ジャンル:アイドリッシュセブン お題:気持ちいい潮風 制限時間:15分 読者:451 人 文字数:1611字 お気に入り:0人

マスカレイドには程遠い ※未完


「大和くんはいいよね」
「……、はあ……?」
 何故、自分は今、この男の不機嫌を正面から食らわねばならないのだろう。二階堂大和は向かい合って座る十龍之介の仏頂面を細い目で見ながら曖昧な返事をした。ほんのりと龍之介の頬が赤いのは、彼が手にしているジョッキのせいだろうと考えながら、大和も自身が持つグラスに視線を落とした。
「俺だって、MATSURIやりたかった」
 ずず、と鼻をすする音がする。それを聞いた瞬間、彼と目を合わせてはいけないと本能で察した大和はグラスの中身をくいと飲んだ。黄金色の液体が喉を伝わり、炭酸が食道を刺激する感覚――などと、無駄に自分の内に意識を向けてみるものの、正面に座る相手の視線からは逃れられないと、痛感した。何でこうなる、と大和が視線を上げれば、目の端にわずかな雫を浮かべたTRIGGERの十龍之介がいた。

 こうなるに至ったのは、龍之介の軽い誘いから、だった。
「ねえ大和くん、飲みに行こうよ」
「ああ、いいっすよ」
 龍之介と何度か飲んだことはあったが、お互いそれなりに自制してほどほどに酒を楽しんで解散する、というのが普段の二人の飲みだった。何なら、二人きりで飲むということはあまりなくて、間に八乙女楽や和泉三月あたりが入ってわいわいと話をして、というのがほとんどだった。というより、二人で飲んだことなどあっただろうか、というのが大和の印象だった。
 いざ二人で顔を合わせて飲むと、大した会話はできなかった。一応お互いユニットの最年長という共通項はあったので、年下のメンバーについてや互いのユニットのメンバー同士の話――主は、七瀬陸と九条天の話だったが――をしていたような気がする。それから少しずつ大和も龍之介も飲むペースが早くなっていって、そうしたら話も自然と弾むようになっていた。つい先ほどまでしていたバラエティ番組の話で、司会者のあの振りは厳しかっただとか、同じゲストのあのタレントの私服が豪華だっただとか、あの企画はもうやりたくないだとか、そんな、至って他愛のない話ばかりをしていた。
 そこからどうしてか、以前IDOLiSH7とTRIGGERがコラボして組んだユニットの話になり、そして最初の龍之介の台詞へと繋がるのだった。

「まあ……確かに十さんって祭りっぽいっすよね」
 視線に耐え切れなかった大和が、諦めたように龍之介に言う。祭りっぽいって何だよ、と自分の言葉にささやかなツッコミを心の中でいれたタイミングで、龍之介が「そうだよね?!」と謎の同意をしてきた。意味がわからない、と大和が思っている間にも龍之介は顔を覆って大きなため息を吐き出した。
「俺さ……エロだとかセクシーだとかワイルドだとか言われてるけどさ、そんなことなくてさ……正直、壮五君と環君と一緒に立つの場違いだなって思ってた……」
「そうなんすか? 似合ってましたけど、あの仮面」
 悪気のない言葉だった。しかし、その大和の発言が、龍之介にとっては地雷だったらしく、「それだよっ!!」と裏返った悲鳴のような声を上げさせてしまったのだ。そこまで関わったことがないとはいえ、龍之介がそんな声を上げるのは大和の想定外で、思わず身を仰け反るようにして引いてしまった。
「どう考えても俺、ああいうの似合わないじゃん?! ジャケット写真、確かに格好よく撮ってもらったけど本当につらかった! ああいうのは楽がやった方が似合うと思うんだよ!!」
「ぶっ」
 本人としては至って必死なのだろうけれど、龍之介の叫びに大和は思わず吹き出してしまった。思わぬ風評被害を食らった楽がどこかでくしゃみをしているんじゃないか、なんて考えると余計に笑えてしまったのだが、それがさらに龍之介の感情を昂らせた。
「ほら! 大和くんだってバカにする!」
「いやいや……バカにしてないっすよ。ただ、八乙女がやったらって考えたら面白くて」
 

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:あさか ジャンル:アイドリッシュセブン お題:とびだせお天気雨 制限時間:15分 読者:137 人 文字数:285字 お気に入り:0人
物語において、雨に濡れるというシチュエーションは多くの場合絶望的な状況の演出に用いられる。紡が観ていた八乙女楽の出演するドラマも同様だった。八乙女の演じる主人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はやと ジャンル:アイドリッシュセブン お題:たった一つの愛人 制限時間:15分 読者:248 人 文字数:397字 お気に入り:0人
僕の尊敬する叔父は、逢坂家ではとても嫌われていた。だから、あることないことを親戚たちが周りに噂して、叔父の名誉を傷つけていた。「あいつは脱税している」「大馬鹿者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西園寺燐@萌爆弾魔 ジャンル:アイドリッシュセブン お題:どす黒い関係 制限時間:15分 読者:1083 人 文字数:937字 お気に入り:0人
ブラックオアホワイトも終わり、年が明けた。TRIGGERから勝利をもぎ取ったアイドリッシュセブンは新たな道を突き進むことになった。アイドリッシュセブン、センター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドリッシュセブン お題:小説のプロポーズ 制限時間:15分 読者:400 人 文字数:522字 お気に入り:0人
ずっと言いたい言葉があった。 けれど意気地なしな僕はそれがなかなか言えなかった。 ――僕と結婚してください。 たったその一言が言えずに、彼女と七年間の時間を共 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
かわいいひと ※未完
作者:匿名さん ジャンル:アイドリッシュセブン お題:高い悪人 制限時間:15分 読者:330 人 文字数:586字 お気に入り:0人
いつもは僕が待つのだけど、今日は違った。一織くんは僕が出会ってきた中で初めてのタイプだった。僕より待ち合わせ時間には早く居て、僕が思っていても言えないことを彼は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:23世紀の天下の怪盗様の嫁(確定) ジャンル:アイドリッシュセブン お題:天才の境界 制限時間:15分 読者:524 人 文字数:1384字 お気に入り:0人
その少年を見た時。きっと彼は神から与えられた存在なのだろう、と何とも呑気なことを考えてしまったことを、ふと、思い出した。「……オフの時でもさ」 薄い唇が小さく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:限りなく透明に近い部屋 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:1199字 お気に入り:0人
「えー!コラボ!?」驚きの声が各所で上がる。番組の企画ではなく、コラボなんて初めての事だ。その驚きには当然、喜びも含まれている。「したら、リスポん時みてーにミツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:許されざる汗 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1347字 お気に入り:0人
恐れを知らないってことは、本当に怖いことだ。そんな当然のことにすら気づかないまま、日々を過ごしていた。ある日目の前にドンと置かれた恐怖に、立ちすくむまでは。「さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:日本略奪 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1388字 お気に入り:0人
こんなに、魅力的なものをいくつも持っていながら、ひけらかすこともせず、ただ自然にあろうとする。それを捻じ曲げてしまったことを知っているから、後ろめたさがあった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:真実の豪雪 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1485字 お気に入り:0人
幼い頃の、希望の光。きらきらと光っていたのは、憧れの思い。そして、輝かせてくれたのは。「…えへへ。」「どうしたの、いきなり。」「いや、つい。嬉しくって。」オレの 〈続きを読む〉

桃月はドリフェスですの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:ぐふふ、逃亡犯 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:943字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。 事務所の屋上に奏は立っていた。「風が気持ちいいー!」 そう言って、屋上の床に倒れ込んで空を見上げた。青空に風が吹いて、白い雲が早く流れてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:最後の犯人 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1086字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「へ?」「お?」 食堂にやってきた遙人が見つけたのは厨房の中にいる純哉だった。遙人が来たことに気付いた純哉は目をまん丸く開いて遙人の方を見て 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:茶色い雑草 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:914字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「ありがとうございました」 本日もドラマの撮影が入ってた慎は、自分のシーンを撮り終えて頭を下げた。「お疲れ様、慎くん。昨日の公演の後だったけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:かっこいい恨み 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:1059字 お気に入り:0人
武道館翌日。「黒石さん、今日はお疲れ様でした」「ありがとうございました」 取材を終えた勇人はスタッフに一礼して楽屋から出る。今頃圭吾も取材が終わって事務所に向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:かっこいい恨み 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:887字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「おい、圭吾じゃねえか」 タケシが声をかけたのは学ラン姿――ではなく、事務所ジャケットを羽織った圭吾の姿だった。「ああ」「どうしたんだ、黒石 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:死にかけの検察官 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:957字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「昨日は武道館でのステージでしたが、いかがでしたか?」「すごく素敵な光景を見せてもらいました。あの場所に立てて、本当に幸せです」 いつきはイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:免れた目 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:993字 お気に入り:0人
武道館公演の翌日。「ふふーんふん、ふふーふー、ふんふーふーん」 鼻歌交じりに千弦が事務所の廊下を歩く。その姿に気付いたのは、「何歌ってんだよ、チヅ」「あっ、ユ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小さな花火 ※未完
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:俺と感覚 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:1102字 お気に入り:0人
「夏といえばー! 佐々木純哉ー!」 そんな千弦の掛け声と同時に打ち上げ花火がぽん、と音を立てて夜空に広がった。「……え、何その掛け声」「えー、ユヅ知らないの? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:茶色い妻 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:1257字 お気に入り:0人
「みんな、こんにちはー!」「こんにちはー!」 ステージ上で純哉が挨拶をすれば、客席に集まった子どもたちから元気な声が返って来る。 晴天のデパートの屋上ステージ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:ドリフェス! お題:冷たいいたずら 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:1335字 お気に入り:1人
はじめて見つけた色は、きっと淡い紫色だった。幼いころに一番近くで見つけた、きらきらとした鮮やかな色。ただ仲の良い友達だけでは収まらない関係。誰よりも負けたくな 〈続きを読む〉