ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:夏の窓 必須要素:インドカレー 制限時間:30分 読者:229 人 文字数:1705字 お気に入り:0人
[削除]

夏の窓

 独特の抑揚のついたイラッシャイマセに迎えられ、おそ松とカラ松は近所のインドカレー屋に入った。この店は辛さを10段階から選べるのだが、この10段階目は非常に辛い。飲食店だというのに、メニュー表には黒いドクロマークが描かれるほど辛い。夏になると、おそ松とカラ松はいつもこの辛いからいカレーを食べるのが、ここ数年のお約束になっていた。
 インド料理店というのは、不思議な香りがする。カラ松は香辛料の匂いにスンと鼻を鳴らす。通されたのは窓側の席だ。おそ松と向い合って座って、二人で同じものを注文する。バターチキンカレーの10辛、サフランライスで。来る度同じメニューを注文するそっくりな顔の男ふたりは店員にもすっかり覚えられているらしく、ハイヨーとにこやかな笑顔でオーダーをとり、そそくさと厨房へと引っ込んでいく。
「これで何回目だっけ」
「なんだ忘れたのか? 15回目だ」
「まじ? もうそんなになる?」
「躍起になって月に5回も来たことあっただろ」
「あーあったねそんなのも」
 すっかり忘れちった、と悪びれもせずへらりと笑うと、おそ松はごめんごめんと適当に手を振った。別にカレー屋に来た回数を忘れるくらいどうだっていいのだが、おそ松が謝る別の理由に心当たりはある。ゴホン、とカラ松は一度咳払いをすると、何も言わずに椅子に深く腰掛けた。
 待つこと数分、カレーはすぐに運ばれてきた。バターチキンカレーだというのに赤い。しかも、鼻から入ってくるだけで涙が浮かぶような、強い唐辛子の香り付きだ。何回食べたって最初のこの刺激に身体は慣れることはない。カラ松はぐしぐしと乱暴に目元を拭うと、銀のスプーンを手に取った。
「んじゃあ今日も食べますか」
「今日こそ負けんぞ」
「頑張ってねー」
 ちらりと一瞬視線を合わせると、同じタイミングでカレーを口に運び始めた。口の中に入ってきたカレーは辛いを通り越して痛い。少し触れただけのはずの唇すらヒリヒリしている。サフランライスを少し食べたところで全く紛れることもない。罰ゲームのような辛さのそれを、けれどもカラ松はガツガツと胃の中に収めていく。目の前では同じものを食べているというのに、ケロリとした顔をして美味そうにカレーを食べている兄がいた。ぽたり、と汗が額を流れ落ちた。

 無言で食べ続けること、約10分。先にスプーンを置いたのはおそ松だった。ごちそうさまでした、と丁寧に手を合わせ、空になった器がぺかりと室内の明かりを反射する。辛さと悔しさで涙目になりながら、カラ松は水を口の中に流し込んだ。
「今回も俺の勝ちだね」
「うう……」
 ピースサインをして嬉しそうに笑ったおそ松に、恨みがましい視線を投げてやる。カラ松の器には残り数口分ほどのカレーが残っていた。もう急ぐ必要もなくなったので、ゆっくりとそれらを口に運んでいく。ゆっくり食べようが早く食べようが、辛いものは辛い。しょんぼりしながらカラ松は残りを平らげて、額を流れる汗を拭った。

 おそ松と激辛カレーの早食い競争を始めたのは、高校生3年生の夏だった。カラ松はひとつ上の、ちゃらんぽらんで自分勝手で、何様俺様長男様なこの男に、何をどう間違ったのか愛の告白をしたのだ。断られることが必至だと思ったその告白は、カラ松の予想に反して保留にされた。何をどう考えたのか知らないが、このカレー屋の一番辛いカレーをおそ松より先に食べきることができたら、カラ松の愛の告白に応えてやるという。疑問は多々あるが、それよりもカラ松はおそ松の提案に飛びついた。
 以来、こうしてふたりで時たま出かけては、辛くて痛い思いをしてカレーを食べている。告白した時が夏だったから、なんとなく夏の風物詩のようになってしまった。よく頑張りました、なんて笑いながら目の前の兄は嬉しそうにカラ松の頭をさらりと撫でた。
「頑張ってるお前は可愛いねえ」
「……は?」
「お前相手にそんなこと思うようになるとはなー」
「おそ松、それどういう」
「さあねー? 正解は、お前が俺より先に完食出来たらな!」
 なはは、とおそ松は快活に笑うと、カラ松に伝票を押し付けた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:光の動揺 制限時間:30分 読者:66 人 文字数:2884字 お気に入り:0人
【おそカラ】-------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Diva ※未完
作者:いろはな2450 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:とてつもない女 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:1085字 お気に入り:0人
毎年恒例、イタリア全土のマフィアの幹部が顔を合わせるパーティーには、それぞれ最も上物の女を連れてくるのが仕来りだ。ある者は国一番の美女を、ある者は極東から連れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:東京の恋愛 制限時間:30分 読者:162 人 文字数:2914字 お気に入り:0人
【レスバス】-------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿(やど)@裏 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:栄光の仕事 制限時間:30分 読者:120 人 文字数:2584字 お気に入り:0人
ショタドン(15くらい)×マフィくん(30くらい)------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿(やど)@裏 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:勇敢な動揺 制限時間:30分 読者:175 人 文字数:2851字 お気に入り:0人
(おそカラ)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー いつかわかるだろうと先延ばしにしていることが、積もり積もって、いつの間にかわからないことだら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿四暗刻 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:青い夕方 必須要素:マクガフィン 制限時間:30分 読者:150 人 文字数:2959字 お気に入り:0人
(一カラ) 思春期の恋愛がもしかすれば気の迷いであったかもしれぬというのを、わかるのは結局、大人になってからのことである。一松は成人し、かつて思春期に芽生えた恋 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅禅@美術部員になりました ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:贖罪の銀行 制限時間:30分 読者:249 人 文字数:851字 お気に入り:0人
「どうしてカラ松は、こんな俺にも優しくしてくれるの」何時も通りの何分かの祈祷の後、隣にいたシスター――一松に尋ねられた。彼は少し前、この教会で働き始めたシスター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:紅禅@美術部員になりました ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:どす黒い闇 制限時間:30分 読者:197 人 文字数:519字 お気に入り:0人
初めは純粋に、あいつのことが好きだった。あいつが好きだと感じるたびに、それだけで幸せだった。だけど、日に日に想いが募って、独りで抱え込むのが苦しくなった。眩しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:mirai@創作とか妄想垢 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:名付けるならばそれは博物館 制限時間:30分 読者:204 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
※チョロおそハロワに行って、面接失敗して、求人雑誌を眺めながらため息をつくもう何回目だろうか。家路を辿る足は重い。玄関の戸を開けただいまと呟く。靴は兄のものであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宿(やど)@裏 ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:理想的な冥界 制限時間:30分 読者:254 人 文字数:2730字 お気に入り:0人
【ジェイカラ】------------------------------------------------------------------------- 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:小林さんちのメイドラゴン お題:早い錬金術 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「小林さん小林さん!見てくださいよ!」トールがなにやら声を弾ませてリビングへとやってきた。こういう時は大抵わけのわからんものを持ってくるのだ。この前はダレダカに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:メルクストーリア お題:幸福な場所 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「そういえば、昨日の件は?」「昨日?」「ほら、エルバスの街で変てこな音がって」「ああ、あれね。いひひ」「無事に解決っていうかー。なんともなかったっていうかー」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ! お題:消えた流刑地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:972字 お気に入り:0人
日菜のことを避け続けてきた。いつからだっただろうか。彼女が言うように、昔は、ほんの小さな頃は仲良く遊んでいた気がする。だけど、年の近いきょうだいだったら、多く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:残念な動揺 必須要素:口臭 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:543字 お気に入り:0人
※未完第一部隊が出陣から帰ってきた時、本丸は仲間の声で賑やかだったことにすぐに気づいた。それが剣戟の音もせず、緊迫したものでもなかったから彼らは緊張をほぐして中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:銀魂 お題:商業的な年賀状 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:252字 お気に入り:0人
(学パロ)「今年もよろしくお願いアル!」神楽が挨拶してきた。そうだ、もう今年が終わってしまうのかとふと思う。 神楽と恋仲になり、キスをしてこれ以上のこともしたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:銀魂 お題:危ない汁 必須要素:ギター 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:209字 お気に入り:0人
私は沖田と付き合っている。今、キスされている。キスされるたびに、どれらとも知れない唾液が口元に垂れる、厭らしい。「んっ…///」思わず甘い声が漏れた。ちらりと目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:せつない作品 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1516字 お気に入り:0人
「はぁ……はぁ……」ここまでくれば大丈夫。たった数分走っただけなのにこんなに息が切れるなんて、ちょっと運動不足でしょうか?装填のために腕立て伏せは欠かしていない 〈続きを読む〉