ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ドイツ式の秋雨 制限時間:15分 読者:347 人 文字数:368字 お気に入り:0人

かわいいあなたへ(遊矢と沢渡、女性向け)

秋雨ガン無視です クロウとかにすればよかったか

「パパがお土産に買ってきたんだが、俺様が出向いてやってんだ、当然食うよな?」
珍しい来客は開口一番そう言った。横柄なのだか親切なのだかわからない。沢渡はなんの疑問もなく俺に声をかけているようだった。箱の中身はどうやらバウムクーヘンで、上にクリームや何やらが載っている。
「1人じゃ食いきれなかったのか?結構でかいよなこれ」
「こんなもんペロリだよ。けどお前確か甘いもん好きだったから」
「……わざわざ?」
ちょっと驚いて聞き返すと、悪いかよ! とどぎまぎした調子で叫ばれる。
「いや悪くない、というかすごく良い、ありがとな沢渡!」
俺は満面の笑みで礼を言えば沢渡の顔が真っ赤になって、やっぱり面白いなこいつ、と更に口角は上がった。デュエルだけじゃなくて、なんだか、そうだな、……可愛い?

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:474 人 文字数:1057字 お気に入り:0人
「待って、待って……!」 ごう、と耳元を風が過ぎていく。目も開けていられないような強風が顔を打つ。そんな中、翠色のを持つ少女がひとり、先を行く少年の背を追いかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:たった一つのハゲ 制限時間:15分 読者:356 人 文字数:990字 お気に入り:0人
「……」「何をしている」「いやー、これはちょっと可哀想かなと思って」 そう言って沢渡が示したのは一羽のヒナだった。零児は今気づいたとばかりに視線を向けると、まだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:かっこ悪いつるつる 制限時間:15分 読者:563 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「うわっ!?」 どさっ、と重量感のある音と共に、廊下でしりもちをついたのは遊矢である。音に振り向いた赤馬は、その惨状を見て顔をしかめた。「君は何をしているんだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:俺の流刑地 制限時間:15分 読者:483 人 文字数:1306字 お気に入り:0人
「あんたが何を考えてるのかは分からないけど、異次元に行くんでしょ?」「そうだ」「あんたも一緒に行くの?」「ああ」「一緒に戦う?」「そうなる」「そっか」 端末を操 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:遠い世界 制限時間:15分 読者:664 人 文字数:1084字 お気に入り:1人
「行くの?」「そうだね、命令だから」 一瞬、眉間に皺を寄せたユーリは、平静を装って椅子から立ち上がると、デニスの元へ歩いていく。壁に寄り掛かるデニスの前に立って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:闇の育毛 制限時間:15分 読者:502 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「ちょっと訊きにくいことなんだけどいい?」「どうかしたのか?」 社長室で出された紅茶を飲んでいた遊矢が、じっとこちらを見てそう言ったので、何気なく赤馬は返答した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:僕の好きな少数派 制限時間:15分 読者:490 人 文字数:1276字 お気に入り:0人
「私は君のことが好きだが、君は私のことが嫌いだろう?」 はあ?何を言ってるんだこの男。そう赤馬零児に問いかけられた黒咲が真っ先に思ったのはそれだったが、そのまま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:暑い夕日 制限時間:15分 読者:500 人 文字数:1217字 お気に入り:0人
「暑い」「そうだね」 それなら袖をまくるなりすればいいじゃないかと思うんだが、赤馬零児という人間はどこかずれているようで、おもむろに空調を制御するリモコンを手に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:闇の深夜 制限時間:15分 読者:450 人 文字数:1419字 お気に入り:0人
「出かけないか?」「……正気か?」 赤馬零児の誘いに、俺は真顔で返答した。夜に突然社長室に呼び出されたかと思ったら、出かけようなどと。いくら同盟を結んだ身とはい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:恋の病気 制限時間:15分 読者:504 人 文字数:643字 お気に入り:0人
「……あの、僕の顔に何かついてるかな」「別に?」 カードをめくる指は黒い手袋に隠されている。先程からカードを選別し、デッキ構築のためにパラパラとカードを触ってい 〈続きを読む〉

不知火すばるの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ドイツ式の秋雨 制限時間:15分 読者:347 人 文字数:368字 お気に入り:0人
秋雨ガン無視です クロウとかにすればよかったか「パパがお土産に買ってきたんだが、俺様が出向いてやってんだ、当然食うよな?」珍しい来客は開口一番そう言った。横柄な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:スポーツの夏 制限時間:30分 読者:392 人 文字数:1221字 お気に入り:0人
※遊矢がユートとユーゴ統合済み。S次元から帰還してつかの間のバカンス、というイメージ。俺にとっての、というかこのスタンダード次元での一番のスポーツは、言うまでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
誰何すれども ※未完
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王 お題:小説家たちの整形 制限時間:15分 読者:343 人 文字数:614字 お気に入り:0人
クリエイターに愛された者たちがいる。その者達は一般人Yに甘んじるのをけして許されない。唯一無二の強烈な個性を持った者として世界に扱われる。たとえどんなに没個性的 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:真実の笑い声 制限時間:30分 読者:665 人 文字数:1240字 お気に入り:0人
納得した頃にはもう彼は跡形もないほどに侵食されていて、騙されたことに対する怒りなどは特段湧いてくる気配がなかった。そんな些細なこと、興味がなかった。それに赤馬零 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王 お題:楽しい復讐 必須要素:からあげ 制限時間:2時間 読者:689 人 文字数:2783字 お気に入り:0人
その話、本当か。あくまで静かに問う。 翔は顔を歪め、しばし俯いていた。それは俺の問いにどう答えるか逡巡するようであり、なぜ今頃になって言ってしまったのかと後悔 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:女同士の映画館 制限時間:4時間 読者:1343 人 文字数:2643字 お気に入り:0人
※本当は実在の洋画名作とか使ってかっこいいの書きたいんですけどそんな知識も技量もなかった※普が後天的女体化。にょたりあではないですが外見はあれを思い浮かべて頂け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:遠い神話 必須要素:プチ整形 制限時間:2時間 読者:1383 人 文字数:1499字 お気に入り:0人
※ギルが少し老けて病む話 きっかけは、誰かに言われた一言。 曰く、ちょっと老けたんじゃねーか、とか。 その時はなんとか笑い飛ばしたものの、家に帰り鏡と写真を見比 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:真紅の怒りをまといし昼 制限時間:2時間 読者:1076 人 文字数:925字 お気に入り:0人
!うろおぼえ史実ネタ注意! 政治・思想的主張を行う意図はありません。(うねり、の、ような) 執務室に一人きり。それでいて、動けない。 歴史を動かすのは人間であっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:素朴な大雪 必須要素:ビール 制限時間:4時間 読者:1600 人 文字数:1814字 お気に入り:0人
落とされた西日の眩しさに、ギルベルトは目を覚ました。「んあ……うわ、もう夕方かよ……」 ぐっと背筋を伸ばすとパキパキと身体のあちこちが軋んで小気味良い。だが朝 〈続きを読む〉