過去分詞のすべて


  • 総執筆時間: 2時間15分
  • 総読者数: 133人
  • 平均執筆速度: 時速1631.6文字
  • 最高執筆速度: 時速2328.0文字
制限時間 作品数 合計文字数 平均文字数 完成率
15分 1 582字 582.0字 0.0%
30分 2 2036字 1,018.0字 50.0%
1時間 1 1053字 1,053.0字 0.0%
総合 4 3671字 917.8字 25.0%

プロフィール画像 過去分詞 さんの 総読者数が100に達しました!

プロフィール画像 過去分詞 さんの 総執筆文字数が3000に達しました!

プロフィール画像 過去分詞 さんの 完成作品数が1に達しました!

ユーザーアイコン
作者:過去分詞 ジャンル:千銃士 お題:とてつもないむきだし 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1066字 お気に入り:0人
目を覚まし、ベッドに放られたワイシャツを羽織って冷たい床に足を付く度、ここがどこなのかを再確認する。かつて俺がいたレジスタンスの宿舎とは違う、暗澹としたひどく 〈続きを読む〉

プロフィール画像 過去分詞 さんの 総執筆文字数が2000に達しました!

ユーザーアイコン
作者:過去分詞 ジャンル:千銃士 お題:今日のゲストは本 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:1053字 お気に入り:0人
買い出しの途中、ふと立ち寄った骨董屋で妙なものを見つけた。店先に並ぶ種々雑多なガラクタの傍にぽつりと置かれた紐で束ねられただけの古い紙束。どこかで見たような異 〈続きを読む〉

プロフィール画像 過去分詞 さんの 総執筆文字数が1000に達しました!

プロフィール画像 過去分詞 さんの 総執筆時間が1に達しました!

ユーザーアイコン
作者:過去分詞 ジャンル:千銃士 お題:最後の慰め 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:970字 お気に入り:0人
戦闘の最中、視界の端で被弾したキセルが力なく膝を折る姿を見た。あたりに散らばる黒いプラスチック片とおびただしい量の血痕。痛みとは違う何かに呻く声。僕は近くにい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:過去分詞 ジャンル:千銃士 お題:夏の彼氏 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:582字 お気に入り:0人
古い宿舎は風通しはよくとも設備は悪い。基地付近の異常気象によって引き起こされる暑さにキセルと僕は窓の下の陰を奪い合うように、譲り合うように寄り添う。 手持無沙 〈続きを読む〉