の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ロビジュナ お題:茶色い小説トレーニング 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「ということで、第一回、カルデア主催のスワヤンヴァラ婚の始まり始まり~!」「いよっ待ってました!」おざなりな合いの手を投げるランサーのクー・フーリンの手にはビー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ロビジュナ お題:黄色い信仰 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1569字 お気に入り:0人
※個人的解釈・曲解を多分に含みます。ご注意ください。「アルジュナの頃の結婚って、やっぱり男の人が女の人に求婚するのが多かった?」マスターの言葉に、アルジュナは首 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ロビジュナ お題:マンネリな電撃 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1447字 お気に入り:0人
やっこさん、なかなかに燃えてるねぇ。そんな軽口が聞こえたかと思うと、オレの目の前に突然緑色のマントが広がった。隣にいたマシュも驚きに目を丸くしている。「ロビンフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カルジュナ お題:ひねくれた巨人 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1431字 お気に入り:0人
闇夜の中にあって、焚火の炎は優しく揺らめている。先程まで、オレはアルジュナと戦っていた。あのアルジュナが反転し、オレたちを迎撃してくるとは思っていなかった。けれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カルジュナ お題:絶望的な霧 制限時間:15分 読者:47 人 文字数:1643字 お気に入り:0人
震える瞳の眼前に、今までにも何度か見た緋色が広がる。ただ、それが、あまりにも苛烈に広がったものだから、オレは茫然とマシュの盾に守られたまま膝をつくしかなかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カルジュナ お題:高い扉 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:1868字 お気に入り:0人
「というわけで家出してきました」「お帰りやがってください」「なんでです!?」キャリーケースを引き連れてアパートメントの階段を上ってきたアルジュナを認め、開口一番 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:91 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉