ジャンル:刀剣乱舞 お題:光の始まり 制限時間:30分 読者:479 人 文字数:861字 お気に入り:0人

いちなき ※未完

 眩い光に目を開ければ、そこにいたのは顔の半分を面頬で隠した少年と狐だった。
「はじめまして、私は」
「一期、一振……」
 驚きに見開かれていた目は次第に喜びが乗り、そして嬉しそうに細められた。
「ずっと、待っていたんだよ。一期の弟たちみんな」
「弟……藤四郎兄弟のことですかな」
 まずは主のもとへと向かうため、本丸内を歩く。先導するのは鳴狐だ。随分と暗い部屋だと思っていたが、どうやら今は夜のようだ。自分の弟たちは皆寝静まっている頃なのだろう。
「鳴狐殿」
「なに?」
「あなたが、この本丸へ呼んでくださったのですか?」
「……違う」
 ゆるりと左右に振られる頭に少し落胆する。彼に呼ばれたような気がしていたのだが、気のせいだったのか。
「呼んだのは、俺だけじゃない」
「鳴狐とわたくし、粟田口の者ら、そしてこの本丸の刀剣たちや主殿。みなが一期一振様をお待ちしていたのですよぅ!」
 饒舌に喋る狐の話に耳を傾ければ、鳴狐は穏やかに微笑み頷いた。
「みんなが一期を望んでいたから……呼んだのは俺だけじゃないよ」
「そうですか。有難い事ですな」
 話しながら歩けば、すぐに主の部屋へと到達した。弟を呼んでくると言い残し立ち去るその背は小さく、儚げだ。思わず伸ばしかけた手を引き、主が待つ部屋へ足を踏み入れた。

 * * *

「鳴狐殿!」
「一期……。全員と、話はできた?」
「ええ。みな気立ての良い子らだと、再確認できました」
「そう」
 粟田口の弟たちは皆良い子らだった。笑いあう彼らに癒され、兄と慕われる嬉しさと面映ゆさは心を高揚させるものである。弟たちが寝静まる頃になっても眠れず、縁側で月を眺める程度には落ち着きが戻らないのだ。
「一期」
「はい、なんでしょう」
「ありがとう。ここへ、来てくれて」
 鳴狐は頭を下げた。白い髪が影をつくる。
「いいえ、鳴狐殿。礼を述べるのは私の方です」
 弟の驚きと喜びに満ちた表情と、この本丸の刀剣の数をみればどれほど待っていたのかすぐに知れた。一期一振という名の兄を彼らは

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:運命の屍 制限時間:30分 読者:53 人 文字数:517字 お気に入り:0人
※闇落ち「お前達は、この本丸にある運命の屍と云うのを知っているか?これはこの本丸の定め。無ければいけないモノ。これが在るお陰で、俺達は今、自身は刀だと信じて戦っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:2込しめじ@タオル狂 ジャンル:刀剣乱舞 お題:複雑な妹 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:709字 お気に入り:0人
妹と言う存在が如何様なものか、主に問うてみた。自分には可愛い弟が今一人いるのだが、弟と妹ではどう違いを感じるのか、それが知りたかったんだよね。曰く、妹は可愛いも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
朝のめざめ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:軽い王子 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:704字 お気に入り:0人
夢をみていた。なんの夢だったかは覚えていない。夢と現実との境界まで意識が浮上するにつれ、それまであざやかだった夢の景色はじょじょに色褪せていく。深く濃い海の底 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:ちっちゃな失望 制限時間:30分 読者:71 人 文字数:933字 お気に入り:0人
今剣には密かな野望がある。それはずばり、あるじ様の頭を撫で撫でして「きょうもいちにち、おつかれさまです。あるじ様!」と言う、些細な野望だ。しかしそれは、いつもい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逆スーモイケメン(仮)Hey!You!!(「・ω・)「(光伽月) ジャンル:刀剣乱舞 お題:強い仕事 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:352字 お気に入り:0人
「光忠、背後頼む…ッ、!!」「お~けぃ、任せて!」率先と前へと進んでいく2振。息の合った走りと信頼感を見せるような掛け声。2振がいたおかげなのか、他の部隊の奴ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:101 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:やば、平和 制限時間:30分 読者:104 人 文字数:726字 お気に入り:0人
花を愛で茶を嗜み酒を嗜み風雅を嗜み、ゆたりとした本丸生活は刀剣男士の心にゆるりとした時間を過ごさせた。時には喧騒もありだ。短刀たちのきゃらきゃらと楽しげな声、一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている犬 制限時間:30分 読者:119 人 文字数:802字 お気に入り:0人
バタバタと忙しない足音が、近づいてくる。何だ?と一期一振は首を傾げる。これが万が一、自身の兄弟たちであれば理由を聞いた上で場合によっては叱らねばなるまい。そう思 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:子供のにおい 制限時間:30分 読者:79 人 文字数:1209字 お気に入り:0人
軽い足取り。パタパタと忙しなく右左。今日も元気に賑やかだ。珈琲が美味い。「つるまる、またさぼってる!」小さな体躯で、胸を張って怒る仕草は微笑ましく茶色の髪がふわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
春の美 ※未完
作者:からすうり ジャンル:刀剣乱舞 お題:美しい整形 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:750字 お気に入り:0人
桜の花びらが舞う。ほのかに甘い香りが鼻腔に辿り着く。体感する温度は寒気とは違い、温く巨躯を包んでいく。なるほど、これが春か。「とうとう一巡りしたな」弾んだ声。そ 〈続きを読む〉

ろと@そろそろ原稿の即興 二次小説


ユーザーアイコン
櫂アイ 夏 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:ヴァンガ【腐】 お題:犬の夏 必須要素:個室 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1142字 お気に入り:0人
いつものようにカードキャピタルでファイトをしていた午後の事だ。いつもより少し落ち着かない様子のアイチは、ファイトが終わるとおもむろにチラシを取り出した。「ふれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:ヴァンガ お題:女の傘 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1225字 お気に入り:0人
「アイチぃ! 今日、夕方から雨が降るかもしれないんだって。だから、折り畳み傘持っていきなさいってお母さんが……アイチ? ちょっとアイチ! 待ってよ、傘は?」「ご 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
床下調査 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:安コ お題:隠された床 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:926字 お気に入り:0人
例によって例のごとく、事件を引き寄せる体質の少年は遊びに出掛けた先で事件に遭遇していた。それ自体はよくあることのようで、彼本人は大して驚く事もなければ、むしろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:はかとん【腐】 お題:淡い馬鹿 制限時間:30分 読者:93 人 文字数:1003字 お気に入り:0人
同居人の馬場はけして頭が悪いわけではない。むしろ逆だ。殺し屋としても探偵としても、その観察眼は誰にも勝るものであるし、頭の回転も速い。知識量も広く深いが、物覚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:はかとん【腐】 お題:素朴な神話 制限時間:30分 読者:95 人 文字数:1087字 お気に入り:0人
『人は皆、神様に愛されて生まれてくるのよ。この世界の理はすべて、神様が決めた道筋であり、運命によって組まれているの。実はね、広い宇宙の過去も現在も未来もすべて最 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:はかとん【腐】 お題:くさい理由 制限時間:30分 読者:127 人 文字数:1139字 お気に入り:0人
「何なんだよアイツは」「何って……何が?」「馬場だよ。くさくて仕方ないんだ」「体臭の話? そりゃあ、成人男性だもん。運動した後に汗と混じって臭いが発生するのは仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
馬林 ※未完
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:博多豚骨ラーメンズ お題:有名な恋人 制限時間:30分 読者:261 人 文字数:1001字 お気に入り:0人
殺し屋にとって、知名度というものは必要不可欠らしい。フリーランスであれば猶更。そういった意味合いで考えれば、「にわか侍」として名をはせている馬場はある種一流の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:博多豚骨ラーメンズ お題:ぐふふ、嵐 制限時間:30分 読者:218 人 文字数:1090字 お気に入り:0人
今日はお互いに仕事が入っていて、朝食の後はそれぞれ別の場所へ向かった。方や探偵、片や殺し屋という内容ながらどちらもそれ程難しい案件でもなく昼過ぎには帰宅できる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:コードギアス お題:商業的な悪魔 制限時間:30分 読者:287 人 文字数:1641字 お気に入り:0人
悪魔はその美しい姿で人々を魅了し、そして堕落へと誘い込む。時には人だけでなく、天使さえも騙して引き摺り落とすのだとか。「それで、悪魔か……」「お前にはよく似合っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろと@そろそろ原稿 ジャンル:モブサイコ100 お題:今度のドア 必須要素:タイトル「ただ、助けたかっただけなのに」で書く 制限時間:30分 読者:111 人 文字数:1458字 お気に入り:0人
「ただ、僕は僕のできることをしたかっただけです」 多分、僕はこの人のことが好きなのだ。どうしようもなく。己の力を過信しているわけではないが、口八丁ですべてを上手 〈続きを読む〉