ジャンル:進撃の巨人 お題:夏の百合 制限時間:30分 読者:980 人 文字数:1291字 お気に入り:0人
[削除]

百合

※リヴァハンです

「リヴァイ!少し町にでないかい?」

ハンジがそう誘ってきたのは、夏の日射しが厳しい日のことだった。

「行かねーよ。第一なんでこのくそ暑い時に....」
「いいからいいから!」
「嫌だと...っておい!ハンジ!?」

ピュー。

「あれ?今行ったのって兵長と分隊長?」



「無理矢理つれてきやがって!」
「いいじゃないか!どうせ非番だろ?」

珍しくスカートをはいてスキップをするハンジと白シャツにスラッとしたズボンのリヴァイは、パット見カップルのようだが、ハンジのはしゃぎようはまるで遠足に行く子供のようだ。

「おい....てめぇなぜそんなにはしゃいでやがる?」
「おお!リヴァイ!よくぞ聞いてくれた!これを見てくれよ!」

...........

「夏の.....百合?」
「そうなんだ!きれいな場所があるらしい!」
「ちょっと待てハンジ!今って百合のシーズンなのか?」

・・・・・・。

「知らないや!」
「おい!」




しかしそこには何も咲いていなかった。

「あれ?おっかしいな~?」
「まだ早かったんじゃないか?帰るぞ」
「チョットマッテ」


リヴァイとハンジがパッと振り向くと、そこには白いワンピースを着た少女が立っていた。

「ユリヲミニキタノ?」

少ししたったらずの言葉でそういった。

「そうなんだ!君、もしかしてここの近くに住んでる子?」

「ウン。ソウ。ユリノオハナバタケ、アンナイシテアゲル。」
「本当かい!?」
「おいっ!ハンジ!?」

「ダイジョウブ、オニイチャン。チャントアンナイスル。」

小さい子供に言われては勝てない。
いまいち最初から乗り気ではなかったリヴァイは仕方なくついていくのだった。



「ココ。」

少女がそういって案内したのは、何もない、ただの、荒れ地だった。

「何も、ないけど?」
「............」

「オネエチャン、オニイチャン。
メヲツブッテ?」

二人は言われた通り、目をつぶり、少女の指示を待った。

「モウ、アケテイイヨ」

「うわああああああ!スッゲー!」
「ほぅ......!」

そこには辺り一面に咲き誇る百合。

大きさは大小様々で、一つ一つがとても輝いていた。

「すごいねえ…しかし、さっきまでここは.....あれ?」

振り返ると、少女はいなかった。

そしてもう一度元の方向に振り向くと。

「お墓.....だ....」

さっきまで百合の花畑だったここは、十字架の立つ墓地になっていた。

「なんで.....?あれ?」
「どうした、ハンジ?」
「十字架に.....百合の花がかかってる...!」
「これは.....新兵の墓じゃないか!?」
「本当だ!さっきの女の子は.....ああ!」

ーあの子、最初の遠征で死んじゃった、私の幼馴染みー

「どうした、ハンジ?」
「ううん、何でもない。みんな、私たちのために出てきてくれたんだね..」

しんみりと言うハンジの手を、しっかり握ってリヴァイは言った。

「そうだな。俺と、お前のために。」


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:うししお ジャンル:進撃の巨人 お題:許されざる逃亡犯 制限時間:30分 読者:834 人 文字数:1106字 お気に入り:0人
まあなんだって、よかったけどさユミルが唐突に呟いた。何を、と聞く元気は二人に残っていない。何かのため、ってほんとに楽だよ。私はいろんな、ため、を持ってるからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ざーんねん。 ※未完
作者:Juka@弱くてつよいヒト ジャンル:進撃の巨人 お題:残念な、と彼は言った 制限時間:30分 読者:1496 人 文字数:1239字 お気に入り:0人
「あ、来た来た」「…間に合わなかったか」「まったく、前線から退いといてまだ首突っ込むからだよー」「良いだろうが。………アイツらは?」「あそこー」ハンジが指差す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:運命の月 制限時間:30分 読者:2175 人 文字数:771字 お気に入り:0人
隠れ家の窓から見る、月がひどく大きく見えた。 その月をバッグに座る、少年のシルエットは底のないような深い、暗い色をしていた。少年らしい丸い頭の形。今は閉じられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天使の悲観 ※未完
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:悲観的な天使 制限時間:30分 読者:1092 人 文字数:550字 お気に入り:0人
クリスタ・レンズ…いや、ヒストリア・レイスというべきだろうか。 彼女について、アルミン・アルレルト何も知らなかった。 その事に、彼はたった今、気づいたのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:進撃の行動 制限時間:30分 読者:1086 人 文字数:574字 お気に入り:0人
夕日が壁の向こうに消えた頃、訓練兵達の一日のカリキュラムがおわる。 「遠き山に陽は落ちて」 それを見て、アルミンが口ずさんだのは、古い歌だった。 「それなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:寒い希望 制限時間:30分 読者:1077 人 文字数:819字 お気に入り:1人
サシャとアニのお話。 森全体が雪の白か常緑樹の寒々しい黒のどちらかだった。雪を利用した訓練の途中。サシャはそっと隣のアニを見遣る。自分が疲れてしまったので二人で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:うるさい悪魔 制限時間:30分 読者:1379 人 文字数:489字 お気に入り:0人
ミカサ。お母さんになる為の予備練習。 「うるさいんだよ。お前は、俺の母さんなのか?」 エレンにそんな風に言われたことにショックを受けなかったわけではない。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:進撃の巨人 お題:今日のぺろぺろ 制限時間:30分 読者:1919 人 文字数:1670字 お気に入り:1人
ベルアニ本当に真っ青な瞳の女の子は、目を閉じても睫毛まで青く見えるらしいと知ったのは、ライナーと二人で映画を見に行った時のことだった。何かのレースゲームを映像化 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:<進捗どう? ジャンル:進撃の巨人 お題:あいつと夕日 制限時間:30分 読者:1097 人 文字数:2251字 お気に入り:0人
昼間はよかったのだろう。というよりもそもそもいつからそこにいたものか、ジャンは彼のタイムスケジュールをいちいち把握していないのでそこまではわからなかった。部屋で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
怖い夢 ※未完
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:地獄消しゴム 制限時間:30分 読者:1191 人 文字数:812字 お気に入り:0人
巨人から人間になる為には、誰か他の人間を喰わなければならないのかもしれない、という推測がもと。 転生&現代パロ。エレンには本当にほんのり前世の記憶があれば良い 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
甘庶(1%未完) ※未完
作者:匿名さん ジャンル:真・三國無双 お題:僕の好きな略奪 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:506字 お気に入り:0人
敗者の物は勝者の物。湖賊だった頃から、甘寧にとってそれが常識だった。いくさに勝てば、相手の財産を奪うのは当然のことで。だから今回だって、大敗した曹操軍の物は何だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:薄汚いパソコン 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:443字 お気に入り:0人
※ユーゴとリン。過去話。ユーゴがDホイールの調整に使うパソコンは、彼とリンが一から作り上げたものだ。モニターやキーワードは闇市で購入、細かい部品は少しずつ貯めて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:フニャフニャの宿命 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:1110字 お気に入り:0人
どうしても、映える個性というのは差があるものだ。華やかなヒーローを目指す者が大多数の世の中で。思想や、スタイルがフニャフニャと定まらない者と言うのは。つまはじき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バチ官 お題:過去の恋人 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:829字 お気に入り:0人
それはゆきずりだった。雨がしとしとと降っている。部屋の中からガラス越しに薄暗い、灰色の世界を眺めながら、平賀は頬杖をつく。「なんだい、浮かない顔をして」カフ○ラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バチ官 お題:ダイナミックな超能力 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:748字 お気に入り:0人
平賀は飢えていた。物理的にお腹が空いている。彼にさてどれだけ基本的欲求が備わっているのか、あるいは感じているのかは不明だが、稀有なことに彼はおなかがすいてどうに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:捨てられた本 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:705字 お気に入り:0人
うちの本丸の中には、小さいが書物の保管庫がある。刀剣男士や審神者の私物であったり、政府から送られてきた必読のものであったり、様々な時代のものが一部屋に収められて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:とびだせ笑顔 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:677字 お気に入り:0人
「あるじさま。なんだか、むつかしいのですか」私の顔を覗き込むあどけない姿は、今日の近侍の今剣だ。真紅のおおきな瞳でじっと見つめられると、一瞬何を悩んでいたのか忘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:裏切りの小説合宿 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:712字 お気に入り:0人
「だからなんなのよーーー!もぉーー」こんのすけが定期的に運んでくる、政府からの諸連絡帳を開いて、未読の記事を目にした途端、割と大きな声を出してしまった。小説を書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スタァライト お題:穏やかな博物館 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:938字 お気に入り:0人
「博物館ってなかなか来ないから新鮮だなぁ」「私はイギリスの頃、何回か……」「イギリスでも行ってたんだねー日本とは違うの?」 なんて話ながら今日はひかりちゃんと二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:忘れたい過ち 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:746字 お気に入り:0人
「昔のグレンは可愛い」いきなり深夜がそう言った周りの暮人も真昼もうんうんと頷く「は?」どういう意味だコラ怒りが口が吹き出そうになるのを抑える「だってだって、可愛 〈続きを読む〉