ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:夏の窓 必須要素:インドカレー 制限時間:30分 読者:276 人 文字数:1705字 お気に入り:0人
[削除]

夏の窓

 独特の抑揚のついたイラッシャイマセに迎えられ、おそ松とカラ松は近所のインドカレー屋に入った。この店は辛さを10段階から選べるのだが、この10段階目は非常に辛い。飲食店だというのに、メニュー表には黒いドクロマークが描かれるほど辛い。夏になると、おそ松とカラ松はいつもこの辛いからいカレーを食べるのが、ここ数年のお約束になっていた。
 インド料理店というのは、不思議な香りがする。カラ松は香辛料の匂いにスンと鼻を鳴らす。通されたのは窓側の席だ。おそ松と向い合って座って、二人で同じものを注文する。バターチキンカレーの10辛、サフランライスで。来る度同じメニューを注文するそっくりな顔の男ふたりは店員にもすっかり覚えられているらしく、ハイヨーとにこやかな笑顔でオーダーをとり、そそくさと厨房へと引っ込んでいく。
「これで何回目だっけ」
「なんだ忘れたのか? 15回目だ」
「まじ? もうそんなになる?」
「躍起になって月に5回も来たことあっただろ」
「あーあったねそんなのも」
 すっかり忘れちった、と悪びれもせずへらりと笑うと、おそ松はごめんごめんと適当に手を振った。別にカレー屋に来た回数を忘れるくらいどうだっていいのだが、おそ松が謝る別の理由に心当たりはある。ゴホン、とカラ松は一度咳払いをすると、何も言わずに椅子に深く腰掛けた。
 待つこと数分、カレーはすぐに運ばれてきた。バターチキンカレーだというのに赤い。しかも、鼻から入ってくるだけで涙が浮かぶような、強い唐辛子の香り付きだ。何回食べたって最初のこの刺激に身体は慣れることはない。カラ松はぐしぐしと乱暴に目元を拭うと、銀のスプーンを手に取った。
「んじゃあ今日も食べますか」
「今日こそ負けんぞ」
「頑張ってねー」
 ちらりと一瞬視線を合わせると、同じタイミングでカレーを口に運び始めた。口の中に入ってきたカレーは辛いを通り越して痛い。少し触れただけのはずの唇すらヒリヒリしている。サフランライスを少し食べたところで全く紛れることもない。罰ゲームのような辛さのそれを、けれどもカラ松はガツガツと胃の中に収めていく。目の前では同じものを食べているというのに、ケロリとした顔をして美味そうにカレーを食べている兄がいた。ぽたり、と汗が額を流れ落ちた。

 無言で食べ続けること、約10分。先にスプーンを置いたのはおそ松だった。ごちそうさまでした、と丁寧に手を合わせ、空になった器がぺかりと室内の明かりを反射する。辛さと悔しさで涙目になりながら、カラ松は水を口の中に流し込んだ。
「今回も俺の勝ちだね」
「うう……」
 ピースサインをして嬉しそうに笑ったおそ松に、恨みがましい視線を投げてやる。カラ松の器には残り数口分ほどのカレーが残っていた。もう急ぐ必要もなくなったので、ゆっくりとそれらを口に運んでいく。ゆっくり食べようが早く食べようが、辛いものは辛い。しょんぼりしながらカラ松は残りを平らげて、額を流れる汗を拭った。

 おそ松と激辛カレーの早食い競争を始めたのは、高校生3年生の夏だった。カラ松はひとつ上の、ちゃらんぽらんで自分勝手で、何様俺様長男様なこの男に、何をどう間違ったのか愛の告白をしたのだ。断られることが必至だと思ったその告白は、カラ松の予想に反して保留にされた。何をどう考えたのか知らないが、このカレー屋の一番辛いカレーをおそ松より先に食べきることができたら、カラ松の愛の告白に応えてやるという。疑問は多々あるが、それよりもカラ松はおそ松の提案に飛びついた。
 以来、こうしてふたりで時たま出かけては、辛くて痛い思いをしてカレーを食べている。告白した時が夏だったから、なんとなく夏の風物詩のようになってしまった。よく頑張りました、なんて笑いながら目の前の兄は嬉しそうにカラ松の頭をさらりと撫でた。
「頑張ってるお前は可愛いねえ」
「……は?」
「お前相手にそんなこと思うようになるとはなー」
「おそ松、それどういう」
「さあねー? 正解は、お前が俺より先に完食出来たらな!」
 なはは、とおそ松は快活に笑うと、カラ松に伝票を押し付けた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:光の動揺 制限時間:30分 読者:116 人 文字数:2884字 お気に入り:0人
【おそカラ】-------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Diva ※未完
作者:いろはな2450 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:とてつもない女 制限時間:30分 読者:103 人 文字数:1085字 お気に入り:0人
毎年恒例、イタリア全土のマフィアの幹部が顔を合わせるパーティーには、それぞれ最も上物の女を連れてくるのが仕来りだ。ある者は国一番の美女を、ある者は極東から連れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:東京の恋愛 制限時間:30分 読者:259 人 文字数:2914字 お気に入り:0人
【レスバス】-------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:栄光の仕事 制限時間:30分 読者:160 人 文字数:2584字 お気に入り:0人
ショタドン(15くらい)×マフィくん(30くらい)------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:勇敢な動揺 制限時間:30分 読者:241 人 文字数:2851字 お気に入り:0人
(おそカラ)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー いつかわかるだろうと先延ばしにしていることが、積もり積もって、いつの間にかわからないことだら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:青い夕方 必須要素:マクガフィン 制限時間:30分 読者:205 人 文字数:2959字 お気に入り:0人
(一カラ) 思春期の恋愛がもしかすれば気の迷いであったかもしれぬというのを、わかるのは結局、大人になってからのことである。一松は成人し、かつて思春期に芽生えた恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅禅@美術部員になりました ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:贖罪の銀行 制限時間:30分 読者:315 人 文字数:851字 お気に入り:0人
「どうしてカラ松は、こんな俺にも優しくしてくれるの」何時も通りの何分かの祈祷の後、隣にいたシスター――一松に尋ねられた。彼は少し前、この教会で働き始めたシスター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅禅@美術部員になりました ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:どす黒い闇 制限時間:30分 読者:237 人 文字数:519字 お気に入り:0人
初めは純粋に、あいつのことが好きだった。あいつが好きだと感じるたびに、それだけで幸せだった。だけど、日に日に想いが募って、独りで抱え込むのが苦しくなった。眩しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mirai@創作とか妄想垢 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:名付けるならばそれは博物館 制限時間:30分 読者:260 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
※チョロおそハロワに行って、面接失敗して、求人雑誌を眺めながらため息をつくもう何回目だろうか。家路を辿る足は重い。玄関の戸を開けただいまと呟く。靴は兄のものであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:理想的な冥界 制限時間:30分 読者:326 人 文字数:2730字 お気に入り:0人
【ジェイカラ】------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:夜と深夜 必須要素:400字以内 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:400字 お気に入り:0人
鶯色の瞳が不思議そうに私を見つめている。今日は厄日か?そう思わずにはいられない。 今日の酒は不味かった。仲良くもない同僚と楽しくもない陰口。それらと共に飲む好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉