プロフィール画像 kanatter さんが「【十セレ】希望が終わる日」をお気に入り登録しました。
ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:裏切りの春 制限時間:15分 読者:534 人 文字数:907字 お気に入り:1人
【十セレ】ここはいつでも変わらない。日差しの強い夏も、肌寒い秋も、凍えそうな冬も、・・・穏やかな春も。いつだってここには静寂しか存在しない。「・・・どうお考えで 〈続きを読む〉

プロフィール画像 kanatter さんが「【十セレ】暗闇の貴方に最後の願いを」をお気に入り登録しました。
ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:暗黒の成功 制限時間:15分 読者:489 人 文字数:809字 お気に入り:1人
【十セレ】暗い。暗い暗い。ここはどこだ。俺は、いったい。手を伸ばしたはずなのにそれすら見えなくて。俺はなんでもいいから視覚的情報を得ようと周囲を見回す。しかしや 〈続きを読む〉

プロフィール画像 kanatter さんが「【十セレ+苗】願っても幸運は訪れなかった」をお気に入り登録しました。
ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:穏やかな豪雪 制限時間:15分 読者:1098 人 文字数:818字 お気に入り:1人
【十セレ+苗】「これは、いったいどういうことだ?」「これは、どういうことですの?」目の前には見目麗しい美男美女。しかしその目は殺気をはらんでいて、仁王立ちの身体 〈続きを読む〉

プロフィール画像 kanatter さんが「【十セレ】明るいオチ【明るい・・・?】」をお気に入り登録しました。
ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:明るいオチ 必須要素:サッカーボール 制限時間:15分 読者:732 人 文字数:776字 お気に入り:1人
【十セレ】もう何分経ったのだろう。あまり時間の感覚は良くないから予想すらつかないが、長いこと彼と彼の足もとを眺めている気がする。体育の時間。今日はリフティングの 〈続きを読む〉

プロフィール画像 kanatter さんが「【十セレ】うわ…私の年収、ふわふわ」をお気に入り登録しました。
ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:うわ・・・私の年収、ふわふわ 制限時間:15分 読者:541 人 文字数:588字 お気に入り:1人
【十セレ】眺めた通帳に思わず笑みが溢れた。今回の賞金も命を賭けただけあってなかなかのものだった。対戦相手から奪った貴金属を売ればまたいい額になるだろう。夢が一歩 〈続きを読む〉

プロフィール画像 kanatter さんが「【十セレ】光のガールズ【意味不】」をお気に入り登録しました。
ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:光のガールズ 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:600 人 文字数:783字 お気に入り:1人
【十セレ】ここには光と影の両方が存在する。それは性格にも言えることだった。「本当に、両極端な方々ですわね」教室の後ろ。思っていることが伝わったわけではなかろうが 〈続きを読む〉

プロフィール画像 kanatter さんが「【十セレ】とんでもない表情【意味不】」をお気に入り登録しました。
ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:とんでもない表情 制限時間:15分 読者:619 人 文字数:681字 お気に入り:1人
【十セレ】苗木に半ば無理矢理夏祭りに行く約束をとりつけられたのが3日前の話。庶民の夏祭りなど行ったことはなかったので普段のスーツで行く気だったのだが『夏祭りは浴 〈続きを読む〉

プロフィール画像 kanatter さんが「【十セレ】裏切りの冤罪【意味不】」をお気に入り登録しました。
ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:裏切りの冤罪 制限時間:15分 読者:745 人 文字数:726字 お気に入り:1人
【十セレ】「裏切ったのか」響いた声があまりに冷たくて。私は恐怖に満ちた胸中を晒すまいと笑顔の仮面をかぶりなおす。「裏切った?・・・御冗談を」この場に響くのは彼と 〈続きを読む〉

プロフィール画像 kanatter さんが「【十セレ】どこかの兄弟」をお気に入り登録しました。
ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:どこかの兄弟 制限時間:15分 読者:607 人 文字数:734字 お気に入り:1人
【十セレ】「兄弟はいないのか」この御曹司は本当にわけがわからない。普段は他人などまったく気にしない風なのに、ふとした瞬間こうして深い部分を聞き出そうとする。嘘に 〈続きを読む〉