ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:穢された計算 制限時間:15分 読者:221 人 文字数:1818字 お気に入り:0人
[削除]

あんこは・・・うまい。

「うーん、」

歌仙兼定は、先ほどほつれを直したばかりの真っ白だったはずの鶴丸の衣装を見て、どうしたものかと困り果てていた。

少しお茶を飲もうかと、その部屋を離れている間に、汚れやほつれ、きれいにしたはずだった真っ白なそれが、なぜだか、
茶色の何かで汚れていた。

が、誰もいないし、


「・・・あぁ、僕の計算が台無しだ・・・」

せっかくいろいろと気をまわして、普段やんちゃばかりをする彼だが、彼なりに努力をしているとねぎらうつもりだったのに、
これでは僕がやらかしたも同然じゃないか。

誰なんだこんなことをしたやつは。

とにかく固まっていても仕方ないと、慎重に持っていた湯呑を少し離れたところにおいてそこへと座り、机の上に置いてあったその衣装の
汚れたところを見る。

「・・・・あんこか?」

甘い匂いがし、近づいてみるとどうやらあんこがついているらしいことがわかった。
茶色だと見えていたそれは、どうやらつぶあんだったらしい。

それにしても誰がこんなこと、と普段お菓子をよく燭台切光忠に作ってもらってはいろんなところで食べているのを見かける短刀を
思い出す。

が、さすがにそれだけで彼らのせいだとするのは早すぎるだろう。
それに、そういう子たちは基本黙っていられなくなって誰かしらから謝ったほうがいいといわれて、素直に出てきてくれるのだ。
間違ってもこんな黙っていなくなる、ということはないだろう。
粟田口は、品がいいから一期一振に言われ、きちんと座って食べろと言われているし、ほかの短刀も多少やんちゃなところはあるが、
にしてもこんな僕がお茶を汲みにいった少しの間にここにきて、すぐいなくなるなんてことは逆にないだろう。

頭を悩ませため息をつきながらも、早急にそのあんこをこすらないように丁寧に手拭いでぬぐうが、やはり少ししみになってしまい
そうなそれに、頭を抱えながら立ち上がりそれをもって早急に水洗いしよう、と
心に決め障子をあけて外に出ると

何やら顔をしかめ、いつにもましてぶつぶつと何かをつぶやきながら思いふけった様子の俱利伽羅に出くわした。


「・・・っ・・・!!?」

廊下を行ったり来たりしていた倶利伽羅は僕に気づかなかったようで、ぶつかりそうになって慌てて顔を上げたと思ったら僕の手元と
僕の顔を見てさらにびくっと驚いた顔をした。

と思ったら急にうつむいて、うろたえた様子を見せ始め、倶利伽羅らしくもない態度に頭をひねる。

この様子は・・・・。

どうしても今の出来事に絡めて考えてしまう自分に、まずは倶利伽羅に確認だ、と思い

「もしかして、この衣装について何か心当たりがあるのか?」

と尋ねる。

するとまたびくっと反応した倶利伽羅が珍しくたどたどしく顔を上げ、こちらを申し訳なさそうにしながら見た。
とはいっても、この衣装を気にしているというよりは、いつもの僕の怒号が落ちないかどうか、気にしている様子だ。
まぁ、今回のことは、僕がみんなが来るかもしれない部屋で縫物をして、それを放ったらかしにして少しでも離れてしまったことにも
原因があるからそこまで怒るつもりはないんだけどね。
実際こうやって話そうかどうかちゃんと迷ってくれていたみたいだし、実際うちの連中が何をしでかすかわからない連中だとわかってい
ながらもこんなものを放置しておいた僕も僕だ、相手が相手なら、いつも鶴丸に驚かされているからとまたとんでもない仕返しもして
いたことだろう。

「今回のことは僕も悪い。

鶴丸には、ちゃんときれいにして返しておくよ」


まぁ不注意は誰にでもあることだ、と詳しく聞かずとも状況を把握した僕がそういうと倶利伽羅は一言だけ、
悪い、
と言って僕から背を向けた。

「・・それにしても、君があんこだなんて珍しいね?

この様子だとおはぎ・・・かな?」

光忠くんが作ってくれそうなあんこのものと言ったら・・・落ちるぐらいだから、おはぎだろうけど、それにしても不注意は不注意でも
倶利伽羅がそんな不注意をするほど夢中になってそれを食べていたというのも不思議な話だ、と少しだけ気になって聞くと

「・・・・・ずんだだけじゃない、・・・おはぎも好きになった」

そうつぶやいた倶利伽羅のうっすらとした笑みに、


僕もつい汚れた衣装のことも忘れそうになりながら笑ってしまったのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:羽白@白鮭 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:灰色の僕 制限時間:15分 読者:160 人 文字数:905字 お気に入り:1人
髭膝習作。安定のメリバ(SS)「兄者」 そう言って僕を呼ぶ弟を認識するといつも他の……多分幻聴にかき消される。それは友切の頃の記憶であったり、分かたれたばかりの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:羽白@白鮭 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:腐った猫 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:985字 お気に入り:0人
※救われない「兄者、それはどうした。」 本丸でこそこそと動いていたらふと弟に話しかけられた。とはいえ弟はもともと僕の行動に敏感だったから隠し通せるなどと思っては 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:私の仕事 制限時間:15分 読者:341 人 文字数:556字 お気に入り:0人
※歌さに、闇落ちした刀の破壊。 目前に立つは、何度見ても愛しきこの本丸の一口。されど彼が翳すのは忠義でなく、煌めく黒い刃。「主は後ろに」 審神者の傍に、彼が在っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:帝王の狂気 制限時間:15分 読者:258 人 文字数:578字 お気に入り:0人
※男→←審←←←歌、殺害 彼は、王だった。「何でも僕に相談してくれ」 歌仙兼定は初期刀だった。就任したての審神者を導き、この本丸を形成した。内番の当番表、戦闘の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:恋の諦め 制限時間:15分 読者:365 人 文字数:555字 お気に入り:0人
※歌さに(男←審←歌)、殺害、死体 審神者に男が居ると知った時。諦めよう、と思った。「でも、無理だったなあ」 審神者の頭部を抱えて歌仙兼定は笑う。体はどこかへ捨 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:不本意なゲーム 制限時間:15分 読者:426 人 文字数:827字 お気に入り:0人
※へし歌へし、死ネタ。 かり、かり。爪をやする音。「刀でも爪は伸びるんだな」 へし切長谷部がふと零す。ここは歌仙兼定とへし切長谷部の部屋。狭くなってきた本丸で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:殺された爆発 制限時間:15分 読者:377 人 文字数:728字 お気に入り:0人
「無念だ」 審神者の死骸が転がる庭にて、歌仙兼定は物思う。天候は曇り。なれど辺りは嫌に明るい。燃える本丸。木と肉と骨の焦げた臭い。風流とは程遠い。「貴様らにこの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:素人の抜け毛 制限時間:15分 読者:348 人 文字数:808字 お気に入り:0人
廊下をすれ違いざま。へし切長谷部の鼻腔からぴんと一本の毛が生えていることに気がついた。「君、鼻毛が出てるよ」 歌仙兼定は、取り敢えず声をかけてやる事にした。あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:苦い愛人 制限時間:15分 読者:443 人 文字数:689字 お気に入り:0人
※へし「歌仙兼定」 妙に冷たいへし切長谷部の声。「……はいはい」 ああ、これは抱くか抱かれろと言っている声だ。気付いて明日は自分が非番だった、と身を任せる。間髪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ささ@絵垢 ジャンル:刀剣乱舞-ONLINE- お題:これはペンですか?違うわ、それは喜劇 制限時間:15分 読者:466 人 文字数:794字 お気に入り:0人
※腐向け、にっかせ、みんな死ぬ。 カリカリ。カリカリ。真夜中に響き続ける小さな音。「何を書いているんだい?」 それはペン先が紙をひっかく音。にっかり青江はその音 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉