ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:昔の決別 必須要素:ガラパゴス諸島 制限時間:30分 読者:271 人 文字数:523字 お気に入り:0人
[削除]

諸島調べからとか‥‥(チョロおそ) ※未完





とある日の昼下がり。
おそ松は居間のテレビの前でごろりと横になる。チョロ松の求人誌をめくる音を聞きながら、自分はリモコンをとりテレビの電源を着けた。

『現在私は、ガラパゴス諸島に来ています!』

若い女性アナウンサーはキレイな海と白い砂、浜島の岩山をバックに島の紹介をしていた。
画面には日本にいてはお目にかかれないような珍しい動物たちが次々と移る。

「チョロちゃん、熱海じゃなくてここいこっか」

おそ松の言葉は華麗に無視される。おそ松は気にすることなく画面の向こうの世界に夢中だ。

「行きたいなぁ‥‥‥‥二人で」

求人誌のめくる音が止んだ。しかし、それはすぐに復活する。パラリパラリと紙がしなる音とテレビからの女性アナウンサーの声だけがしばらく居間を支配した。

「お前と二人でなんて絶対いやだ」
「ええーなんでよぉー」
「日頃の態度を振り替えれよ」
「あー。カリスマレジェンドすぎるお兄様と二人だと緊張しちゃう的な?」
「お前は次男か」

おそ松の後頭部に求人誌がヒットする。痛いっという悲鳴をあげ頭をさする。

絶対に行くものか。チョロ松は心中でもう一度つ呟く。
あの頃のようにただの相棒に戻る気はない。今はまだ


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:光の動揺 制限時間:30分 読者:106 人 文字数:2884字 お気に入り:0人
【おそカラ】-------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Diva ※未完
作者:いろはな2450 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:とてつもない女 制限時間:30分 読者:97 人 文字数:1085字 お気に入り:0人
毎年恒例、イタリア全土のマフィアの幹部が顔を合わせるパーティーには、それぞれ最も上物の女を連れてくるのが仕来りだ。ある者は国一番の美女を、ある者は極東から連れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:東京の恋愛 制限時間:30分 読者:245 人 文字数:2914字 お気に入り:0人
【レスバス】-------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:栄光の仕事 制限時間:30分 読者:151 人 文字数:2584字 お気に入り:0人
ショタドン(15くらい)×マフィくん(30くらい)------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:勇敢な動揺 制限時間:30分 読者:228 人 文字数:2851字 お気に入り:0人
(おそカラ)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー いつかわかるだろうと先延ばしにしていることが、積もり積もって、いつの間にかわからないことだら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:青い夕方 必須要素:マクガフィン 制限時間:30分 読者:197 人 文字数:2959字 お気に入り:0人
(一カラ) 思春期の恋愛がもしかすれば気の迷いであったかもしれぬというのを、わかるのは結局、大人になってからのことである。一松は成人し、かつて思春期に芽生えた恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅禅@美術部員になりました ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:贖罪の銀行 制限時間:30分 読者:307 人 文字数:851字 お気に入り:0人
「どうしてカラ松は、こんな俺にも優しくしてくれるの」何時も通りの何分かの祈祷の後、隣にいたシスター――一松に尋ねられた。彼は少し前、この教会で働き始めたシスター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅禅@美術部員になりました ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:どす黒い闇 制限時間:30分 読者:234 人 文字数:519字 お気に入り:0人
初めは純粋に、あいつのことが好きだった。あいつが好きだと感じるたびに、それだけで幸せだった。だけど、日に日に想いが募って、独りで抱え込むのが苦しくなった。眩しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mirai@創作とか妄想垢 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:名付けるならばそれは博物館 制限時間:30分 読者:250 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
※チョロおそハロワに行って、面接失敗して、求人雑誌を眺めながらため息をつくもう何回目だろうか。家路を辿る足は重い。玄関の戸を開けただいまと呟く。靴は兄のものであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:理想的な冥界 制限時間:30分 読者:317 人 文字数:2730字 お気に入り:0人
【ジェイカラ】------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:遅いガール 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:775字 お気に入り:0人
俺の主は、何をやるにも遅い。「ねー主ー、まだなのー?」「ん、んー、も、もうちょっと…メイクが終わらなくって」「もう、ファンでだけでどれだけかかってるのさ!ほら、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:NEW GAME! お題:馬鹿な人間 必須要素:京都 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1005字 お気に入り:0人
いつもと変わらない通勤時ガタンゴトンっと電車が揺れて甲高いブレーキ音を出して止まり、バシャアと扉が開く。そこの空いた入り口にドッと客が入る。その入ってくる人を凝 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
妖狐×僕SS ※未完
作者:匿名さん ジャンル:妖狐×僕SS お題:ナウい音 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:542字 お気に入り:0人
うるさいほど騒がしいラウンジも今日だけは違う。平日いつもより早く帰った凜々蝶は学友と共に宿題と向かい合う。「ちよちゃん、お腹空いた。」「今サンドイッチ食べろ!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:艦隊これくしょん~艦これ~ お題:誰かは道のり 必須要素:残尿感 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:283字 お気に入り:0人
不安で心細くて、どこを歩いているのかもわからなくなったとき、顔を上げるといつでも君の背中が目に映る。 君は僕のしるべだ。「……時雨ー、聞こえてないっぽいー?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:昼間の演技 必須要素:ところてん 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:763字 お気に入り:0人
※見方によっては腐向けっぽいです※マフィア松…らしきもの「あーぁ、死んじゃったよ」 そう云い、目の前のdead bodyを踏みつけるmy brother。実にc 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:急な窓 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1290字 お気に入り:0人
レオナルド・ウォッチは衝撃とがれきの煙の中で目覚めた。「おはようございます」彼は常識的な礼儀正しい人間だったので、自宅の壁であったところをぶち破り、窓を作成した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:魔法少女育成計画 お題:最弱の夕日 必須要素:暗黒の瞳 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1524字 お気に入り:0人
コートを一度撫で、ベルトの色を差し替えた。魔法で作る衣装は、美々の気分に合わせて細部を変更することができる。些細な変化ではあったが多少気が紛れた。しかし――服 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方プロジェクト お題:恥ずかしい視力 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:930字 お気に入り:0人
えーりん次の方ーえーりんはよぶえーりんは幻想鏡一の医者だ今日は視力検査の日で俺はえーりんに呼ばれたので診察室に入る頑張らないとなぜなら前の患者が視力9,9だから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:潔白な夜 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:907字 お気に入り:0人
*****「この前のロケの合間に、俺が撮った写真が出来上がったって、スタッフさんが届けてくれたんだけど。みる??」Procellarumのリビングに、最後に仕事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:昨日食べた話 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:2193字 お気に入り:0人
よるる誕生日おめでとう!!~の、夫婦の日(二人)に祝福あれ!健やかに穏やかな一年でありますように、祈りを込めて(合掌。***七夕の日には、照明を落として独り部屋 〈続きを読む〉