ジャンル:ワールドトリガー お題:知らぬ間の風邪 制限時間:30分 読者:637 人 文字数:1026字 お気に入り:0人

三輪米な米屋と東さん ※暗い



「……何故、こんなことをした?」

東は静かに尋ねた。向かいに座るのは一人の少年。

「すいませんって、反省しましたって、俺も三輪も」
「何故、と俺は聞いているんだ」

東はもう一度繰り返した。実際不可解だった。彼らはある日突然姿を消して、ある日突然見つかった。
ーー有名な自殺の名所で、警察に保護されたのだ。

「何故って、三輪が」
「三輪が?」
「言ったんですよ。『死にたい』って。俺、『ネイバーは全て殺すんじゃえねぇの』って言ったんですけど、『そんなのどうでもいい』って言うから、本気だなって」
「……で?」
「思ったんで、こんな所じゃダメだなぁって。適当に調べて、そのままノリで電車乗って……いやほんと、迷惑も心配もかけちゃってすいません。三輪っていうか、俺が悪いです。あいつまだ寝込んでるんですよね。いや、着いたと思ったらあいつぶっ倒れて、無理させてたんだなぁって。俺が無理矢理連れ回したから……」

米屋はそう言って、俯いた。本気で反省しているようだ。反省?反省って何を。
何を反省しているんだ、こいつは。

「……米屋、お前、なんのつもりで三輪を連れて行ったんだ」
「なんのって、いや、自殺の為ですけど」
「……三輪のか」
「そういや誕生日近いしなって……あっ、そういうのってダメなんでしたっけ。自殺ほうじょ?でしたっけ……」
「まぁ。それもある。未遂とは言え犯罪だ。お前には1週間の謹慎が命じられるだろうな」
「あー……。も、って他にもあるんすか」

若干ゲンナリとして言う米屋。東は自分が何かとんでもない思い違いをしていたのではないかと思い出す。いや、むしろそうであってほしい。そうでなければつじつまがあわない。少なくとも、東の生きる世界では。

「……米屋。三輪とは何なんだ。……友達、なんじゃないのか」
「え?そうですけど」
「……友達の自殺を、止めもしなかったのか」
「本人が望んだことですし……あんなことがあったから、しょうがないかなって」
「……」

友の自殺に協力する。
違和感が拭えない。こいつは、こいつは、明るすぎる。あまりにも躊躇いを知らない。

「……三輪が、自殺したら、どうするつもりだったんだ」

苦々しいものを思いながら、東は問う。
米屋は言った。正直に。真っ直ぐに。
年頃の少年としては、正直過ぎるほど、ありのままに。

「そんなの、決まってるじゃないですか」

「一緒に死ぬつもりでしたよ、ふつーに」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ニューイヤーメルティ ジャンル:ワールドトリガー お題:遠いサッカー 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:456字 お気に入り:0人
渋谷にはもうたくさんのサポーターが集まっています!青いユニフォームを着た若いレポーターが蒸気した顔で陽々と伝える画面。やっと重い腰を上げるきっかけができた、と息 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:私の螺旋 制限時間:30分 読者:55 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
扉を押し開ける。開発部のラボに一番近い、ミーティングルームの隣の喫煙所は屋外へ出たところへベニヤ板とトタンの急造で、隙間風がひどいので冬はあまり人がいない。寒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:ねじれた村 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:1183字 お気に入り:0人
バイク、いいよなあ。太刀川さんは三年も前のバイク雑誌をめくりながらそう呟いた。ラーメン屋の、手垢がついた雑誌は角もすこし丸くて、ちょっと表紙が日焼けしている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:昨日の冒険 制限時間:30分 読者:102 人 文字数:1675字 お気に入り:0人
「ただいま」の一言をうまく言えないまま数年を過ごしている気がする。だから、行ってきますも上手く言えないで、支部を出て鍵を掛けた。みんなもう出掛けてしまって、他 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:ありきたりな顔 制限時間:30分 読者:634 人 文字数:671字 お気に入り:0人
ーー嘘をつくなとお前は言うが、嘘をつきたい気分なんだ。「悪いな、迅」得意のサイドエフェクトで何を見たのか。迅の顔はひどく歪んで見えて、何だか無性に触れたくなった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のどう ジャンル:ワールドトリガー お題:緑の社会 制限時間:30分 読者:298 人 文字数:809字 お気に入り:0人
ここで誰かが産まれるのを、安らかに死ぬのを極力手伝っているだろう、少なくとも、侵略者の襲撃からは。「息をしやすいまちを造っているに過ぎないんだ」歩きながら、迅が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:元気な理由 制限時間:30分 読者:631 人 文字数:715字 お気に入り:0人
「撃てないと駄目ですか?……駄目ですよね」こちらの返答を待たずに、そう決めつけて眉を下げて笑う鳩原に二宮は苛立ちを覚えた。※「負けたのは俺のミスだったんです」本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:計算ずくめの液体 制限時間:30分 読者:441 人 文字数:752字 お気に入り:0人
「飲んでください」 疲れがとれますから、と出された飲み物の真意を知った上で、飲み干す自分も相手と同じくらいたちが悪いと冬島は思った。※「ごめんね、ハルちゃん」く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
くじの結果※ ※未完
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:最強の犯人 制限時間:30分 読者:425 人 文字数:387字 お気に入り:0人
「うっわぁよりにもよって残った二人が……」「ようやく面白くなってきた」 冬島と太刀川はそれぞれ目の前に与えられた課題に対し呟いた。前者はため息をつきながら、後者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:コーヒーと母性 制限時間:30分 読者:390 人 文字数:612字 お気に入り:0人
砂糖を多めでと言われたから、ああ本当に限界なんだなと思ってしまった。「甘ったるいです」右手の書類を離さないまま、左手に持ったマグカップを傾けた東は眉を寄せる。「 〈続きを読む〉

蚊取り線香の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:疲れた探偵 必須要素:直木賞 制限時間:15分 読者:190 人 文字数:676字 お気に入り:0人
「探偵、ね。なるほど。その手があったか」異界との長い戦いが終わり、ボーダーは防衛機関ではなく、橋渡しの役目を負うようになった。君はどうするのかと唐沢は問い、迅は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:知らぬ間の風邪 制限時間:30分 読者:637 人 文字数:1026字 お気に入り:0人
「……何故、こんなことをした?」東は静かに尋ねた。向かいに座るのは一人の少年。「すいませんって、反省しましたって、俺も三輪も」「何故、と俺は聞いているんだ」東は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:捨てられた奈落 必須要素:三人称 制限時間:30分 読者:399 人 文字数:686字 お気に入り:0人
俺はあの不良品が嫌いだった。そして、それは向こうも同じだったと思う俺は何度も言ったのだった。狙撃手なんていなくてもうちはやれる。代わりの狙撃手もいくらだっていま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:綺麗な決別 制限時間:15分 読者:477 人 文字数:731字 お気に入り:0人
あの日、あの人が妙にわかりきった顔をして、俺たちにそれを伝えた日。俺は思ったんだ。ねぇ、二宮さん。あんた、知ってたんじゃないの。あの女が逃げ出すこと、知ってたん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:穏やかな愛 必須要素:腸内洗浄 制限時間:15分 読者:408 人 文字数:774字 お気に入り:0人
これはきっと、愛なんてたいそうなものではない。そんな美しいものでは、輝かしいものではけしてない。そんなものなら、こんな穢し方はしないはずだから。こんな。こんな。 〈続きを読む〉