ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:馬鹿な口 制限時間:30分 読者:296 人 文字数:1700字 お気に入り:0人

かませなんだよね


鍛刀してすぐに本丸について説明を受けた。
初期刀が加州でなにかわからないことはすべて彼に聞けばわかるようだね。

じゃあ君のスリーサイズも知ってるのかな?と聞くと
だんまりだった。加州にしか教えないって決めたんです。
だってさ。妬けるね、少しは。

そんな日々が幾つもすぎた。

今日も喋ることも少なかった。
「今日の業務はこれで最後ですから、後の雑務は私が行います。
近侍、ありがとうございます。離れに戻りますので何かありましたら
端末に連絡してください。」

彼女はいつも冷たく冷ややかなものだった。
「君は相変わらず冷めているね。今日は短刀たちがオヤツを作ったみたいなんだけど
食べに行かのかい?」

「いえ、遠慮します。どうぞあなた方だけで。」

「つれないねぇ。加州が君の態度をみて毎回落ち込んでいるよ?」

「あくまで仕事仲間ですから、それ以上の関係はないですよね?
加州さんにもくれぐれも必要以上の報酬を求めないように伝えておいてください」


「加州は近侍に選んでくれるだけで喜ぶと思うけどね?」
わかりきったっことを言ったと思ってる。
この本丸の加州は端末を使うのがとても苦手。

政府との連絡に使うパソコンなどの機器などもってのほか。
本丸の中でなぜか一番、そういうものを扱うのに長けていた。
ただそれだけで近侍に選ばれたわけだけど。

ちなみに石切丸はパソコンにウイルスが入ったときに物理的に祓ったことで壊したので
審神者の部屋に入ることも許されていない。

そう考えると加州はまだ、彼女に愛されているのに。
なぜ気づかないのだろうね?

彼女も加州が一番好きなのに素直になれないのがとても残念だ。

ああ、なぜ僕ではないのだろうね?

「にっかり?大丈夫ですか?
先ほどから微動だに動きませんけど、手が止まってますよ。
その資料の整理が終わればいいだけですよね?」

「はは、君は意地悪だね。仕事が終わったらすぐに離れに行ってしまうだろう。
もうすぐ終わるからもう少しだけ待っててくれるかい?」

「にっかり、それがなんだというのですか?
先ほどからその書類に苦戦しているようですけど何か手を煩わすようなことが?」

「手、ねえ?
なあに、すぐに終わる。もう少しだけ。」
といって僕は手元の書類を彼女が不機嫌になる前に終わらなければならないが

僕がこんなに書類に時間をかけているのか。
彼女もわかってるのかと思ってたのに。残念だな。

「主いる?」

「あら、加州。不必要な出入りは禁止しているはずですよ?」

「そんなこと言わないでさ。これ。」
と加州が見せたものは小さなクッキー。

そう、短刀たちと一生懸命に彼女のために作ったクッキー。
小さいチョコが入っているチョコチップクッキーというものらしい。

僕は彼のために離れに行かせないようにここにとどめておいたわけだけど。

彼女は全然気づいていなかったみたいだね。
なにせ驚いているのだから。

ああ、可愛いね。
君はそんな笑顔を見せることがあるのか。
僕も知らない。彼だけにみせた笑顔のようだったな。

ちょっと憎いね。

だから
「君、口にチョコがついてるよ」と
唇に触れてみせるわけさ。

「君が笑うことなんてあるんだね。そのおかげで口がお留守だったようだ。」

にっかりと笑って見せる僕に彼女は

「なに、それ。」とだけ伝えてきた。

「君に言われたくないね。笑顔なんて見せないと思ってたさ。」
チクリと刺さればいいとおもって放った言葉が。

オロオロする加州はクッキーを持ってきただけだからね。
いいんだよ。加州はそれで。それで愛されているんだから。
「どうしたの?にっかりも食べる?」
状況を掴みきれていない加州が僕にクッキーを催促する。

「ありがたくいただこうかな?
ねえ?君。じつに美味しい食べ物だと思わないかい?」

君の精一杯の悪口もなかなか可愛いものだね。
「笑顔が一番だよ、最終的にはね」

「あなたには負けますよ。本当に馬鹿な口。」と
また微笑んでいる主が言ったことが耳に残りそうだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:隠された床 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1042字 お気に入り:0人
この部屋には、秘密がある。ここは歴史修正主義者と戦うために準備された本丸の中、審神者としての執務室である。寝室としても使っている私の私室はまた別のところにあるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九珠/kz ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:遅い空想 制限時間:30分 読者:160 人 文字数:1637字 お気に入り:0人
刀が、折れた。そして身体を失って消えていく彼らの最期に、私の手は届かない。 ゴウゴウと炎は燃え盛り、ああ……私はもうすぐ死ぬんだなって。自分の死に対してはどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:塵@のんびり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:男同士の作家デビュー 制限時間:30分 読者:537 人 文字数:2065字 お気に入り:0人
何が楽しくて、官能小説家がサシで飲まなければいけないのか。 詰まってもうネタが出ない、とごねたら編集が、じゃあ同期の作家さんと食事でもしませんか、と誘ってきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:塵@のんびり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:経験のない天才 制限時間:30分 読者:253 人 文字数:1393字 お気に入り:0人
ごろごろする。ここ最近の胸の辺りだ。 目を閉じて、息を吸って、はいた。 何度もこうしているはずなのに、いつものように落ち着かず、胸の奥底で絡まった糸が、ひたす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:塵@のんびり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:うへへ、おっさん 制限時間:30分 読者:626 人 文字数:1328字 お気に入り:0人
「うへへ、」 よく創作にはあっても、現実には存在しがたいというものがある。 それは人物や能力に限らず、言動もしかり。 私はいま、本当にこんな気持ちの悪い笑い方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:もしかして喜劇 制限時間:30分 読者:251 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
手入れをしても傷が消えない。 抜け落ちた表情をそのままに、鶴丸は重傷の短刀を抱えて言い放った。 白い衣装も白い肌も血と泥で汚した鶴丸だったが、金色の目だけはと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:ダイナミックな牢屋 制限時間:30分 読者:298 人 文字数:1053字 お気に入り:0人
夏はあっという間に過ぎてしまう。それはきっと、四季の夏も、人生の夏も。「うん、夏はあっという間だ」「何を言ってるんだ、あんたは。向こう二月ばかりもずっと、暑いま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
おちない ※未完
作者:いよ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:闇の血痕 制限時間:30分 読者:255 人 文字数:819字 お気に入り:0人
付着して落ちない血がある。洗えども洗えども、いくら石鹸で擦ろうとも左腕にこびり付いた赤黒い模様は姿を消す気配がない。特段痛むわけでも痒いわけでもなかったので、し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:茶色い凡人 制限時間:30分 読者:324 人 文字数:861字 お気に入り:0人
「御手杵ってさー、何か謎の凡人感あるよなー」ぐだぐだと床に転がったまま御手杵を見上げていた海尋が、不意に呟いた。もうすぐ春を迎える今の季節、この時間帯の縁側はも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:見知らぬ血 制限時間:30分 読者:370 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
姥さに現代パロ・「コメダのご飯は美味しいぜー♪」「あんたは、朝からよく食べるな……」何が起きたかよくわからないが、未来に転身して審神者などやっていた記憶はそのま 〈続きを読む〉

なめたけ@創作とかいろいろの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:なめたけ@創作とかいろいろ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:馬鹿な口 制限時間:30分 読者:296 人 文字数:1700字 お気に入り:0人
鍛刀してすぐに本丸について説明を受けた。初期刀が加州でなにかわからないことはすべて彼に聞けばわかるようだね。じゃあ君のスリーサイズも知ってるのかな?と聞くとだん 〈続きを読む〉