ジャンル:ワールドトリガー お題:信用のない血液 制限時間:30分 読者:440 人 文字数:1158字 お気に入り:0人
[削除]

さようなら夜*東さん冬島さん ※未完



それは、終わりのない夜だった。

「東さんどうして」

「…悪いな」
名を呼ばれた男は、もう一度解散だと呟いて、何かを諦めたように笑った。



ーーーーーーーーーーーーーー


「諦めんのが早すぎない?」
冬島はカタカタとキーボードを打ちながら言った。冬島の後ろに立っていた東春秋は、それに答えることもせずパソコンの画面をのぞき込んでいる。

「聞いてる?」
「さあ」
ただ息を吐き出したような返答に、冬島は肩を竦めた。

「A級一位が繰り上がりになったって、ボーダー内は大騒ぎなんだけど」

「それは知らなかったです」

「そりゃ解散以降、春秋君はここに籠っているからね」

「冬島さんだってそうでしょう?」

「俺は閉じ込められてるの」
誰にとは言わないけど、と恨ましげな顔で冬島は東の方を向いた。

「狙撃手を育てたいっていったら賛同してくれたでしょう?」

「だからってこんなに狙撃銃の種類を増やすのつらい」

「アイビスだと重いし」

「一応スタンダードなのもつくってたでしょ」

「それをもう少し性能を詰めて作り直して欲しいんですよ」
冬島さんなら信用できますから、と東はこともなげに言った。

「…春秋」
まさかこのために解散したんじゃないよな?と冬島は言った。

「…まさか」

「じゃあさ」
ボーダー辞めるの?
冬島は真面目な顔で東に聞いた。


A級一位が解散した事実より、むしろ話題になっているのは東がボーダーをやめてしまうのではないかという噂だった。
ボーダーの隊員は若い。その中で最年長である東が辞めてしまうのは、後輩にとっても、本部の人間にとっても大きな痛手だ。
現隊員で、一番失うのが怖いのは未来予知を持つ迅で、ではその次となったら名を挙げられるのは東だろう。
ボーダーの古株。稀有なバランス感覚で、他者とのコミュニケーションも問題なくとれる。
若い隊員の指導にもあたり、そして何より狙撃手の必要性を提示し、技術班を巻き込んで(主に巻き込まれたのは冬島だ)狙撃銃を生み出した実績がある。強大な狙撃訓練室を増築させたのも東の功績が大きく反映しているのだろう。
それに加え大学でもトリオンの研究をしているとなれば、東がボーダーを辞めたら色んな所に支障が出ることは目に見えている。


「どうしてそうなるんですか」
自分自身の高評価に気付いているのかどうなのか。東はため息一つでその筆問を一蹴する。
「年齢が年齢だから?」
「それをアンタに言われちゃおしまいですけどね」
「わあ酷い」
「……元々のスタートダッシュが遅かったんですから。成長なんてとっくに止まっています」
今を維持すればいいのだから、ここで辞めてはもったいないでしょう。

「そうだけど」

「」











同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ニューイヤーメルティ ジャンル:ワールドトリガー お題:遠いサッカー 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:456字 お気に入り:0人
渋谷にはもうたくさんのサポーターが集まっています!青いユニフォームを着た若いレポーターが蒸気した顔で陽々と伝える画面。やっと重い腰を上げるきっかけができた、と息 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のどう ジャンル:ワールドトリガー お題:緑の社会 制限時間:30分 読者:299 人 文字数:809字 お気に入り:0人
ここで誰かが産まれるのを、安らかに死ぬのを極力手伝っているだろう、少なくとも、侵略者の襲撃からは。「息をしやすいまちを造っているに過ぎないんだ」歩きながら、迅が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:計算ずくめの液体 制限時間:30分 読者:442 人 文字数:752字 お気に入り:0人
「飲んでください」 疲れがとれますから、と出された飲み物の真意を知った上で、飲み干す自分も相手と同じくらいたちが悪いと冬島は思った。※「ごめんね、ハルちゃん」く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
くじの結果※ ※未完
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:最強の犯人 制限時間:30分 読者:428 人 文字数:387字 お気に入り:0人
「うっわぁよりにもよって残った二人が……」「ようやく面白くなってきた」 冬島と太刀川はそれぞれ目の前に与えられた課題に対し呟いた。前者はため息をつきながら、後者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:赤松@WT妄想垢 ジャンル:ワールドトリガー お題:コーヒーと母性 制限時間:30分 読者:391 人 文字数:612字 お気に入り:0人
砂糖を多めでと言われたから、ああ本当に限界なんだなと思ってしまった。「甘ったるいです」右手の書類を離さないまま、左手に持ったマグカップを傾けた東は眉を寄せる。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:蚊取り線香 ジャンル:ワールドトリガー お題:知らぬ間の風邪 制限時間:30分 読者:638 人 文字数:1026字 お気に入り:0人
「……何故、こんなことをした?」東は静かに尋ねた。向かいに座るのは一人の少年。「すいませんって、反省しましたって、俺も三輪も」「何故、と俺は聞いているんだ」東は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
新評価 ※未完
作者:-10 ジャンル:ワールドトリガー お題:春の秀才 制限時間:30分 読者:337 人 文字数:454字 お気に入り:0人
※犬飼夢(というより犬+モブ)注意※「犬飼ってさ、自分のこと天才だと思ったことある?」桜の花びらがたまに通りかかる窓際の席でミルクティーを混ぜながら問いかけた質 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しんどい ジャンル:ワールドトリガー お題:許せない船 制限時間:30分 読者:789 人 文字数:1680字 お気に入り:0人
ぼくは遠征艇が許せない。 当真先輩がぶつぶつぼやくように狭いのもあるし、冬島さんみたいに三半規管がぐらぐらするのもあるけれど、それ以外にも理由はある。 小さな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ニューイヤーメルティ ジャンル:ワールドトリガー お題:愛と憎しみの団欒 制限時間:30分 読者:425 人 文字数:786字 お気に入り:0人
何でもない、ただの飲み会だ。私はそう自分に言い聞かせながらジョッキに残ったビールを飲み干した。斜め向かいでは、かなり気分が良くなっている忍田本部長と城戸司令が談 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:灯千鶴@鏡花さんお待ちしてる ジャンル:ワールドトリガー お題:神の罰 制限時間:30分 読者:431 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
遠征に行っていたという艇が戻ってくる。じきに星の命も尽きようというときに、と思うが、だからこそ、であろうか。国内にそれらしい候補が居ないから植民地と玄界を回って 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:仮面ライダー剣 お題:君と時雨 必須要素:コーラン 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:913字 お気に入り:0人
ゴッソサン!!だれもいないはずのへやから、こえがきこえました。「けいたろう、だれかいたっけ?」 「けんざきくん、だれもいないよ。」「あれ?そういえばきのうきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉