ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:今日のサイト 制限時間:15分 読者:227 人 文字数:792字 お気に入り:0人
[削除]

きらりとあんず

 ねぇねぇきらり、お料理教室って行ったことある? え、杏はもちろんないよ。
 なんでそんなこと聞くのかって? え、うーんまぁなんとなく。うそうそ。ほんとはね、今日ありあまりまくる暇を持て余しにスマホを叩いてたらさー、料理をたくさん紹介してるサイトがあったんだよね。10分でできる冷製パスタだとか、冷蔵庫の材料だけでぱぱっと作れる雑炊とかさー。女子力が高いんだって。そういう有り合わせ食材だけで調理できる娘って。女子力ってさー、曖昧なキーワードだよねー。もし女子力が図れるとしたら杏はどれくらいなのかなー。休日の日は日がなだらだらゲームしてて食事はコンビニのご飯で済ませちゃってさーTシャツとかもそこらへんに転がってるのてきとーに着るからねー。え、アイドルなんだから見えない部分もオシャレしなきゃダメ? そう、まさにそこなんだよ、きらり。 杏はさ、このままじゃ見えないだらだら部分がじわじわと滲み出ていって、だらしないアイドルに見られちゃうじゃないかと思うんだよ。え、もうなってる? あ、そう。 まぁいいや。閑話休題。杏もさーさすがにコンビニ弁当ばかりじゃ飽きるからさー10分でパスタが作れるんならその程度の苦労なら惜しまずにチャレンジしてみようと思うんだよねー。食ってのは、なにより大事だからね。でも、料理教室に行くのはまぁ面倒なわけで、電車に乗りたくないわけで、外に出たくないわけで、富良野は寒いわけで。だからきらりが毎日杏の家でお料理教室、開設してくれないかなーと思ったわけ。作った料理は杏が美味しくいただきます。材料もこちらで用意いたします。どう? え、結局それってきらりが全部作って杏ちゃんはだらだらしてるだけになるって。あー、そうだね。ていうかいつものアタシたちとおんなじだ、ソレ。夫婦みたい? ん、たしかに。 じゃあこれまででもいっか。きらり、今日はからあげをよろしくー。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:どうかげP ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:殺された正月 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:327字 お気に入り:0人
目を覚ますと、惨憺たる状態だった。「うぅ…頭がいたいですよ……」当たりを見渡せば、転がるビール缶、食べっぱなしのお節、それからお蕎麦の丼…。そして、佐藤心、姫川 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいねまいご ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:正しい星 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1212字 お気に入り:0人
「わぁ……」森久保は目をキラキラと輝かせ、夜空に広がる満点の星空を眺めていた。「プロデューサー……、星が、綺麗です」「ああ、そうだな。森久保」振り返って、功労者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:入野井 羊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:彼と靴 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:460字 お気に入り:0人
「明日の準備は出来てるー?」声が響く。リビングにいるお母さんだ。「今荷物の確認しててるところー!」明日は引っ越し当日。そのための準備をしている。とはいえ荷造りは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:鳥の死 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:550字 お気に入り:0人
事務所へ向かう途中に白菊ほたるは、道端で鳥の死体を見つけた。嫌なものを見てしまったと自分の不幸を呪ったが、同時に可哀想だという思いも湧き上がった。しかしほたるは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:橙葵【歌姫13:姫47】 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:彼と誰か 制限時間:15分 読者:448 人 文字数:781字 お気に入り:0人
たとえば普通に男の子と出会って、恋なんかしちゃって、なんやかんやあって結婚して子供が生まれて、ベッドのわきに孫が立っていて、っていうのはきっと幸福な人生の一つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:『過負何』 ◆muOlzNYfS. ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:有名な扉 制限時間:15分 読者:278 人 文字数:519字 お気に入り:0人
事務所の地下には大きな重い扉がある。事務所探検をした何も知らないアイドルたちが、開けようとしてちひろさんに怒られているのをしばしば見かける。なんでも、重大な物等 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:小説家の部屋 制限時間:15分 読者:313 人 文字数:408字 お気に入り:0人
さらさらと、原稿用紙に言の葉が紡がれる音だけが部屋に響く。……というのは昔の話で、今はパソコンのキーボードを打つカタカタという音が響くのが一般的らしい。ちょっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほしこ ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:ひねくれたカップル 制限時間:15分 読者:404 人 文字数:964字 お気に入り:0人
じゃあ行くからね、と身を翻しかけたところで、くっと背に重力がかかった。見やると袖のあたりが後ろに引っ張られ、その方向へ視線を辿ると腕をめいっぱい伸ばした彼女が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アズマ@ピンクさん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:10の発言 制限時間:15分 読者:496 人 文字数:393字 お気に入り:0人
「ねぇ、プロデューサーにさ…イジワルしてみない?」「……イジワル?」 レッスンが終わって早々、未央は私と卯月に提案する。 息が切れていた卯月は、声を途切れ途切れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:れんげ ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:オレだよオレ、監禁 制限時間:15分 読者:462 人 文字数:717字 お気に入り:0人
電話が鳴っている。どうやらちひろさんは手が離せないらしく、俺が電話対応することになった。出てみると――「オレだよオレ、監禁されてるんだけどちょっと身代金くれねぇ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:たった一つの悪魔 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:491字 お気に入り:0人
頬杖をつき、ぼんやりと窓の外を眺めていた。風に花が揺られている。白い花の中に、ひとつだけ真っ黒な花を見つけた。ふわふわと揺れる花の中で、その黒い花だけは凛と咲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:冷静と情熱の間にあるのは心 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:696字 お気に入り:0人
僕が覚えていることを、ここに記しておこうと思う。 今年は麻が貴重だから、無駄にするなとペリドットに釘を刺されているけれど。それでも今から記す内容が、きっと無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
氷のこえ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:絵描きの食堂 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「さぼってるんじゃないよ」 手袋をした冷たい指が、こつりと僕の頭を叩く。 本当に冷たいのかどうかはしらない。直に触れたことなんてないもの。触れればたちまち細かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:真夏の夜の淫夢 お題:3月のコウモリ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「オオン、アオオ」「先輩!何してんです!」「遠野ー、俺、コウモリになっちまった」哺乳類レイ○! コウモリになった先輩う○こみたいなステロイドハゲが羽をバサバサさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お題:イギリス式の終身刑 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「イギリスだって?」「ええ」雪ノ下が俺のつぶやきに答える。何がイギリスかというとこの紅茶がイギリス製だと言うことだ。やはりうまいと思う。「でさ、ゆきのん、私の作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:かっこ悪い孤独 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:406字 お気に入り:0人
小さい頃の話だ。 小さい頃は、里を縦横無尽に遊び回っていた。里には子供がたくさんいて、当たり前だが色んなやつがいた。だから、たくさんの子供と、色んな関係があっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:春のあいつ 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:360字 お気に入り:0人
ざくざくと、表面が固まった雪を踏み割りながら山道を進む。「お、シンア、見てみろ」 道中で下を指して声を掛ければ、あいつは素直に振り向いた。俺が示したのは溶けか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モブサイコ100 お題:同性愛の反逆 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:390字 お気に入り:0人
反逆の狼煙をあげろ。「なぁ、エクボ。俺がお前の事好きだって言ったらどうする」 詐欺師らしく読めない表情で放たれた言葉に顔を顰める。暇つぶしの冗談にしては悪質で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
夫婦漫才 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:来年の夫 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1061字 お気に入り:0人
「浮気かっ!死なすど!」「もー。心配せんでも、アタシにはユウくんだ・け・よ」「小春ぅ!」お決まりのセリフが部室に響く。今日は小春が金ちゃんにたこ焼きを食わせたの 〈続きを読む〉