ジャンル:ワールドトリガー お題:冷たい人 制限時間:4時間 読者:398 人 文字数:601字 お気に入り:0人

途中でアレになってきたので止める ※未完

(オリキャラというか夢系というか書きたい者を書いてみた)

ボーダー本部にて唐沢克己が宿舎区画で借りている自室に入ると姪ということにしてある唐沢リコが
ベッドの上でごろ寝をしていた。
外は土砂降りの雨だったが、あらかじめ雨を知っていた唐沢は傘持参だったので濡れずにすんでいた。

「――リコリス」

「おかえり。服、借りた。ちょっと干してる」

彼女の本名を呼ぶ。
唐沢のワイシャツを羽織り、自分が着ていたびしょ濡れの服をハンガーにかけて暖房の側に置いて
どうにか乾かしているリコは寛いでいた。
読書中だったらしい。

「部屋を自分で借りるとか粟原隊の隊室を使うとかあるだろう」

「酷いな。ボクはここに来て途端に一彰に追われていたから逃げてたのに。知らせる?」

「辞めておくよ」

何をしたのかまでは問わない、義理の姪を王子一彰は好いていて、ことあるごとに構ってくるのだがリコは
彼を苦手としていた。王子一彰と言えば同級生や年下を妙な徒名で呼ぶのだが、リコに着けた徒名が
リコリスだったのだ。
本名なのである。唐沢リコは彼女がこの世界に来てしまったときに名乗ることにした名で
フルネームはエドワード・リコリスという。彼女が居た世界は名字と名前なのでエドワードが名字でリコリスが名だ。
正式な隠し名とかもあるが割愛する。

「シャツは洗ったら返すよ」

「それはあげるからパジャマ代わりにすればいい」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:恋の行動 制限時間:4時間 読者:267 人 文字数:286字 お気に入り:0人
恋、とは。今まで興味もなく、まさか自分がするとは思っていなかった。それは数日前。本当に、ちょっとしたきっかけだった。幼馴染の千佳に、恋をする日が来ようとは。でも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はとだよ!!! ジャンル:ワールドトリガー お題:とびだせ天井 制限時間:4時間 読者:1063 人 文字数:1730字 お気に入り:0人
「ねえ、さっきの話。もいっかい言って」「やだ」 断る熊谷に、那須玲は子犬のようにねえねえとじゃれついてせがむ。玲の部屋で二人きりだとしても、くっつきすぎじゃない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:天野 ジャンル:ワールドトリガー お題:真実の娘 制限時間:4時間 読者:743 人 文字数:1782字 お気に入り:0人
※暗い。捏造が酷い。「延命治療」の佐鳥視点 俺はただ、自分を好きになりたいだけだった。だから、そのままでは駄目だった。根暗でコミュ障、ガリ勉野郎。そんなふうに言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:箱の中の絵画 制限時間:4時間 読者:902 人 文字数:1296字 お気に入り:0人
「俺もおまえに閉じ込められたい」嵐山は言った。悠一のアパートでソファに座ってふたりで映画を見ているときにそう言った。テレビ画面は美しい女と顔の整った男の恋愛を映 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
償いたい ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:贖罪の喜び 制限時間:4時間 読者:679 人 文字数:1834字 お気に入り:0人
罪を償うことは、悠一にとって喜びであった。悠一の贖罪は喜びという領域から少しもはみ出ることがない。ただ悠一が、罪を犯したと思うのは嵐山に関することだけで、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:時緒 ジャンル:ワールドトリガー お題:君の夕飯 制限時間:4時間 読者:1218 人 文字数:4791字 お気に入り:0人
「まだ仕事ですか?」 デスクの上のパソコンに目を落としていた城戸の視線を左右したのは、聞き慣れたさわやかなバリトン、女性ならばきっともうその魅力に耐えがたくなっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:自分の中のテロリスト 制限時間:30分 読者:56 人 文字数:841字 お気に入り:0人
もし明日世界が終わるとして、多分あんたとは一緒に居ないと思うんだよ。だけどそれ、嫌いってことじゃなくてさ。あんたとは居ないけど、でも俺の母親がもし俺に一緒にい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:神の絶望 制限時間:30分 読者:116 人 文字数:988字 お気に入り:0人
腹に回った手がちょっとくすぐったかった。背中に人の頬がくっついていて何となくあったかいのももうそろそろ慣れてきた。いつも乗せるのとは違う身体というだけで、何と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:2つの冥界 制限時間:30分 読者:175 人 文字数:1132字 お気に入り:0人
その背中を見かけた城戸は、ほんの少し歩幅を広げた。声を掛けようと歩みを早め、顔をしかめる。「ここは禁煙だぞ、迅」 いつものブルゾンを羽織り、いつものサングラス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ニューイヤーメルティ ジャンル:ワールドトリガー お題:遠いサッカー 制限時間:30分 読者:146 人 文字数:456字 お気に入り:0人
渋谷にはもうたくさんのサポーターが集まっています!青いユニフォームを着た若いレポーターが蒸気した顔で陽々と伝える画面。やっと重い腰を上げるきっかけができた、と息 〈続きを読む〉

秋月蓮華の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:穏やかな病気 必須要素:ラーメン 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:888字 お気に入り:0人
【食べたいものがあるのは正常】ラーメンが食べたい、と僕を古銃から目ざめさせたマスターは言った。見た目は十代後半の少女であるマスターはSF小説を読みながらそう呟い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:黒子のバスケ お題:安い巨人 必須要素:まいたけ 制限時間:4時間 読者:99 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【かつてのこと】帝光中学校の旧校舎の屋上近くを緑間真太郎は訪れていた。近くなのは屋上には鍵がかかっているからだ。屋上近くの踊り場には目的の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:どこかの絶望 制限時間:4時間 読者:84 人 文字数:3506字 お気に入り:0人
【ある意味でコレは幸せの話】彼女には絶望がよく似合うとファルは想っている。現に荒廃した街外れの教会を見上げる彼女は美しかった。古銃マスター、レジスタンスに希望を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:千銃士 お題:今年のローン 制限時間:1時間 読者:149 人 文字数:885字 お気に入り:0人
【最優先順位】「ローンが組めたとしても……」僕、エセンが執務室にマスターの様子を見に来ると彼女は執務机に座って考え込んでいた。レジスタンス側の希望であり、僕達貴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:小説の汁 必須要素:哲学的な思想 制限時間:15分 読者:228 人 文字数:742字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラが居るよ)【いつものようにぐだぐだと】聖ルドルフ学院男子寮にて不二裕太がリビングルームにやってくると、男子寮の管理人がソファーに座って、小説を読 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:名探偵コナン お題:調和した真実 必須要素:豚肉 制限時間:2時間 読者:299 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー。夢主は金田一と探偵学園の世界出身)【日常に落とし込んだこと】夕方、勤務地である喫茶ポアロのドアベルが鳴り、客が入っていたことを高遠雪姫は察 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:テニスの王子様 お題:簡単な祖母 必須要素:3000字以上 制限時間:30分 読者:206 人 文字数:923字 お気に入り:0人
(オリ設定キャラ居ます)【お婆ちゃんとの話】「観月くーん、宅配便来とるよ。君の実家から」日曜日の朝、聖ルドルフ学院の男子寮のリビングルームで朝からパンケーキを食 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りの笑顔 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:172 人 文字数:3342字 お気に入り:0人
【とある宗教の撲滅】明石国行は決意した。必ず、必ず、この宗教は消し去らなければならないと。「……ヒツキさん……」「主、おはようございます」審神者のプライベートス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:しんけん!! お題:緩やかな失踪 必須要素:化粧水 制限時間:2時間 読者:157 人 文字数:1891字 お気に入り:0人
(刀匠いるよー)【緩やかに、緩やかに】斎庭白秋はこの屋敷町では地位としては上位に入るというか、真剣少女のお守り役とも取れる刀匠だ。刀匠ではあるが、真剣少女通しの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:195 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉