ジャンル:アイドリッシュセブン お題:うわ・・・私の年収、スキル 制限時間:1時間 読者:675 人 文字数:1703字 お気に入り:0人
[削除]

Move on, my frined.

「天はもう、俺から学ぶことをやめた方がいいね」
楽屋で突然そう言われて、内緒だよと言われて見せてもらっていた台本から顔を上げる。Re:valeの百は肘をつきながら窓を眺めて緊張した風もなく、けれども大事な話だと言外に伝える声でそう言った。芸能界ではよく聞く声だ。目の前の彼とその相方は、アメリカから帰ってくるたびに一流のアイドルの顔になっていく。
それに伴う先輩諸氏のくだらないいじめや、同時期にデビューしたグループ達のやっかみは言うまでもない。けれどもそれを物ともせず、Re:valeはトップアイドルへの階段を段飛ばしで駆け上がっていった。何かに取り憑かれたような、狂ったような速さだった。確かにそれは数年後自分に降りかかるであろう状況で、そこから学ぶべきことは多かった。けれども彼がそういった話をしようとしている訳ではないことは、天にもよくわかった。
「百さんから学ぶべきことは、まだたくさんあると思ってますよ」
「天に褒められると照れちゃうな」
そんな自然な笑顔が楽屋で出てくることが、天が学びたいと思っていることなのだ。安々とは剥がれないアイドルのトップコート。Re:valeの百は、Re:valeに必要とされる百であり続ける。楽屋や打ち上げといった下準備や後片付けは、寧ろ彼の輝きが活きる場ですらある。本番はユキに助けられてばっかりだからね、と明るく言ってのける。それは真実でないと、周りの誰もが知っている。
手慰みにペンを回しながら百は問う。
「天は今いくつだっけ」
「17です」
若いねと、そう言われるのではないかと反射的に身構えていた。近頃では誰もがそうやって、九条鷹匡の隣に立つ天を目先だけ心配する振りをして、侮っては立ち去っていく。今に見ていて。しかるべき時がきて、しかるべき人物が隣にくれば、貴方達なんて影も見えないほど遠くまで追い越していくから。
しかし六歳年上の先輩は、ペンを机に置いて、それから慈しむように微笑んだ。
「17は、いい歳だね。一生憧れられるものが見つけられる年齢だよ」
彼が17の時に見つけたものなんて聞くまでもない。憧れというものは抱いたことがないけれど、ひょっとしたら目の前の人物に抱いてるものこそがそれに近いのかもしれない。百は足を組み替えて、今度は天を正面から見据えた。
「天は何のためにアイドルになったの?」
テレビ向けの回答では、誤魔化せないと思った。
「……僕のファンのためです」
嘘はついてない。自分と一緒に生を受けた、一番最初のファンのため。今頃どうしているのだろう。喘息は少しは落ち着いただろうか。学校にはきちんと通えるようになっただろうか。兄がいなくなって、毎日寂しがってなどいないだろうか。もう二度と会うことはできなくても、早くアイドルとしての自分の姿を届けたい。
「そっか」
彼はそれ以上何も聞かない。そういうところが、大人だと思う。
「俺は俺のアイドルのためだよ」
「会った時はアイドルではなかったでしょう」
「そうだね。俺がアイドルにした」
うん、小さく俯いた彼からはアイドルとしての塗装が少し剥がれた。この人は知らない。彼とその相方がここにいる元凶を。自分の養父がしたことを。そのことを思うたびに少し胸が痛む。それを知ってもなお、この人は自分に笑いかけてくれるだろうか。
「天にももうすぐ、隣に立ってくれるすてきあいな仲間ができるよ」
「仲間、ですか」
できるだろうか、自分にも。彼とその相方みたいに、信頼しあって、どこまででも走り続けられる、そういう仲間が。
「できるよ。勿論そうしたら、Re:valeは可愛い後輩の天をサポートしてあげる。でも、俺から学ぶのはやめた方がいい」
偽物だから、そう聞こえた気がするけれど真意はわからなくて、聞こえなかった振りをする。それが大人の作法だと思っていた。
「俺は天と友達になりたいな」
差し入れのお菓子をはい、と渡される。抹茶味は少し苦手だったけれど、それを受け取った。憧れに似た感情は殺された。けれども立ち止まれば蹴落とされるこの一本道の泥沼のような芸能界で、天には初めての友人ができた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:限りなく透明に近い部屋 制限時間:30分 読者:89 人 文字数:1199字 お気に入り:0人
「えー!コラボ!?」驚きの声が各所で上がる。番組の企画ではなく、コラボなんて初めての事だ。その驚きには当然、喜びも含まれている。「したら、リスポん時みてーにミツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:許されざる汗 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1347字 お気に入り:0人
恐れを知らないってことは、本当に怖いことだ。そんな当然のことにすら気づかないまま、日々を過ごしていた。ある日目の前にドンと置かれた恐怖に、立ちすくむまでは。「さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:日本略奪 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1388字 お気に入り:0人
こんなに、魅力的なものをいくつも持っていながら、ひけらかすこともせず、ただ自然にあろうとする。それを捻じ曲げてしまったことを知っているから、後ろめたさがあった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:真実の豪雪 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:1485字 お気に入り:0人
幼い頃の、希望の光。きらきらと光っていたのは、憧れの思い。そして、輝かせてくれたのは。「…えへへ。」「どうしたの、いきなり。」「いや、つい。嬉しくって。」オレの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:スポーツの場所 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1452字 お気に入り:0人
気づけばいつも、身体を縮こませて、自分を小さくしていた気がする。僕の色々な後ろめたさがそうさせるのだろうけれど。でも、それではいけないと、奮い立たせてくれたのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:禁断のお尻 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:1672字 お気に入り:0人
人より劣っている、と思っていたから。全力で取り組んだし、それを言い訳にしたくなかった。だから、それは今でも変えちゃいけないスタンスだと思うし、全力で、一生懸命頑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:真紅の怒りをまといし小説トレーニング 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
いい加減に見えて、その実、誰よりも人のことを見ている。それは当初、自己防衛のためだったのかもしれないけれど、今となっては、あの人の最大の武器になっているのかもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:トカゲの儀式 制限時間:30分 読者:60 人 文字数:1341字 お気に入り:0人
きっとこの人は、恵まれていたんだろうと、勝手に思っていた。オレは、そういう人が羨ましくて、それから、自分を振り返って悔しくて。何も知らないってことは、自分を嫌な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:最後の真実 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1707字 お気に入り:0人
どうしても、隠しておきたいこともある。それは、何のためなんだろうか。誰かのためと嘘をついた、自分のために。「一織くん、それは。」「っ、何でもない、ですから。」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:部屋とYシャツと錬金術 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:1540字 お気に入り:0人
「なにこれ。」俺の部屋に入ってきた相手の第一声はこれだった。そんでもって、次の瞬間すっげー眉間にしわを寄せて、大声を出そうと思ってとどまって、噛み締めるようなし 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
untitled ※未完
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:思い出の蟻 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:316字 お気に入り:0人
蟻の巣穴に水を流し込む。残酷といえば残酷な遊びだが、それが面白く思える年頃というのは確かにある。当時の俺は、まさにそういう年頃だった。――そうか。きみはそうやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:楽観的な土 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:227字 お気に入り:0人
ひでりのときはなみだをながし。さむさのなつはおろおろあるき。そんな神さまでは、ありたくなかったのだけれど。涸れた田んぼと、枯れた稲たちの前で。私は村のひとたちに 〈続きを読む〉