ジャンル:アイドルマスターsideM お題:走る失敗 制限時間:30分 読者:359 人 文字数:536字 お気に入り:0人

【雨クリ】星に溶かせぬ想い ※未完

【雨クリ】

満天の星々を見上げながら葛之葉は小さく息を吐く。溜息と呼ぶには軽く、呼吸と呼ぶには重い息が一瞬視界の端を白く染めて消えた。
何か起きたら星を見上げるのは葛之葉の幼いころからの癖だった。良いことも悪いことも星々に溶かしてまっさらな心持ちになる。そうして再度見上げれば自分の成すべきことがわかるような気がした。

今日も同じように、一度星々で染め上げた視界をそっとはずした。普段ならばそこで落ち着く気持ちが今日はなぜだか冴えない。溶かし切れていないのだろうかと自身の抱いた感情に苦笑する。まさか、この年になって恋煩いをするとは思ってなどいなかった。再度見上げた星々は何も答えてはくれなかった。

さて、どうしたものかと葛之葉は内心苦笑する。自分の感情に気付いたのが数日前の話。いつものように星でも見れば落ち着くだろうと思っていたが、ここまでとは。この数日間、平常心を装っていたがどうにもすべてがうまくいかなかった。普段ならしないような細かい失敗を幾度も重ね、ほとんどは誰かに感づかれる前に自分で回収したものの、いくつか拾い損ねたものをほかのやつに拾ってもらったのは葛之葉にとっては大きな失態であった。


(続かない!)

(三人称一人称ごっちゃになってる…)

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:捨てられたパイロット 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:773字 お気に入り:0人
漂流してから52時間が経過しようとしていた。否、正確には、通信機の不調で母艦の座標が特定できなくなり、訓練生時代に座学で習った漂流時マニュアルを思い出して内蔵ラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説家たちのサーカス 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:688字 お気に入り:0人
冬馬の家には恋人の伊集院北斗が暮らしているが、翔太の家にも、御手洗家の次女の婚約者として北斗が暮らしている。二重生活ではない。それぞれの家の伊集院北斗は、それぞ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:かゆくなる夕飯 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:891字 お気に入り:0人
天ヶ瀬冬馬の得意料理はカレーだが、いつもそれしか作らないわけではもちろんない。「……おなかすいたなぁ……」夜中に二公演、仮眠を挟んで明け方からアンコールをもう一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:見憶えのある怒り 制限時間:30分 読者:54 人 文字数:895字 お気に入り:0人
グラスの中で、氷が溶けていくのを見詰めている。何がきっかけでそうなるのか、氷は均一に溶けていくのではなく、氷の山のてっぺんに窪みを作って液体となってそこに貯まり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな ジャンル:アイドルマスターsideM お題:ゆるふわ愛されダンジョン 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1131字 お気に入り:0人
ゆるふわ愛されダンジョンと、ピンクのふわふわした看板が掲げられた迷路の入り口で、冬馬は途方に暮れていた。「早く入ろうよ。冬馬」なんとなく。すごくなんとなく、北斗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:生かされたヒロイン 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:867字 お気に入り:0人
カットの声がかかって、地に倒れ伏した俺は目を開いた。飴で湿ったコンクリートの上。頬に小石が喰いこんで落ち着かない。スタッフの「OKです」という言葉に、身体を起こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:箱の中の恋 制限時間:30分 読者:136 人 文字数:1237字 お気に入り:0人
仕事が終わって、報告の為に事務所に向かう。任された仕事は無事こなしたと、忙しそうにデスクに向かう番長さんにそう告げるために。そんなこと電話の一本入れてしまえばそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:七市 ジャンル:アイドルマスターsideM お題:純白の職業 制限時間:30分 読者:174 人 文字数:433字 お気に入り:0人
くるくると巡る毎日の中、衣装を変え、表情を変え、視線を変える。進む先はいつだって自分の正面。真っ直ぐに前へ、前へ。胸を張って顔を上げて、時に人を魅了する笑顔を浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターsideM お題:空前絶後の小説 制限時間:30分 読者:352 人 文字数:1623字 お気に入り:0人
先生はいつも本を読んでいる。読 んでいない時もないことはないが、基本的には本を読んでいる。 先生は熱心な読書家だ。いつだって本を手放さない。手放さ過ぎて、たまに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ざくP ジャンル:アイドルマスターsideM お題:女の旅行 制限時間:30分 読者:886 人 文字数:873字 お気に入り:0人
前日に準備はしていた。朝は朝食の一時間前には目覚めて、身支度もある程度整えておいた。それでもシーツを整え、歯を磨いて髪を纏めなおした頃には時間ぎりぎりだった。 〈続きを読む〉

みりんPはレジェという深海に沈むの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:走る失敗 制限時間:30分 読者:359 人 文字数:536字 お気に入り:0人
【雨クリ】満天の星々を見上げながら葛之葉は小さく息を吐く。溜息と呼ぶには軽く、呼吸と呼ぶには重い息が一瞬視界の端を白く染めて消えた。何か起きたら星を見上げるのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:小説の宿命 制限時間:15分 読者:293 人 文字数:466字 お気に入り:0人
【雨クリ】机に置き去りにされた本は見覚えのないタイトルだったが古論のものだろうと推察するには難くないものだった。海の本だと一目でわかるタイトル。暇つぶしにちょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:黄金の海辺 制限時間:2時間 読者:346 人 文字数:527字 お気に入り:0人
【雨クリ】「雨彦は、海の色は何色だとお考えですか?」コートを着るには暑く、Tシャツ一枚で動くには寒い季節だった。薄手のシャツの裾とループタイを風に躍らせながら古 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:アイドルマスターsideM お題:明るい修道女 制限時間:15分 読者:571 人 文字数:289字 お気に入り:0人
【せむ】「HEY!ミスターやました、ミスターはざま!見てよこれ!So Cuteじゃない!?」白と黒で作られたシンプルな服の裾をくるりと回ることで翻す。それは所謂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:SOULCATCHER(S) お題:忘れたい扉 制限時間:15分 読者:710 人 文字数:547字 お気に入り:0人
【音奏】屋上への扉はどうしても開けるのに勇気が居る。できることならばもう二度とあそこには行きたくないくらいだ。忘れたくて忘れたくて仕方が無いのに錆びついた扉もひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:SOULCATCHER(S) お題:ありきたりな儀式 制限時間:15分 読者:697 人 文字数:732字 お気に入り:0人
【音奏】儀式としてはずいぶんありきたりなものだと思う。眠ったまま目覚めない、愛しい愛しいお姫様。彼女を起こす、目覚めのキス。「・・・奏馬」相手は女ではないけれど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:SOULCATCHER(S) お題:腐った暴力 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:15分 読者:1203 人 文字数:958字 お気に入り:0人
【奏音】床に叩き付けられた。後頭部と背中がひどく傷む。「どうして、」とつぶやいた彼は泣きそうな顔をしていた。それはこっちのセリフだ。いきなり背負い投げという理不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:近い情事 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:843 人 文字数:773字 お気に入り:0人
【十セレ】彼と私はよく似ている。それは考え方や生き方などもそうだが、なんだろう、根本的な何かが似ているのだ。それは何かと問われたらうまく言葉にできないのだが。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:SOULCATCHER(S) お題:部屋とYシャツと探偵 必須要素:首相 制限時間:15分 読者:1044 人 文字数:987字 お気に入り:0人
【天才組】とある日曜日。部屋のテレビから流れる音声はどこかの首相がどこぞの国に訪問したことを告げている。別に興味なんてなかったがこの際気が紛れるならなんだってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みりんPはレジェという深海に沈む ジャンル:ダンガンロンパ お題:暴かれた動機 制限時間:15分 読者:1048 人 文字数:674字 お気に入り:0人
【十セレ】「十神家のため・・・ですわね?」左隣から聞こえる凛とした声が死刑を宣告する。殺害方法は暴かれた。自分が加害者だと見抜かれた。そして、その動機すら暴かれ 〈続きを読む〉