ジャンル:コードギアス お題:寒い転職 制限時間:15分 読者:913 人 文字数:1507字 お気に入り:0人

いつだって一緒にいたい

(現代パラレル、芸能人ルルーシュ女子高生ライ)

「転職をしようと思う」
「?」
夕食の席で唐突にいわれた言葉に反応しきれずライはつい首をかしげた。
一方のルルーシュは至極真剣な表情で、本日のメインの肉じゃがの器をテーブルに戻すとじっとライをみた。
「転職をしようと思う」
「……お給料、下がるんじゃない?」
あまりにも唐突過ぎるルルーシュの言葉に、思わず口をついてでたのはちょっとずれた反応だったのは許してほしい。
なにしろ、ルルーシュは今をときめく人気アイドルだ。その対象世代は幅広く、下は幼稚園児から上はご老人まで、本当にすべての世代に受け入れられる珍しい超売れっ子なのだ。
そんなルルーシュのマネージャーであるスザクの従姉妹で、そのつながりで知り合い今では恋人同士にまでなったライはごく普通の女子高生である。ことあるごとにスカウトされてはいるが、今のところすべて断っているので、超のつく美形で、ルルーシュの隣に並んでも霞まない貴重な数少ない人間ではあるが、一応は一般人である。
ちなみに二人には五歳の年齢差があるので、現在高校三年生のライと23歳のルルーシュのお付き合いはゴシップ対策もあり伏せられている。
とまぁ、そんなもろもろはさておいて。
ルルーシュの突然の発言がやっぱりふにおちないライだった。
「どうかしたの?いやなことでもあった?」
その程度、というかどの程度かは知らないが並大抵の逆境には屈しない性格であることは知っているけれど。
それでも、そんな言葉が口をついてでるくらいには、ルルーシュが今の仕事、アイドルを辞める理由がわからなかった。
心底不思議そうなライに対して若干不機嫌なルルーシュはぶすっとした面持ちでぼそりとつぶやいた。
「お前と一緒にいる時間が少ない」
そう、ルルーシュの不満はこれに尽きる。
ライと共にいる時間が取れないのだ。
これが両思いになる前なら問題なかった。いや、片思いのときも相当やきもきさせられたので、問題ではあるが、ライを意識していないときは別によかった。
ただ、恋人同士になって心底ライにほれてしまったルルーシュは、不定期なこの仕事がいやになってきたのだ。撮影は深夜に及ぶこともある、朝日の昇らぬ早朝から借り出されることもある、ロケで外泊することも多い。
そうなれば当然、ライとすごす時間は短くなる。それが、我慢ならなかった。
どうにかしようと思うなら、もう転職するしかないじゃないか、それがルルーシュの出した答えだったのだ。
それを聞きながら、ふむふむとうなずきつつ味噌汁をすすったライは、でも、と口を出した。
「ルルーシュ、子供のころからテレビでてるから、本気で世界規模で、知らない人、いないよ?」
「……」
「会社勤めとか、まず無理だろうし。そんなことしようものなら、ミーハーな追っかけとかすごいだろうし。そもそもこの就職氷河期にどこにやとってもらうつもり?いや、伝手はあるだろうけど」
「……家でできる仕事をする」
「ルルーシュ、外に出るの好きじゃない。家にこもりっきりは、無理じゃない?」
「無理じゃない」
「いや、そのうち我慢できなくなる。だって、ルルーシュ、何気にナルシストだから自分がきれいに写ってるのとかみるの好きじゃない」
「?!そんなことは!!」
「僕も、そういったルルーシュ見るの好きなんだけどな。僕の前ではしてくれない表情とか、しぐさとか」
だから、やめないでくれたらうれしいな。僕ももっと時間が作れるようにがんばるから。
にっこりと笑ってのライの言葉に、反論するだけのものはなくて。
ルルーシュは顔を赤くしながら、一つうなずいた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:コードギアス お題:商業的な悪魔 制限時間:30分 読者:135 人 文字数:1641字 お気に入り:0人
悪魔はその美しい姿で人々を魅了し、そして堕落へと誘い込む。時には人だけでなく、天使さえも騙して引き摺り落とすのだとか。「それで、悪魔か……」「お前にはよく似合っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:コードギアス お題:記憶の感覚 制限時間:30分 読者:97 人 文字数:1147字 お気に入り:0人
「人って、声の記憶を最初になくすらしいよ。逆に、香り……嗅覚の記憶は最後まで残るんだって。でもさ、悪逆皇帝の映像ってメディアでも何度も伝えられていて。映像でも音 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ジェレルル ※未完
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:コードギアス お題:危ない逃亡犯 制限時間:30分 読者:92 人 文字数:1387字 お気に入り:0人
「子供……?」 かつての主君はもうこの世にはいないが、主君の与えてくれた明日を生きるために、主君の言葉に従いオレンジを作り続けて早幾年。主を想い丁寧に育てている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:コードギアス お題:そ、それは・・・巨人 制限時間:30分 読者:92 人 文字数:1329字 お気に入り:0人
「そ、それは……とても大きな、大きなー…………なんて読むんだこれ」「巨人、だろ」「ああ、そうそう。確かそうだった。って、ルルーシュはブリタニア人だろ? なんで読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:コードギアス お題:急なサーカス 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:1105字 お気に入り:0人
「サーカス?」「そう、移動サーカス団がこの町にも来るみたいなのよ。そのチケットを頂いたんだけど……丁度仕事が入ってしまって。良かったら、スザク君が貰ってくれない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@5/3東2タ46b ジャンル:コードギアス お題:謎の魔王 制限時間:30分 読者:88 人 文字数:1186字 お気に入り:0人
魔神と呼ばれるような力を持ち、魔性を秘めた王たる彼はきっと魔王と呼ぶのが相応しいのだろう。「ルルーシュはね、そうだな……魔王って感じ」「なんだそれは。ファンタジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:四季乃 ジャンル:コードギアス お題:2つの祝福 制限時間:1時間 読者:818 人 文字数:2216字 お気に入り:0人
俺は誓った。もう、ナナリーを悲しませないと。あの日、確かに誓ったんだ。ルルーシュ・ランペルージ。今はこれが俺の名だ。アッシュフォードに匿われ、今まで隠れて生きて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆーん ジャンル:コードギアス お題:馬鹿な、と彼女は言った 制限時間:30分 読者:1612 人 文字数:1825字 お気に入り:0人
「好きな人ができたんだ!」 教室に入るなりかました告白に、さすがのルルーシュも目を瞬かせていた。パチパチ、と瞬きをする様子はとても珍しくて、スザクは一瞬写メをと 〈続きを読む〉

リア@ルルライ尊いの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:刀剣乱舞 お題:僕と信仰 制限時間:30分 読者:602 人 文字数:1872字 お気に入り:0人
「この間ねぇ、変なこと聞かれちゃったよ」「変なこと?」 執務の合間の休憩の時間にお茶に手を伸ばしながら審神者の青年は本日の近衛、燭台切光忠にそう話しかけた。 ず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:刀剣乱舞 お題:3月の脱毛 制限時間:30分 読者:530 人 文字数:940字 お気に入り:0人
「お手入れって大変だよねぇ」「でも主様の時代は便利だよー!」「ほんとほんと、昔とは比べ物になんないったら!」 乱と次郎太刀とのほほんと話すのはこの本丸の審神者た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:刀剣乱舞 お題:同性愛のアパート 制限時間:30分 読者:806 人 文字数:1152字 お気に入り:0人
「ねぇねぇ、太郎と次郎さー、現代暮らしだったらさ、このアパート入る気ない?」 審神者の青年が指差しているのは、雑誌に紹介されているアパートの一つだ。 そもそもが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:刀剣乱舞 お題:名前も知らないボーイズ 制限時間:30分 読者:469 人 文字数:893字 お気に入り:0人
本丸に篭りっきりだと、まったくもって現世の流行についていけなくなる。 それを痛感したのは、暇つぶしのために現世から取り寄せた雑誌を捲っていたときだった。「ある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:刀剣乱舞 お題:記録にない「うりゃぁ!」 制限時間:30分 読者:493 人 文字数:2318字 お気に入り:0人
本丸に録画機器を導入したのは審神者たる青年の嗜好からだった。 幼い頃からことあるごとにデジカメなどで録画をとられる家で育った青年にとって、新しく家となる本丸で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:刀剣乱舞 お題:高い子犬 制限時間:30分 読者:450 人 文字数:976字 お気に入り:0人
「あるじ……」 たまには体を動かさないとということで、今日の内番の畑仕事組みに混じって桑を振るっていたら、すそをくいっと引かれた。 視線を下げれば、特徴的な青い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:刀剣乱舞 お題:気持ちいい酒 制限時間:30分 読者:522 人 文字数:2069字 お気に入り:0人
「主ー、酒のまなぁい?」「お、いいねぇ。月見酒としゃれこもうぜ!」 ひょっこりと執務室に顔を出した次郎太刀の誘いにいそいそと腰を上げたのはこの本丸の主である審神 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:刀剣乱舞 お題:日本式のババァ 制限時間:30分 読者:469 人 文字数:1254字 お気に入り:0人
「世界で一番怖いものを知っているか?」 悪戯気な声で問われて、鶴丸ははてと首をかしげた。 怖い、という感情がそもそも鶴丸にはわからない。刀剣男士たる鶴丸たちは戦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:刀剣乱舞 お題:悲観的な牢屋 制限時間:30分 読者:723 人 文字数:2395字 お気に入り:0人
「……なんでこんなことになったかなぁ……」 部屋の袴を開けば、そこには鉄格子。窓にだって鉄格子がはまってて、私はこの部屋からでられない。 物理的に監禁されている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:リア@ルルライ尊い ジャンル:刀剣乱舞 お題:僕の好きな性格 制限時間:30分 読者:431 人 文字数:1393字 お気に入り:0人
「燭台切は、どんな人が好み?」「え?」 唐突な主の問いかけに、おもわずきょとんとした声をだしてしまった。 今日の近衛は僕で、文机で仕事をしていた主の傍で補佐をし 〈続きを読む〉