ジャンル:デッドライジング お題:小説の中の銀行 必須要素:コショウ 制限時間:15分 読者:206 人 文字数:1141字 お気に入り:0人

地獄の2304時間

 強すぎる人型対ゾンビ兵器、フランク・ウェストがウィラメッテのショッピングモールに降り立って九十六日目。
 途中なんやかんや(※特殊部隊が制圧に来たり、国家ぐるみの陰謀の臭いがしたりetc...)あったが、とりあえず片っ端からぶっ倒してやることがなくなったため、今日もモールで食糧を漁りつつ、デコピンだけでゾンビを倒すという縛りプレイに興じていた。
 そんな強すぎる人類、フランクさんの最近の悩みは、モール生活に対する飽きと、食糧不足だった。
 始めの頃こそ、ゴミ箱をひっくり返したり、展示品の衣服を着てみたりと心がワクワクしたものだが、段々犯罪チックな行為にエスカレートし、意味もなくレジスターをぶん投げてみたり、食料品をゾンビに投げつけてみたり(これは後でめちゃくちゃ後悔した)、女装してみたり生存者を○してみたりしたが、正直九十六日目にもなるとさすがに飽きた。
 なので、フランクさんは雑誌以外は読まない主義だったが、最近は書店から拝借してきた小説を読んでいた。これが存外楽しい。
「おおぅ、そこで銀行強盗かよ! 俺だってそこまではやらないぜ!」
 しかし、レジスターを破壊して、どうせ店主はもうゾンビになってその辺を歩いているか自分が殺したし、と紙幣を何枚かくすねたことはある。
 歩きながら視線は書籍に釘付けだが、最近は歩いているだけで周囲に攻撃判定が出るスキルを身に着けてしまったため、問題はない。
 フランクさんが顔を上げたのは、元ハンバーガー屋だった建物に着いてからだった。
 一通り店内を見回すが、自分以外は二種類の人間――歩く死体かあるかない死体しかいないこのモールで、まさか熱々のハンバーガーなんて現れるわけもない。
 仕方なく、ケチャップを掴んで飲み干した(※ちゃんとライフが回復しているのがポイント)。
 そんな(本来回復アイテムではない)ケチャップすら、もういくらもない状態だ。
「これじゃあゾンビじゃなくても腹が減るぜ」
 そういって、つまらなそうに傍にあった小瓶を掴んだ。それは、コショウの瓶だった。
 自分に対して無数に存在する未来の姿を見通す力すら手に入れた最強の人類、フランク・ウェストは様々なゲームタイトルとコラボする自分の姿に想いを馳せた。
「そう言えば、コショウで戦う刑事(デカ)がいるらしいな」
 試してみるか。そう思って、手近なゾンビの群れに向かってコショウを振った。
 コショウの粉は、ショットガンの弾と化してゾンビの群れを打ち砕いた。
 ふん、とつまらなそうにコショウの小瓶をポケットにしまってから、フランク・ウェストはかつてモール内にかかっていた陽気な音楽を口笛で再現しながらハンバーガー屋を後にし、モールの中へと消えて行った。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

墨鴉の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:墨鴉 ジャンル:真・三國無双 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い お題:秋の悪役 必須要素:繊細な心理描写 制限時間:30分 読者:167 人 文字数:1004字 お気に入り:0人
「太史慈殿! 太史慈殿!」「いかがされた、呂蒙殿。おまえがそこまで取り乱すのも、珍しいものだな」「どうもこうも、たった今張遼がやって来たのだ」「ほう。元は呂布の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:墨鴉 ジャンル:私がモテないのはどう考えてもお前らがわるい!! 真・三國無双 お題:小さな痛み 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:191 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
ブラウザを開いて、まとめサイトを見ながら内心でツッコミを入れる、という青春の無駄遣いをしていた時、ふと最近「モテ」へのアプローチが思い付かないことに気付いたん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:墨鴉 ジャンル:デッドライジング お題:小説の中の銀行 必須要素:コショウ 制限時間:15分 読者:206 人 文字数:1141字 お気に入り:0人
強すぎる人型対ゾンビ兵器、フランク・ウェストがウィラメッテのショッピングモールに降り立って九十六日目。 途中なんやかんや(※特殊部隊が制圧に来たり、国家ぐるみ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:墨鴉 ジャンル:私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! お題:私が愛したサーカス 必須要素:「うー遅刻遅刻!」 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:945字 お気に入り:0人
我らがヒロイン、もこっちは学校へ向かって早足で駆けていた。 昨晩、買ったばかりの乙女ゲーが存外に面白くなかったため、就寝にほどよい時間を過ぎているにも関わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:墨鴉 ジャンル:真・三國無双 お題:ひねくれた想い 必須要素:白トリュフ 制限時間:15分 読者:225 人 文字数:480字 お気に入り:0人
曹操が「トリュフが食べたい。白いやつ」と言ったため、魏の配下たちは馬を走らせ、張遼は真の武を極めんとし、トリュフを探して各地を駆け回っていた。 曹操のトリュフ 〈続きを読む〉