要素: 制限時間:1時間 読者:764 人 文字数:2041字 お気に入り:1人
サイタマは、はじめてジェノス以外の女と寝た。女って、柔らかいんだなあ、とこんなときもついサイボーグであるジェノスと比べてしまうのだ。女の部屋はピンクの小物で統一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:一撃男 お題:難しい独裁者 制限時間:30分 読者:1214 人 文字数:1260字 お気に入り:1人
何もかもが終わって、でも寝るにはまだ早い夜。俺は特にすることもないから、先生がしてることにならう。つまりそれはテレビを観たり、読書をしたりということである。読書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あお ジャンル:一撃男 お題:難しい独裁者 制限時間:30分 読者:788 人 文字数:1358字 お気に入り:0人
料理の作り方はこの家に来てから覚えた。俺の体を作ってくれた博士の研究所ではご飯を出してくれる雇いの壮年女性がいたし、生身の体を持っていた頃はまだ15歳で、実家暮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:一撃男 お題:あいつと牢屋 制限時間:1時間 読者:2240 人 文字数:1412字 お気に入り:1人
ゾンサイ明け方に電話が来た。協会からの連絡もあるから、呼び出しの音には敏感である。その日も、目を開けるよりはやく、手探りで枕元の携帯を取り上げた。眠っていたこと 〈続きを読む〉