ジャンル:進撃の巨人 お題:夏の百合 制限時間:30分 読者:819 人 文字数:1291字 お気に入り:0人
[削除]

百合

※リヴァハンです

「リヴァイ!少し町にでないかい?」

ハンジがそう誘ってきたのは、夏の日射しが厳しい日のことだった。

「行かねーよ。第一なんでこのくそ暑い時に....」
「いいからいいから!」
「嫌だと...っておい!ハンジ!?」

ピュー。

「あれ?今行ったのって兵長と分隊長?」



「無理矢理つれてきやがって!」
「いいじゃないか!どうせ非番だろ?」

珍しくスカートをはいてスキップをするハンジと白シャツにスラッとしたズボンのリヴァイは、パット見カップルのようだが、ハンジのはしゃぎようはまるで遠足に行く子供のようだ。

「おい....てめぇなぜそんなにはしゃいでやがる?」
「おお!リヴァイ!よくぞ聞いてくれた!これを見てくれよ!」

...........

「夏の.....百合?」
「そうなんだ!きれいな場所があるらしい!」
「ちょっと待てハンジ!今って百合のシーズンなのか?」

・・・・・・。

「知らないや!」
「おい!」




しかしそこには何も咲いていなかった。

「あれ?おっかしいな~?」
「まだ早かったんじゃないか?帰るぞ」
「チョットマッテ」


リヴァイとハンジがパッと振り向くと、そこには白いワンピースを着た少女が立っていた。

「ユリヲミニキタノ?」

少ししたったらずの言葉でそういった。

「そうなんだ!君、もしかしてここの近くに住んでる子?」

「ウン。ソウ。ユリノオハナバタケ、アンナイシテアゲル。」
「本当かい!?」
「おいっ!ハンジ!?」

「ダイジョウブ、オニイチャン。チャントアンナイスル。」

小さい子供に言われては勝てない。
いまいち最初から乗り気ではなかったリヴァイは仕方なくついていくのだった。



「ココ。」

少女がそういって案内したのは、何もない、ただの、荒れ地だった。

「何も、ないけど?」
「............」

「オネエチャン、オニイチャン。
メヲツブッテ?」

二人は言われた通り、目をつぶり、少女の指示を待った。

「モウ、アケテイイヨ」

「うわああああああ!スッゲー!」
「ほぅ......!」

そこには辺り一面に咲き誇る百合。

大きさは大小様々で、一つ一つがとても輝いていた。

「すごいねえ…しかし、さっきまでここは.....あれ?」

振り返ると、少女はいなかった。

そしてもう一度元の方向に振り向くと。

「お墓.....だ....」

さっきまで百合の花畑だったここは、十字架の立つ墓地になっていた。

「なんで.....?あれ?」
「どうした、ハンジ?」
「十字架に.....百合の花がかかってる...!」
「これは.....新兵の墓じゃないか!?」
「本当だ!さっきの女の子は.....ああ!」

ーあの子、最初の遠征で死んじゃった、私の幼馴染みー

「どうした、ハンジ?」
「ううん、何でもない。みんな、私たちのために出てきてくれたんだね..」

しんみりと言うハンジの手を、しっかり握ってリヴァイは言った。

「そうだな。俺と、お前のために。」


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:うししお ジャンル:進撃の巨人 お題:許されざる逃亡犯 制限時間:30分 読者:767 人 文字数:1106字 お気に入り:0人
まあなんだって、よかったけどさユミルが唐突に呟いた。何を、と聞く元気は二人に残っていない。何かのため、ってほんとに楽だよ。私はいろんな、ため、を持ってるからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ざーんねん。 ※未完
作者:Juka@弱くてつよいヒト ジャンル:進撃の巨人 お題:残念な、と彼は言った 制限時間:30分 読者:1436 人 文字数:1239字 お気に入り:0人
「あ、来た来た」「…間に合わなかったか」「まったく、前線から退いといてまだ首突っ込むからだよー」「良いだろうが。………アイツらは?」「あそこー」ハンジが指差す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:運命の月 制限時間:30分 読者:2111 人 文字数:771字 お気に入り:0人
隠れ家の窓から見る、月がひどく大きく見えた。 その月をバッグに座る、少年のシルエットは底のないような深い、暗い色をしていた。少年らしい丸い頭の形。今は閉じられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天使の悲観 ※未完
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:悲観的な天使 制限時間:30分 読者:1051 人 文字数:550字 お気に入り:0人
クリスタ・レンズ…いや、ヒストリア・レイスというべきだろうか。 彼女について、アルミン・アルレルト何も知らなかった。 その事に、彼はたった今、気づいたのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:進撃の行動 制限時間:30分 読者:1043 人 文字数:574字 お気に入り:0人
夕日が壁の向こうに消えた頃、訓練兵達の一日のカリキュラムがおわる。 「遠き山に陽は落ちて」 それを見て、アルミンが口ずさんだのは、古い歌だった。 「それなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:寒い希望 制限時間:30分 読者:1035 人 文字数:819字 お気に入り:1人
サシャとアニのお話。 森全体が雪の白か常緑樹の寒々しい黒のどちらかだった。雪を利用した訓練の途中。サシャはそっと隣のアニを見遣る。自分が疲れてしまったので二人で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:うるさい悪魔 制限時間:30分 読者:1334 人 文字数:489字 お気に入り:0人
ミカサ。お母さんになる為の予備練習。 「うるさいんだよ。お前は、俺の母さんなのか?」 エレンにそんな風に言われたことにショックを受けなかったわけではない。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:進撃の巨人 お題:今日のぺろぺろ 制限時間:30分 読者:1798 人 文字数:1670字 お気に入り:1人
ベルアニ本当に真っ青な瞳の女の子は、目を閉じても睫毛まで青く見えるらしいと知ったのは、ライナーと二人で映画を見に行った時のことだった。何かのレースゲームを映像化 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:<進捗どう? ジャンル:進撃の巨人 お題:あいつと夕日 制限時間:30分 読者:1044 人 文字数:2251字 お気に入り:0人
昼間はよかったのだろう。というよりもそもそもいつからそこにいたものか、ジャンは彼のタイムスケジュールをいちいち把握していないのでそこまではわからなかった。部屋で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
怖い夢 ※未完
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:地獄消しゴム 制限時間:30分 読者:1147 人 文字数:812字 お気に入り:0人
巨人から人間になる為には、誰か他の人間を喰わなければならないのかもしれない、という推測がもと。 転生&現代パロ。エレンには本当にほんのり前世の記憶があれば良い 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉