ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:わたしの好きなサイト 制限時間:15分 読者:406 人 文字数:441字 お気に入り:0人

ドレスを君に

フリルにレース、赤いリボン。
とろけるようなふわりとした服。
ロリータファッションのサイトをアルベールはじっくりと見ていた。
やはり、赤だなと思う。
彼が目にしていたのは赤いドレスだった。
ヴェルヴェットの記事のそれは豪華でヘッドドレスと赤い靴を合わせればきっと姫君に見えるだろう。
それとも黒か、ともアルベールは思う。
修道女衣をベースにした黒い服は喪服のようだがそれでいて華やかで、黒髪に似合うだろう。
あるいは白も似合うな、とも彼は思う。
純白の袖無しのワンピースはレースとフリルにまみれてゴージャスだ、コルセットで締めた腰つきはきっと綺麗だろう。
「何を見ているんだ?」
突然声をかけられ、アルベールはノートパソコンを閉じた。
「エルハルト、赤と黒と白ならばどれが好きだろうか?」
父親にそう言われエルハルトは首をこてんと傾ける。
「……赤、だろうか」
「そうだな 目の色に合っている」
買うのは赤いドレスにしよう。
「なにを見ていたんだ?」
「ああ、私の好きなサイトだよ」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:じゃら ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:君の魔法使い 制限時間:15分 読者:442 人 文字数:601字 お気に入り:0人
腹に力を入れて踏ん張っても、どうしてもよろけてしまう。無理もない、この量だ。大量の紙媒体のファイルを抱えたマリアは、旧舎を出た途端、早くも後悔していた。新舎から 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:じゃら ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:当たり前の彼氏 制限時間:15分 読者:409 人 文字数:794字 お気に入り:0人
夏の太陽を照り返す、旧館へ続く道。手元の書類に気をとられていた男が、はっと辺りを見回す。やけに、周りから声が飛んでくる声が荒々しいことに"やっと"気がついたのだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ren部 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:恥ずかしい喜び 制限時間:15分 読者:383 人 文字数:614字 お気に入り:0人
突如として目前に現れた赤い眼に、マリアの思考はパニックに陥っていた。それだけではない。腕と背中に感じる体温。背後から抱きとめられたかのような格好。……ど、どうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ren部 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:ゆるふわな百合 制限時間:15分 読者:379 人 文字数:611字 お気に入り:0人
「ミス・マリア?」「うわ、あっ!?」背後からぽすり、と両肩に置かれた柔らかな手の感触と、耳元のすぐ側、鈴を転がすような柔らかく淑やかな声。優しく与えられた予期せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ren部 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:愛と欲望の天才 制限時間:4時間 読者:431 人 文字数:3547字 お気に入り:0人
早くより危機感はあった。今の精神状態のままマリアと過ごすべきではないということも理解していた。朝、マリアの姿を見た時、……パラメディックジャケットから見え隠れす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ren部 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:希望の、と彼女は言った 制限時間:30分 読者:572 人 文字数:655字 お気に入り:0人
マリアの手元には、一枚の写真があった。空よりも海よりも、何よりも青く鮮やかな花弁。胸を撃ち抜かれ、眠っているかのようなロザリアをまるで蒼いベッドのようにぐるりと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ren部 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:僕の墓 制限時間:30分 読者:483 人 文字数:1097字 お気に入り:0人
術式が終わった後の休憩時間の合間、そういう暇な時、エルハルトはたまに窓からぼんやりと空を眺めてることがある。眼の筋肉の疲れを解す為だ、とか何とか前に言ってたのを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ren部 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:綺麗な月 制限時間:30分 読者:396 人 文字数:629字 お気に入り:0人
真夜中だというのに、月影に揺れる黒髪のその美しさには、目が醒めるような心地がした。下半身にまで届く彼女の髪は、普段高い位置で結い上げられているが、今は解かれてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:じゃら ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:不思議な魔物 制限時間:1時間 読者:466 人 文字数:1151字 お気に入り:0人
「はあぁ~っ……なぁなぁ見ろよ、あの空」マリアが、あくび交じりの声で廊下の窓の外を指す。朝から予定されていたオペも無事終わり、独房へと戻る道すがら彼は、突然の事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ren部 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:たった一つのプレゼント 制限時間:30分 読者:436 人 文字数:1186字 お気に入り:0人
「あー、そういえばお前、明日帰るんだってな」鉄格子の扉が閉まる重たげな音の後、幾分耳に馴染んだ女性の声が鼓膜を叩いた。その言葉に顔を上げれば、俺を此処まで送り届 〈続きを読む〉

青沢月子の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:青沢月子 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:わたしの好きなサイト 制限時間:15分 読者:406 人 文字数:441字 お気に入り:0人
フリルにレース、赤いリボン。とろけるようなふわりとした服。ロリータファッションのサイトをアルベールはじっくりと見ていた。やはり、赤だなと思う。彼が目にしていたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青沢月子 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:わたしの好きな罪人 制限時間:15分 読者:356 人 文字数:581字 お気に入り:0人
エルハルト・ミュラーって知ってる?ほら、何年か前にカンバーランド大学で事件を起こした。ピンときた?そう、カンバーランド大学事件。よく覚えてるねって、私あの大学に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青沢月子 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:あいつと独裁者 制限時間:2時間 読者:371 人 文字数:450字 お気に入り:0人
あの親子は狂っているのか?雨の中のことだった。俺は窓の外をふと見た、リザルガムの中庭を。そこに。見慣れた親子が居た。エルハルト・ミュラーとアルベール・サルトル。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青沢月子 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:記録にない霧 制限時間:15分 読者:377 人 文字数:348字 お気に入り:0人
頭の中がぼんやりとする。何なんだ、この感覚は……俺の頭の中の記録にはこんな霧は存在しない。……これは。朝靄に似ている。いや、違う。スッキリしない。もっと、酩酊し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青沢月子 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:楽しかったガールズ 必須要素:パスタ 制限時間:4時間 読者:290 人 文字数:663字 お気に入り:0人
シャンパンのグラスの中の泡のように、弾ける笑い声が響く。土曜日の夜。フレンチレストランで彼女たちは少女に戻ったかのように、笑っていた。 バジルソースやトマトソー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青沢月子 ジャンル:HOSPITAL.6人の医師 お題:官能的な小説合宿 必須要素:義眼 制限時間:30分 読者:318 人 文字数:710字 お気に入り:0人
「私は彼の偽物の左目を取り上げて、それをキャンディーのように舐めました。そこに味は無く、強いて言えば塩の味がしたでしょうか………」 本を読み進める。義眼を舐める 〈続きを読む〉