ジャンル:進撃の巨人 お題:薄汚い狐 制限時間:15分 読者:501 人 文字数:384字 お気に入り:0人
[削除]

「いつから、こうなってしまったんだろうなぁ」

ハンジは短く息を吐くと隣にある「ヒトだったモノ」に目を向けた。

調査兵団に入ってから何匹と巨人殺してきたが、その数だけ、失うものも多い。

先程まで自分と同じようにブレードを振るっていた隣の「カレ」はもう動かない。

でも、それに、涙のひとつも流さない自分がいた。

いつから慣れてしまったのだろうか。

いつから泣けなくなってしまったのだろうか。

いつから.....壊れてしまったのだろうか。

もう人の死に何も感じなくなってしまった。

正しくは.....悲しくても、泣けないのかもしれない。

常に笑いの仮面を被っていなくてはならない。

こんなに汚くなってしまった。

こんな狐のような自分を、誰が愛してくれる?

ここにはいない彼の名をふと呼んでしまったハンジは、首を大きく振るとまたブレードを握り直した。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:うししお ジャンル:進撃の巨人 お題:商業的な大雪 制限時間:15分 読者:799 人 文字数:627字 お気に入り:0人
一部の金持ちは傲慢だった。ぐわんと温度が上がる今日、雪がみたいと言って聞かない商人の子供がいた。甘やかし癖のついた商人は是非そうしようと、わんわん人を動かして氷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みつね ジャンル:進撃の巨人 お題:彼の団欒 制限時間:15分 読者:1309 人 文字数:899字 お気に入り:0人
エレリ 台本小説的兵長って飯食ってるんですか?食ってるじゃないかえ、食ってるところみたことないんですけど嘘付け。そんなお前こそちゃんと食ってるのか?食べてますよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みつね ジャンル:進撃の巨人 お題:紅茶とブランド品 制限時間:15分 読者:1339 人 文字数:924字 お気に入り:0人
「こんな高いもん受け取れん」リヴァイはエレンに紙袋を突き返した。ふえええと言いながらエレンは困ったように両てのひらをリヴァイに向ける。こんな動作をしているものの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みつね ジャンル:進撃の巨人 お題:熱いカップル 制限時間:15分 読者:1115 人 文字数:1023字 お気に入り:0人
巨人中学ネタバレ含みます。エレリの予定ご注意。ここは巨人中学校。現在は12月。真冬だというのに生徒はなぜか半袖に短パン。半裸で駆け回る酔狂なものまでいた。「おい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みつね ジャンル:進撃の巨人 お題:名付けるならばそれは演技 制限時間:15分 読者:1636 人 文字数:888字 お気に入り:0人
今日はもう、部屋に戻る。薄暗い廊下にたたずむ少年にそう言い放ったのはつい先ほどのこと。「なんでです、今日は一緒にいるっていったじゃないですか?」「用事を思い出し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:抜歯 ジャンル:進撃の巨人 お題:隠された妹 制限時間:15分 読者:700 人 文字数:765字 お気に入り:0人
でかい。巨人って、ホントにでかい。大人になって、そのでかさがよく分かるようになった。はじめて巨人を見たのは、3才のときだった。三井グリーンランドに巨人がやってく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みつね ジャンル:進撃の巨人 お題:凛としたスキル 制限時間:15分 読者:1194 人 文字数:761字 お気に入り:0人
朝の寒気に、頬が痛む。ぴりりと突っ張る肌。思わず布団にもぐりこみたくなる朝だ。ごそごそと布団に潜りこめば、毛布の中で人に出会う。貴方まで、と思わず苦笑してしまう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:虹颯作 ジャンル:進撃の巨人 お題:黒い月 制限時間:15分 読者:672 人 文字数:998字 お気に入り:0人
僕にとって、世界は、……よく、わからない。訓練はさほど苦じゃない。身体を動かすことは得意だから。でも、身体を動かさないことも本当は、得意で、ライナーとアニ以外の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:虹颯作 ジャンル:進撃の巨人 お題:黄色い弔い 制限時間:15分 読者:723 人 文字数:617字 お気に入り:0人
惨劇。この世は惨劇であった。巨人は食事の為ではなく、ただ噛み砕く為に人類の命を奪い、そして生ゴミとして吐き出す。食物連鎖ですらない、ただ蹂躙されるだけの住民は希 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:虹颯作 ジャンル:進撃の巨人 お題:純白の空 制限時間:15分 読者:572 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「おい、ライナー!」騒がしい声が響き、ライナー・ブラウンは叩き起こされる。寝ぼけまなこで、自分を揺さぶる相手に焦点を合わせため息をつく。「何だコニー、まだ夜が明 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:769字 お気に入り:0人
ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。「昨日の残り物でい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:宿命の成功 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:800字 お気に入り:0人
「俺、考ちゃんを愛するために生まれてきたんだと思う。」「…へ?」いつもおどけてばかりの恋人が急に真面目な顔をして言うから、おたまでカレーを掬った格好のままフリー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Free! お題:弱い火事 必須要素:山田 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1844字 お気に入り:0人
「橘さん!中に人がっ…!」「わかった!救出に向かう!」優しい性格が完全に面に出ている顔をきりっと締め、彼__真琴は弱く炎が残っている家の中へ入っていった。『隣の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:どす黒い殺し屋 必須要素:会話劇 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:910字 お気に入り:0人
彼を囲むのは、何十人もの手練れたち。その輪の中に立つ彼の手には、美しい刀が握られていた。加州清光。その刀は、幾度も人の肉を裂いて、冷酷な刀になっていた。いや、冷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:アルパカの慰め 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1411字 お気に入り:0人
まるで敵のいない野っ原に放り出された草食動物みたいに、クッションを抱えてソファに座り、どこでもない虚空を見つめてぼうっとしているものだから、烏間は思わず心配にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:最遊記 お題:初めての許し 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:668字 お気に入り:0人
「ねぇ光明。髪、触っていい?」「……嫌ですよ」暑い夏の日。陽がじりじりと照りつける中、習慣になってしまった縁側のつどいに、そろそろ嫌気が差してきた時だった。棒ア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそチョロ お題:怪しい夜中 制限時間:2時間 読者:27 人 文字数:3447字 お気に入り:0人
普段夜中に目を覚まさない俺がぱっちりとまぶたを開けたのは、なにか意味があるのだろうか。別に尿意を催したけでもヤニをすいたくなった訳でもない。ただ本当にふいに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:混沌の作家デビュー 必須要素:手帳 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1436字 お気に入り:0人
白黒ハッキリ分ける閻魔様――。 そう、彼女は呼ばれていた。自らの持つ能力とその生真面目極まりない性格上、果たしてこの世界にこいつ以上に閻魔らしい人物などいるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:春の百合 必須要素:バツ印 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:794字 お気に入り:0人
春である。 陽はさんさんと幻想郷を全域に渡って柔らかに照らしており、小鳥たちは朝っぱらから元気いっぱい飛んで鳴いており、凍えるような寒さを耐え抜いた植物たちが 〈続きを読む〉