にーなの即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:538字 お気に入り:0人
咲「そういえば、あの日◯のcmに出てるめっちゃ大きい木あるじゃないですか。」和「◯立のcmのあの木ですね。」咲「あの木ってなんの木なのかな?」和「リアルこのー木 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:938字 お気に入り:0人
まだ秋だというのに、厚手の上着を着ないとやってられないくらい北海道の夜は寒かった。とはいっても、数年前まで北海道で生活していたが…数年離れたうちに北海道という 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:冷静と情熱の間にあるのは魚 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:843字 お気に入り:0人
智美「…というわけで」ゆみ「何がというわけでなんだ。何なんだこれは」麻雀部の部室にある机には、おおよそ一般の麻雀部の活動を行っていれば見ることはない景色が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:かっこ悪い大学 必須要素:もみあげ 制限時間:30分 読者:132 人 文字数:654字 お気に入り:0人
私は高校を卒業し大学で麻雀を打つという道を選んだ。私自身、麻雀が強いわけではない。インハイに出て世間を賑わせていた子のように特別な能力があるわけでもないし、かと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな ジャンル:咲-Saki- お題:蓋然性のある人 必須要素:ギャグ 制限時間:30分 読者:164 人 文字数:733字 お気に入り:0人
咲「そんなに困った顔をしてどうしたのですか?」恭子「おぉ!ええところに来たな」咲「ここ私の部屋なんですけどね…」即興二次という30分の縛りのせいでこうなった経緯 〈続きを読む〉