ジャンル:刀剣乱舞 お題:光の始まり 制限時間:30分 読者:524 人 文字数:861字 お気に入り:0人

いちなき ※未完

 眩い光に目を開ければ、そこにいたのは顔の半分を面頬で隠した少年と狐だった。
「はじめまして、私は」
「一期、一振……」
 驚きに見開かれていた目は次第に喜びが乗り、そして嬉しそうに細められた。
「ずっと、待っていたんだよ。一期の弟たちみんな」
「弟……藤四郎兄弟のことですかな」
 まずは主のもとへと向かうため、本丸内を歩く。先導するのは鳴狐だ。随分と暗い部屋だと思っていたが、どうやら今は夜のようだ。自分の弟たちは皆寝静まっている頃なのだろう。
「鳴狐殿」
「なに?」
「あなたが、この本丸へ呼んでくださったのですか?」
「……違う」
 ゆるりと左右に振られる頭に少し落胆する。彼に呼ばれたような気がしていたのだが、気のせいだったのか。
「呼んだのは、俺だけじゃない」
「鳴狐とわたくし、粟田口の者ら、そしてこの本丸の刀剣たちや主殿。みなが一期一振様をお待ちしていたのですよぅ!」
 饒舌に喋る狐の話に耳を傾ければ、鳴狐は穏やかに微笑み頷いた。
「みんなが一期を望んでいたから……呼んだのは俺だけじゃないよ」
「そうですか。有難い事ですな」
 話しながら歩けば、すぐに主の部屋へと到達した。弟を呼んでくると言い残し立ち去るその背は小さく、儚げだ。思わず伸ばしかけた手を引き、主が待つ部屋へ足を踏み入れた。

 * * *

「鳴狐殿!」
「一期……。全員と、話はできた?」
「ええ。みな気立ての良い子らだと、再確認できました」
「そう」
 粟田口の弟たちは皆良い子らだった。笑いあう彼らに癒され、兄と慕われる嬉しさと面映ゆさは心を高揚させるものである。弟たちが寝静まる頃になっても眠れず、縁側で月を眺める程度には落ち着きが戻らないのだ。
「一期」
「はい、なんでしょう」
「ありがとう。ここへ、来てくれて」
 鳴狐は頭を下げた。白い髪が影をつくる。
「いいえ、鳴狐殿。礼を述べるのは私の方です」
 弟の驚きと喜びに満ちた表情と、この本丸の刀剣の数をみればどれほど待っていたのかすぐに知れた。一期一振という名の兄を彼らは

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ももとか ジャンル:刀剣乱舞 お題:君と教室 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:774字 お気に入り:0人
学校に忘れ物をしたことに気がついたのは、家に帰って宿題をしようとランドセルを開いたときだった。明日提出のプリントがない。ちょっと血の気がひいた。何せお母さんは学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
自己紹介 ※未完
作者:ももとか ジャンル:刀剣乱舞 お題:幸福な経歴 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:518字 お気に入り:0人
朝、目を覚まして、同じ部屋で寝起きしている兄弟たちと挨拶を交わす。布団をたたんで身支度を整える間にも、遅れて目を覚ました虎たちがじゃれて足元にまとわりついてくる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
守り人 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:小さな女の子 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:679字 お気に入り:0人
―とうりゃんせ とうりゃんせ ここはどこの細道じゃ―人間の子供は7歳までは神の子であるという人ならざるものが見え、あまつさえ言葉を交わすことができる者もいるとい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:運命の屍 制限時間:30分 読者:114 人 文字数:517字 お気に入り:0人
※闇落ち「お前達は、この本丸にある運命の屍と云うのを知っているか?これはこの本丸の定め。無ければいけないモノ。これが在るお陰で、俺達は今、自身は刀だと信じて戦っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:2込しめじ@タオル狂 ジャンル:刀剣乱舞 お題:複雑な妹 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:709字 お気に入り:0人
妹と言う存在が如何様なものか、主に問うてみた。自分には可愛い弟が今一人いるのだが、弟と妹ではどう違いを感じるのか、それが知りたかったんだよね。曰く、妹は可愛いも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
朝のめざめ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:軽い王子 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:704字 お気に入り:0人
夢をみていた。なんの夢だったかは覚えていない。夢と現実との境界まで意識が浮上するにつれ、それまであざやかだった夢の景色はじょじょに色褪せていく。深く濃い海の底 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:ちっちゃな失望 制限時間:30分 読者:119 人 文字数:933字 お気に入り:0人
今剣には密かな野望がある。それはずばり、あるじ様の頭を撫で撫でして「きょうもいちにち、おつかれさまです。あるじ様!」と言う、些細な野望だ。しかしそれは、いつもい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逆スーモイケメン(仮)Hey!You!!(「・ω・)「(光伽月) ジャンル:刀剣乱舞 お題:強い仕事 制限時間:30分 読者:113 人 文字数:352字 お気に入り:0人
「光忠、背後頼む…ッ、!!」「お~けぃ、任せて!」率先と前へと進んでいく2振。息の合った走りと信頼感を見せるような掛け声。2振がいたおかげなのか、他の部隊の奴ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:144 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:やば、平和 制限時間:30分 読者:142 人 文字数:726字 お気に入り:0人
花を愛で茶を嗜み酒を嗜み風雅を嗜み、ゆたりとした本丸生活は刀剣男士の心にゆるりとした時間を過ごさせた。時には喧騒もありだ。短刀たちのきゃらきゃらと楽しげな声、一 〈続きを読む〉

ろと@1/27東7W22aの即興 二次小説


ユーザーアイコン
ダグキリ ※未完
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:でかい任務 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
普段は地道な捜査が多いこの特殊部署も、たまには大きい案件もある。例えばそれが以前あったような市長候補の人質誘拐事件だったり、エスペランサのアジト襲撃だったり、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:軽い曲 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
「そこのお嬢さん。リクエストは?」「えー俺ぇ? んーじゃあ何か明るいやつ! ぱーってハッピーになれそうなの! ていうか俺お嬢さんじゃねえよ」「了解です!」 なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デリミラ ※未完
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:彼女が愛した何か 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1252字 お気に入り:0人
「何が好き?」「将来の夢は?」「これからやりたい事は?」 そんな風に誰かから訊かれる事は、これまでの人生で数多くあった。転々と変わるアルバイト先で、少しでも仲良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:意外!それは百合 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:1188字 お気に入り:0人
「ユリってさ、やっぱり百合の花が好きなのか?」「……名前に入っているから?」「うん。やっぱり名前に入ってるものって目につきやすいし、人からもよく貰ったりしない? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:疲れたピアノ 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1170字 お気に入り:0人
ピアノの旋律が遠く聞こえる。人々のざわめきと、煌びやかなイルミネーションも建物の隙間から見えた。おそらく、どこかでクリスマスパーティーでも行われているのだろう。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:10の水たまり 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1241字 お気に入り:0人
昨夜遅くから降り始めた雨が今日の昼にようやく止んだ。とはいえ、空は分厚い雲に覆われたままで、ふたつの太陽からの光は弱く遠い。いや、ひとつはそもそも太陽ですらな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:恥ずかしい血痕 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1522字 お気に入り:0人
「ううーん……いや、でもなあ……」「おはようございま……どうしたの? デリックさん」「ああ、ミラ。おはよう」 いつも通りにバーの扉を開くと、店長は頭を抱えて唸っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:3月の虫 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1076字 お気に入り:0人
例えばこの少しばかり小さくて、誰よりも明るく輝くこの相棒が何の変哲もない人だったとしても。多くの人がそう誤解するように、ただ頭が悪いだけの人物だったとしても。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
鍵が壊れた話 ※未完
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:純粋な話 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
確か、世間話の一環だったのだ。いつものように客のいない店内で、他愛のない会話をしていた。そんな時間も自分は結構好きだし、穏やかな時間という物は悪くない。そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
マクユリ ※未完
作者:ろと@1/27東7W22a ジャンル:DD! お題:壊れかけのクリスマス 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1083字 お気に入り:0人
少しだけ、気が早いけれど。メンテナンスで家を空ける前にクリスマスの飾りつけをしようと提案したのは私の方だった。「良いね。今日は買い物する予定だったし、新しくで 〈続きを読む〉