空色遊の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:夏の人間 制限時間:1時間 読者:425 人 文字数:1533字 お気に入り:0人
†† プロデューサーとしてアイドルをプロデュースするようになってから大分経つが、しかし未だに理解できないことがある。「プロデューサーさん、どうですか? カワイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:頭の中の任務 制限時間:2時間 読者:407 人 文字数:2025字 お気に入り:0人
†† 一般道って、はやい。 普段ならば高速道路の方が圧倒的に早いのですが、しかし今は年末年始。高速道路は帰省ラッシュの車達で溢れ返っていて、高速も全く意味を成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:疲れたクリスマス 必須要素:東京 制限時間:1時間 読者:414 人 文字数:1845字 お気に入り:0人
†† 東京都心は雨模様、しとしと時雨が降っています。「まあ、都合よくホワイトクリスマスになったりとか、しませんよねえ……」 そもそも首都圏で雪が降る方が珍しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:空色遊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:知らぬ間の帝王 制限時間:1時間 読者:507 人 文字数:1526字 お気に入り:0人
†† 長い眠りから目を覚ますと、そこは阿鼻叫喚でした。「…………」 いくらボクが賢くて聡明だからといって、寝惚けた頭で状況を把握するのはムツカシイというもので 〈続きを読む〉