ジャンル:ワールドトリガー お題:苦い鳥 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:315 人 文字数:635字 お気に入り:0人
[削除]

苦い鳥

どうして。
どうして。
どうして。

つきることのない疑問と、それに連なる怨嗟の声。
どうしてこんなことになってしまったのかと。
なぁ。
お前には。

『視えていたんじゃないのか?』

そうとも。
そうだとも。
俺には視えていた。全て。
『あの人』があんな運命を辿ることも。

『あの人』が生き続ける未来があったことも。

「迅」
「……敵は倒したよ」
「……そうか」
「うんーー最上さんが」
「……」
「最上さんが、助けてくれた」
「……そうか」

ねぇ、視えてたんだよ、俺。

お前は悪くないなんて言わないでよ。

誰か俺を責めてくれ。

皆優しいから。

優しすぎて。

「……お前のせいだって、言ってくれない?」
「だめだ、それは言わない。いくら迅の頼みでもな」
「でもさ、俺は」
「視えたからって、迅が責任を感じる必要はないだろう?」
「助けられたかも知れなかったんだ!!」
「……」
「俺なら、助けられたかも、知れなかった。なのに」
「……迅」
「……」
「それ以上何か悪いことを言ったら、渾身の右ストレートをお見舞いしてやる」
「……お前、本気?」
「視えただろう?」
「……うん、まぁ」
「なぁ、迅。お前はもうこれからのことを視るべきだよ」
「……」
「お前の力は、未来の為にある。いつか最上さんを戻せる未来が、あるかもしれない」
「……」
「お前は、その手で何をするんだ?迅」




「……苦いなぁ」

手に遺るのは、重くて黒い、苦い鳥。





同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:疲れた探偵 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:676字 お気に入り:0人
「探偵、ね。なるほど。その手があったか」異界との長い戦いが終わり、ボーダーは防衛機関ではなく、橋渡しの役目を負うようになった。君はどうするのかと唐沢は問い、迅は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:ワールドトリガー お題:愛と死のスキル 必須要素:高校受験 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:550字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよ)【とある昼食】唐沢克己は三門市の外に出る用事があったので暇そうにしていた唐沢リコを連れて行った。リコは三門市から余り出ないというか、三門市が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雛月 ジャンル:ワールドトリガー お題:凛とした雑踏 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:97 人 文字数:1033字 お気に入り:0人
知ってるかお前ら、人は追いかけられたら逃げたくなるもんなんだよ。 ところてんみたいな感じなんだと思う。多分、押したら出てしまうのだ、それはもう物理法則みたいな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雛月 ジャンル:ワールドトリガー お題:潔白な信仰 必須要素:直腸 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:985字 お気に入り:0人
いつだったか酔って夜道を歩きながら、死ぬときもあんたと一緒がいいって思ってるんですよと言ったことはあるが、それは別に実現したかったわけではなかったし自分が死ぬ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:ワールドトリガー お題:愛すべき結婚 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:590字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよ-)【結婚とは】烏丸京介にバイトしないか? と誘われて受けた唐沢リコが行ったのはチャペルが併設された複合施設であった。「お疲れ様。リコリス」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:ワールドトリガー お題:静かな計算 必須要素:自動車保険 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:1052字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよ)【大事なのは】唐沢リコは困り果てていた。頼りになるのは義理のおじで、そのおじが何とかしているようだが、どうも、間に合いそうにない。持たされて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華(もしくは高槻翡翠) ジャンル:ワールドトリガー お題:かたい花 必須要素:スマホ 制限時間:15分 読者:136 人 文字数:686字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【花の話】唐沢リコは花屋で花を眺めていた。玉狛第二のリビングルームが殺風景だったので花でも生けてみようと想ったのだ。テレビドラマでリビング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:楽観的な学校 制限時間:15分 読者:187 人 文字数:696字 お気に入り:0人
「どうでしょうねぇ」 大きなくくりで関西圏、とはいえ、縁もゆかりもない人間が縁もゆかりもない土地に行くのだ。 不安よりは高揚の方が大きいが、存在しないわけではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雛月 ジャンル:ワールドトリガー お題:限りなく透明に近い春雨 必須要素:キノコ 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:1622字 お気に入り:0人
好きで好きでかわいくてたまらないのに、でも同時に泣かせてぐちゃぐちゃにして二度と外に出られなくなるくらいにしたくなるので、北添は自分はもしかしたらヒドイ人間な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:意外な女の子 制限時間:15分 読者:320 人 文字数:958字 お気に入り:0人
くるくると、思わず回ってみる。 くる、くる、くる。 動くたびに布地の多いスカートがふわりと空気をはらんで、ロマンチックに浮いた。アニメみたい、いや、メアリー・ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:冷静と情熱の間にあるのは心 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:696字 お気に入り:0人
僕が覚えていることを、ここに記しておこうと思う。 今年は麻が貴重だから、無駄にするなとペリドットに釘を刺されているけれど。それでも今から記す内容が、きっと無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
氷のこえ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:絵描きの食堂 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「さぼってるんじゃないよ」 手袋をした冷たい指が、こつりと僕の頭を叩く。 本当に冷たいのかどうかはしらない。直に触れたことなんてないもの。触れればたちまち細かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真夏の夜の淫夢 お題:3月のコウモリ 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「オオン、アオオ」「先輩!何してんです!」「遠野ー、俺、コウモリになっちまった」哺乳類レイ○! コウモリになった先輩う○こみたいなステロイドハゲが羽をバサバサさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お題:イギリス式の終身刑 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「イギリスだって?」「ええ」雪ノ下が俺のつぶやきに答える。何がイギリスかというとこの紅茶がイギリス製だと言うことだ。やはりうまいと思う。「でさ、ゆきのん、私の作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:かっこ悪い孤独 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:406字 お気に入り:0人
小さい頃の話だ。 小さい頃は、里を縦横無尽に遊び回っていた。里には子供がたくさんいて、当たり前だが色んなやつがいた。だから、たくさんの子供と、色んな関係があっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:春のあいつ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:360字 お気に入り:0人
ざくざくと、表面が固まった雪を踏み割りながら山道を進む。「お、シンア、見てみろ」 道中で下を指して声を掛ければ、あいつは素直に振り向いた。俺が示したのは溶けか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:同性愛の反逆 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:390字 お気に入り:0人
反逆の狼煙をあげろ。「なぁ、エクボ。俺がお前の事好きだって言ったらどうする」 詐欺師らしく読めない表情で放たれた言葉に顔を顰める。暇つぶしの冗談にしては悪質で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夫婦漫才 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の夫 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:1061字 お気に入り:0人
「浮気かっ!死なすど!」「もー。心配せんでも、アタシにはユウくんだ・け・よ」「小春ぅ!」お決まりのセリフが部室に響く。今日は小春が金ちゃんにたこ焼きを食わせたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:俺と幻想 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:528字 お気に入り:0人
幻が想う、と書いて「幻想」それなら俺がいま抱いている思いは幻想なのかもしれない。と、加州清光は思った。だってそうだろう。「沖田総司に使われたという刀」という逸話 〈続きを読む〉