ジャンル:ワールドトリガー お題:苦い鳥 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:399 人 文字数:635字 お気に入り:0人
[削除]

苦い鳥

どうして。
どうして。
どうして。

つきることのない疑問と、それに連なる怨嗟の声。
どうしてこんなことになってしまったのかと。
なぁ。
お前には。

『視えていたんじゃないのか?』

そうとも。
そうだとも。
俺には視えていた。全て。
『あの人』があんな運命を辿ることも。

『あの人』が生き続ける未来があったことも。

「迅」
「……敵は倒したよ」
「……そうか」
「うんーー最上さんが」
「……」
「最上さんが、助けてくれた」
「……そうか」

ねぇ、視えてたんだよ、俺。

お前は悪くないなんて言わないでよ。

誰か俺を責めてくれ。

皆優しいから。

優しすぎて。

「……お前のせいだって、言ってくれない?」
「だめだ、それは言わない。いくら迅の頼みでもな」
「でもさ、俺は」
「視えたからって、迅が責任を感じる必要はないだろう?」
「助けられたかも知れなかったんだ!!」
「……」
「俺なら、助けられたかも、知れなかった。なのに」
「……迅」
「……」
「それ以上何か悪いことを言ったら、渾身の右ストレートをお見舞いしてやる」
「……お前、本気?」
「視えただろう?」
「……うん、まぁ」
「なぁ、迅。お前はもうこれからのことを視るべきだよ」
「……」
「お前の力は、未来の為にある。いつか最上さんを戻せる未来が、あるかもしれない」
「……」
「お前は、その手で何をするんだ?迅」




「……苦いなぁ」

手に遺るのは、重くて黒い、苦い鳥。





同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:疲れた探偵 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:676字 お気に入り:0人
「探偵、ね。なるほど。その手があったか」異界との長い戦いが終わり、ボーダーは防衛機関ではなく、橋渡しの役目を負うようになった。君はどうするのかと唐沢は問い、迅は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:ワールドトリガー お題:愛と死のスキル 必須要素:高校受験 制限時間:15分 読者:281 人 文字数:550字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよ)【とある昼食】唐沢克己は三門市の外に出る用事があったので暇そうにしていた唐沢リコを連れて行った。リコは三門市から余り出ないというか、三門市が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雛月 ジャンル:ワールドトリガー お題:凛とした雑踏 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:276 人 文字数:1033字 お気に入り:0人
知ってるかお前ら、人は追いかけられたら逃げたくなるもんなんだよ。 ところてんみたいな感じなんだと思う。多分、押したら出てしまうのだ、それはもう物理法則みたいな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雛月 ジャンル:ワールドトリガー お題:潔白な信仰 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:252 人 文字数:985字 お気に入り:0人
いつだったか酔って夜道を歩きながら、死ぬときもあんたと一緒がいいって思ってるんですよと言ったことはあるが、それは別に実現したかったわけではなかったし自分が死ぬ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:ワールドトリガー お題:愛すべき結婚 制限時間:15分 読者:264 人 文字数:590字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよ-)【結婚とは】烏丸京介にバイトしないか? と誘われて受けた唐沢リコが行ったのはチャペルが併設された複合施設であった。「お疲れ様。リコリス」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:ワールドトリガー お題:静かな計算 必須要素:自動車保険 制限時間:15分 読者:290 人 文字数:1052字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよ)【大事なのは】唐沢リコは困り果てていた。頼りになるのは義理のおじで、そのおじが何とかしているようだが、どうも、間に合いそうにない。持たされて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:ワールドトリガー お題:かたい花 必須要素:スマホ 制限時間:15分 読者:289 人 文字数:686字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【花の話】唐沢リコは花屋で花を眺めていた。玉狛第二のリビングルームが殺風景だったので花でも生けてみようと想ったのだ。テレビドラマでリビング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:楽観的な学校 制限時間:15分 読者:312 人 文字数:696字 お気に入り:0人
「どうでしょうねぇ」 大きなくくりで関西圏、とはいえ、縁もゆかりもない人間が縁もゆかりもない土地に行くのだ。 不安よりは高揚の方が大きいが、存在しないわけではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雛月 ジャンル:ワールドトリガー お題:限りなく透明に近い春雨 必須要素:キノコ 制限時間:15分 読者:334 人 文字数:1622字 お気に入り:0人
好きで好きでかわいくてたまらないのに、でも同時に泣かせてぐちゃぐちゃにして二度と外に出られなくなるくらいにしたくなるので、北添は自分はもしかしたらヒドイ人間な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:意外な女の子 制限時間:15分 読者:426 人 文字数:958字 お気に入り:0人
くるくると、思わず回ってみる。 くる、くる、くる。 動くたびに布地の多いスカートがふわりと空気をはらんで、ロマンチックに浮いた。アニメみたい、いや、メアリー・ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉