ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:絶望的な関係 制限時間:15分 読者:454 人 文字数:420字 お気に入り:0人

【本誌ネタバレご注意】望まない邂逅

【本誌ネタバレご注意】

正義に刃向かう悪とは如何様にして正義の心を根底から粉々に出来るか日々企む者の事である。
生前の記憶が思い出せないワケでも、果てに消去され都合よく書き換えられたわけじゃない。忍び寄る黒い影よろしく壮絶な笑みを称え一歩また一歩距離を詰めていく者が徐に口を開いた。
「また会えたね俊典」
懐かしき声色。記憶の果てに遠ざかるには日が浅すぎる聞き馴染んだ口調。
「師が弟子を超えること。それが師である私が一番望んでいたこと」
暗い闇の帳をゆっくり潜り抜けた者は随分と老いたオールマイトの姿を見るなり一層笑みを深くする。
「悪魔の囁きがさ何度も頭の中に響いて気付いたら――、また俊典あんたに会えた」
「師匠…!」

「これぞ師弟感動の再会。生きな計らいに感謝して欲しいものだオールマイト」
不快と苛立ちを誘う巨悪の言葉でさえ、今のオールマイトの耳には届かない。全ての意識と耳、心は全部が全部嘗て死に別れた師匠に向けられていた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ところてん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:輝く火事 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:635字 お気に入り:0人
「……花火?」「そう、花火。季節外れだけど線香花火だけ余っちゃってたから…、2人でしてみない?」「する」高校でできた初めての友人。緑谷出久に花火を誘われたのは昨 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ところてん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:オレだよオレ、父 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:837字 お気に入り:0人
「もしもし、緑谷ですけど…」「もしもし?オレだよ、オレ、父親だけど」「………人違いじゃあないですか?」「あれ、間違った?緑谷出久の父なんだけど、出久の声じゃない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ところてん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:生かされた豪雪 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:741字 お気に入り:0人
「雪を見た事がないんだ」そう言う彼の為に、俺はあの日雪を見せてあげようと思ったんです。この力を人前で使ってはいけないと御館様は仰いましたけれど、俺は緑の瞳を瞬か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炎蔵 ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:素晴らしい船 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:181字 お気に入り:1人
緑谷の行く船路ならば、例え世界の果てまでも付いて行き共に沈んでやろうという勝手な操を、轟は十余年も立て続けていた。しかし緑谷が共に沈むべき相手は他に七十五億人も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ところてん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:素晴らしい船 制限時間:15分 読者:85 人 文字数:727字 お気に入り:0人
A組B組合同の授業が二学期になって増えてきたんだけど、今日は組をシャッフルしてできた組み合わせで戦っていくらしい。更に、その組み合わせは試合中に決まっていく仕組 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ところてん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:騙されたつるつる 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:716字 お気に入り:0人
お昼ご飯の時、毎回轟くんはお蕎麦を頼む。どうしてだろう?恋をしてる相手のことを知りたくなるのは当然のことなので……。毎回カツ丼を食べる僕に聞かれたくはないだろう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:154 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シャークズ河太郎 ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:マイナーな窓 制限時間:15分 読者:171 人 文字数:692字 お気に入り:0人
どうしたの、走り抜いて行く友人に声を掛けられて、我に返る。なんでもないよと笑い、足を出す。 最近、部活の時間に視線を感じるのだ。私の個性は、人よりほんのちょっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
スナイプ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:12月の狙撃手 制限時間:15分 読者:228 人 文字数:373字 お気に入り:0人
まだ雪は降らない。遠い北の地域は豪雪らしいが、この一帯はいまだにちらりとも降らない。例年から見ても遅いという話だ。「つまらんな」ぽつりと呟いた嘴を見下ろす。言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:孤独な火事 制限時間:15分 読者:465 人 文字数:1197字 お気に入り:0人
身のうちに宿る炎はひとつではない、と師匠が言っていたことがある。ひとつは師匠が与えてくれた。灯したのは私ではない。けれどもうひとつの炎は私自身が火を灯すものなの 〈続きを読む〉

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:つらい夫 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:401字 お気に入り:0人
「これが終わったらシドーの部屋を作るって?」青い瞳がランランと輝き何度も頷き、慣れた動きで背中に背負っていた本を取りシドーの顔の前に書き途中と思われる設計図が掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:鋭い感覚 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:550字 お気に入り:0人
一切反らされず注がれる赤い瞳に近付いていた足が止まる。背筋とは言わず周囲に満ちる威圧感は熱を奪いシドー以外の声を音を消した。「教えてくれよなあ… 」シドーが一歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:地獄の四肢切断 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:465字 お気に入り:0人
間取り、豪華さ、ムードに至るまでリクエストに沿った作りにしようと四苦八苦悩み唸る様でさえ心底楽しそうに見える。積み上がった壁に寄り掛かるシドーの顔つきが険しくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:日本理由 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:552字 お気に入り:0人
一心不乱それこそ楽しそうに物作りする姿を見ているだけで胸の奥からあったかな何かが溢れてくる。これがきっと見ていて面白い楽しいという感情なんだろう。実際相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:いわゆる逃亡犯 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:1425字 お気に入り:0人
以前、頭の中にどっかの誰かが勝手に話し掛けていた頃をシドーはふと思い出していた。本格的にからっぽ島開拓に着手し始め毎日楽しそうに物作りをする姿は見ていて飽きない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:孤独な復讐 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:631字 お気に入り:0人
心の奥底から沸き立ち枯れることの無い破壊衝動。何もかも跡形すら残さず壊したい欲望のまま身を委ねた。全てを破壊しつくせよと頭の中で声が響く。振るう腕が何かを破壊す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:猫の殺し 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:519字 お気に入り:0人
どうして設定した通りにならない。どうして思い通りにならない。この世界は私が作ったものなのになんでも思い通りに作り替えられない。勝手に動いて邪魔してどうしてどうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:隠された彼女 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:609字 お気に入り:0人
とくに動物の類が苦手というわけではない。見た目も中身も猫に懐かれれば満更でもなかっただろう。ただ見た目が、見た目の方が裕太にとっては大問題だった。ソファに座った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:素朴な駄作 制限時間:30分 読者:67 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
「にゃあ」それはとても可愛げが無さ過ぎて逆に可愛く思えると見せかけてやはりそうでもない成熟した男の声色だった。キャリバーの口から発せられた猫の鳴き声でよく表現さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:純粋な正義 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:1373字 お気に入り:0人
記憶喪失になってから身に着いた習慣は常々侮れない。六花と内海と一緒に六花の母親が経営している喫茶店にとりとめない話をしながら店内に入った瞬間、裕太は何か違和感を 〈続きを読む〉