ジャンル:東方Project お題:せつない猫 制限時間:30分 読者:453 人 文字数:1972字 お気に入り:0人

瞬間

 恨みがましい気分を抱いたのは確かだった。だが、それよりも寂しいと思う気分の方が強かった。
 雨は強かった。雨自体は、さほど気にならない。全く気にならないわけではない。それは、屋敷の中で暮らした猫だからだろう。
 ああ、足が折れてしまったのだなと思った。それ自体は、仕方の無いことだと思った。猫なんてものは、そんなものだ。当てもなくふらついて、どこかであっけなく死んでしまう。皆、そうやって死んできた。気が付けば集会に来なくなっていた。来なくなれば、すぐに忘れてしまう。
 俯瞰的な気分で己を見られたのは、彼が飼い猫だったからだろうか、主が、よほど賢かったからだろうか。
 ある日から、酷く体調が悪かった。なぜなのかはわからない。病について理解できる程には、猫は賢くない。いつものように出かけ、帰れる気がしなかった。しばらくの間、寝込むしか出来なかった――随分と鼠を多く見ていた。鼠を食うことで、些かは体力も取り戻せたのだろうか。
 それでも、我が家に帰るのは一苦労などという言葉で表せる物では無かった。そして、我が家に帰り。
――知りませんよ、こんな猫は。
 主に投げかけられた言葉を思い出した。その口ぶりは激昂とはほど遠かった。阿求が激昂する姿など、誰一人見たことは無いだろう。阿求自身ですら。さりとて、静かな口調だからこそ、主が怒っているとはわかった。なぜなら、彼女が怒りを感じるときは、いつも静かだからだ。言葉は端的になるからだ。
 拒絶と共に、彼は屋敷を後にした。里を出て、当てもなく彷徨い、気が付けば足が折れていた。
――嫌だな
 思った。何に対してなのか、咄嗟にはわからなかった。死んでしまうことかもしれない。それは嫌だった。だけれど、最後の言葉に交わした言葉はそれ以上に嫌だった。
 体中から力が抜けていく気がした。足が折れたからだろうか。周囲には誰もいなかった。見えなかったし、音も聞こえなかった。いや、いたのかもしれない。いずれにしても、彼にはもう何もわからなかった。視界は消え、音はもう聞こえない。心臓の音も聞こえなくなった。耳のせいではない、心臓が、鼓動を止めたのだ。
 鳥や獣がやってきた。彼の肉は、一瞬で消え失せた。



「さとり様。随分とものを言いたそうな怨霊がいまして」
 お燐はその亡霊の首根っこを掴まえていた。紫色の燐光を放つ球に首があるかはさておき――彼女は、そのように認識していた。
「訴えたいことが溜まっているから怨霊になるのでしょう? 怨霊はみな、そのようなものですよ」
「そりゃあそうなんですがね。でも、こいつは猫の怨霊ですよ。同類哀れむ。ちょいと、話を聞いてくれませんかね」
「怨霊の話を聞いても、大抵は気分が優れなくなるものよ」
さとりは溜め息を付いた。
「……もっとも、何かを意識する必要もないのだけれど、あの子には、可愛そうなことをしたわね」
「あの子?」
「稗田のお嬢さんよ。飼っていた黒猫が家出をしたって話で……こちらにまで探して欲しいってきていたけれど、この怨霊が彼女の飼い猫よ」
「ふへえ。ああ……そいつは厳しい話ですねえ。ま、私たちには日常ですが、あのお嬢さんには、もう無理でしょう? ずいぶんと前から猫を飼っていたはずだ。お前さんも寿命ってところかもしれない……だけど、あの子もおいおい寿命だ。子猫の一生を見守るなんて出来ないだろうなあ」
 怨霊は怒りを覚えた。さりとて、何も出来やしない。元より、口すらないのだ。
「せっかくだ。遺言くらいは伝えてあげるよ。なんで家出なんてしたんだい?」
「お燐、違いますよ。この怨霊が家を出たわけではありません。稗田のお嬢さんが追い出したのです」
 心を見れば、それでも怨霊の考えは伝わるが。
「追い出した? それはまたどうして」
「先日、随分と里に鼠が出たでしょう?」
「ああ、あの時は狩りが楽しかったなあ」
「この怨霊はどうも体を壊していたようね。それで家にも戻れず……それを稗田のお嬢さんが鼠に怯えて逃げ出した、こんな薄情者はいらないと感情的になったようで」
「ふうむ」
「……あとで使いの者をやらせて、報告はしておきます。怨霊は、あなたが処分するように」


 数日の時が経ち、お燐は里に向かった。
「最後に一目ってのは未練が募ってあんまりよくないんだが……私も甘いねえ」
 怨霊に目など無い。それでも、何故だかわかった。そこが、稗田家の前であると。
「あら、さとりさまだ」
 さとりがいた。阿求が書けてくる音が感じられた。
 そして、阿求は泣いていた。泣き崩れていた。
 ああ、未練が募る。だけど、救われた気になった。だから、彼は思った。
 ありがとう。と。
 さとりの口が同じ形に動いていた。
 瞬間、怨霊の姿は現世から消えた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ばかのひ ジャンル:東方Project お題:汚い味 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:2285字 お気に入り:0人
さて、今日は第一回チキチキ紅魔館料理選手権大会の日です。 誰もが優勝特典の「レミリアお嬢様から受ける最高級セレブ肩たたき」の権利を受けるために必死に料理を研究 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こだい ジャンル:東方Project お題:遅い外側 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1727字 お気に入り:0人
多々良小傘の末端は鈍い。よく、手足をぶつけ、お茶をこぼす。相関の有無は不明だが、頭もぶつける。 どうしてこうも鈍いのか。疑問に思うことはあれど、深く考えたこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こだい ジャンル:東方Project お題:8月の運命 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1367字 お気に入り:0人
視界の端に蝉が映る。ただの蝉じゃない。死んだ蝉だ。 わちきはこいつがどうも嫌いで、とても気になった。見つけるが早いか、注視する。歩み寄る。 試してみたいことが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
家路 ※未完
作者:こだい ジャンル:東方Project お題:せつない衝撃 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:862字 お気に入り:0人
木っ端妖怪には、なにもない。精々、代わり映えのない交友が、日々を滑らすのみである。 赤蛮奇は笑顔で歩く。穏やかな笑顔、落ち着いた歩調だ。柳のなかを歩けば、じき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こだい ジャンル:東方Project お題:許されざる想い 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:1051字 お気に入り:0人
村紗水蜜は眠れない。丑三つ。眠る姿勢がみつからない。 眠るのを諦めてしまえたなら、どれほど楽になることだろうか。戒律が在った。酒も在った。 広い、畳張りの空間 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ITetsuYK ジャンル:東方Project お題:希望の正義 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1002字 お気に入り:0人
「失礼するわよ。」そう言って、私は落ち着くような部屋に入る。「あら、こんにちは。今日は何の用?」向こうには紅白の巫女さんが私を歓迎する。「大したようはないわよ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あどそ ジャンル:東方Project お題:昨日の内側 制限時間:30分 読者:151 人 文字数:2249字 お気に入り:0人
昨日内側外側なんの内と外なんだ?三途の川・・・とか?境界があるもの。内訳。外側の人から見て。なんの?昨日の話になってくる。伝聞?語り口調か?「昨日は”内側”はど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:恋の外側 制限時間:30分 読者:209 人 文字数:686字 お気に入り:0人
「ねぇ?」「何かしら」そんな会話から、この物語は始まった 「好きな人いる?」そんなリミアの質問に「ぶーーーーーー」霊夢はお茶を吐き出す「なななによ急に」「そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:昔の職業 制限時間:30分 読者:279 人 文字数:924字 お気に入り:0人
「アリスはさ」 昼下がりだった。森の重い緑を抜けて窓に差し込む柔らかい光。それを浴びて光る金髪。紅茶のカップを半ば傾けたまま、ぼんやりした視線が目の前のテーブ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:疲れた事故 制限時間:30分 読者:244 人 文字数:643字 お気に入り:0人
「愛しているわ」 「私もだぜ、アリス」全く笑ってしまうほど、それは道化のような定型文だった。ベッドに残るのは行為の後のけだるさではなく点々とシーツを汚す血痕だ 〈続きを読む〉

かぼちゃの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:清い修道女 制限時間:1時間 読者:268 人 文字数:2559字 お気に入り:0人
二度と見ることの出来ない景色。 そもそも、早苗自身が己の目で見た景色ではない。もう、どこで見たのかも覚えていない。何かの本だろうか? それともテレビだろうか? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:あいつと快楽 制限時間:1時間 読者:282 人 文字数:2905字 お気に入り:1人
もしも私の人生が一度きりだとすれば、きっと手首を切る以上の快楽なんてないだろう。 あいにく、その快感を感じた後にそいつは死んでしまうのだから、自殺の快楽を語り 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:潔白な彼氏 制限時間:1時間 読者:183 人 文字数:2847字 お気に入り:0人
月の放つ光は柔らかくて暖かくて、その下には天の川が流れています。ええ、もちろん川です。地面の上と大地の間をさらさらと川が流れています。水素よりも透き通った水が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:計算ずくめの天才 制限時間:30分 読者:257 人 文字数:1287字 お気に入り:0人
夏の匂いというべきなのだろうか、それとも、東京の匂いなのだろうか? それか、私にしか感じられない匂いなのだろうか?さあ? 少なくとも、京都に住むみんなにはわかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:狡猾な警察官 制限時間:30分 読者:408 人 文字数:1574字 お気に入り:0人
響子は激怒した。イルでドープなリリシストを目指していたのだ。ギャングスターでFxxk Tha Policeの精神だったのだ。「いや……仕事もないし犯罪もないし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:せつない猫 制限時間:30分 読者:453 人 文字数:1972字 お気に入り:0人
恨みがましい気分を抱いたのは確かだった。だが、それよりも寂しいと思う気分の方が強かった。 雨は強かった。雨自体は、さほど気にならない。全く気にならないわけでは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:少年の団欒 制限時間:30分 読者:365 人 文字数:1723字 お気に入り:0人
「邪魔しておるぞい」 後ろから声が聞こえた。彼は振り向いたが、そこには壁しかなかった。――幻聴だろうか。 彼は思った。酷く、疲れていた。特別に疲れる理由があった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:かっこ悪い汗 制限時間:30分 読者:380 人 文字数:1780字 お気に入り:0人
「うむ、こころよ、お主は綺麗じゃ。我が男なら放っておかぬところだったぞ」「ありがとう♪」「これで満足か、満足だな。そうじゃろう……」 とても自信が出てきた。そり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:忘れたい牢屋 制限時間:30分 読者:385 人 文字数:1682字 お気に入り:0人
手足は鎖に繋がれていた。てゐにわかったのはそのくらいだった。付け加えれば、そこが牢獄だということくらいだろう。 気が付けば、鎖に繋がれていた。 さりとて、己が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぼちゃ ジャンル:東方Project お題:黄金の怒り 制限時間:30分 読者:404 人 文字数:1697字 お気に入り:0人
鉱物が話すとしても、パチュリーにとっては驚くほどのことではなかった。片手では掴めぬほどに大きな鉱物であったとしても。「予定と違うわね」 一人、呟くだけだった。 〈続きを読む〉