ジャンル:進撃の巨人 お題:夏の百合 制限時間:30分 読者:695 人 文字数:1291字 お気に入り:0人
[削除]

百合

※リヴァハンです

「リヴァイ!少し町にでないかい?」

ハンジがそう誘ってきたのは、夏の日射しが厳しい日のことだった。

「行かねーよ。第一なんでこのくそ暑い時に....」
「いいからいいから!」
「嫌だと...っておい!ハンジ!?」

ピュー。

「あれ?今行ったのって兵長と分隊長?」



「無理矢理つれてきやがって!」
「いいじゃないか!どうせ非番だろ?」

珍しくスカートをはいてスキップをするハンジと白シャツにスラッとしたズボンのリヴァイは、パット見カップルのようだが、ハンジのはしゃぎようはまるで遠足に行く子供のようだ。

「おい....てめぇなぜそんなにはしゃいでやがる?」
「おお!リヴァイ!よくぞ聞いてくれた!これを見てくれよ!」

...........

「夏の.....百合?」
「そうなんだ!きれいな場所があるらしい!」
「ちょっと待てハンジ!今って百合のシーズンなのか?」

・・・・・・。

「知らないや!」
「おい!」




しかしそこには何も咲いていなかった。

「あれ?おっかしいな~?」
「まだ早かったんじゃないか?帰るぞ」
「チョットマッテ」


リヴァイとハンジがパッと振り向くと、そこには白いワンピースを着た少女が立っていた。

「ユリヲミニキタノ?」

少ししたったらずの言葉でそういった。

「そうなんだ!君、もしかしてここの近くに住んでる子?」

「ウン。ソウ。ユリノオハナバタケ、アンナイシテアゲル。」
「本当かい!?」
「おいっ!ハンジ!?」

「ダイジョウブ、オニイチャン。チャントアンナイスル。」

小さい子供に言われては勝てない。
いまいち最初から乗り気ではなかったリヴァイは仕方なくついていくのだった。



「ココ。」

少女がそういって案内したのは、何もない、ただの、荒れ地だった。

「何も、ないけど?」
「............」

「オネエチャン、オニイチャン。
メヲツブッテ?」

二人は言われた通り、目をつぶり、少女の指示を待った。

「モウ、アケテイイヨ」

「うわああああああ!スッゲー!」
「ほぅ......!」

そこには辺り一面に咲き誇る百合。

大きさは大小様々で、一つ一つがとても輝いていた。

「すごいねえ…しかし、さっきまでここは.....あれ?」

振り返ると、少女はいなかった。

そしてもう一度元の方向に振り向くと。

「お墓.....だ....」

さっきまで百合の花畑だったここは、十字架の立つ墓地になっていた。

「なんで.....?あれ?」
「どうした、ハンジ?」
「十字架に.....百合の花がかかってる...!」
「これは.....新兵の墓じゃないか!?」
「本当だ!さっきの女の子は.....ああ!」

ーあの子、最初の遠征で死んじゃった、私の幼馴染みー

「どうした、ハンジ?」
「ううん、何でもない。みんな、私たちのために出てきてくれたんだね..」

しんみりと言うハンジの手を、しっかり握ってリヴァイは言った。

「そうだな。俺と、お前のために。」


同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:うししお ジャンル:進撃の巨人 お題:許されざる逃亡犯 制限時間:30分 読者:736 人 文字数:1106字 お気に入り:0人
まあなんだって、よかったけどさユミルが唐突に呟いた。何を、と聞く元気は二人に残っていない。何かのため、ってほんとに楽だよ。私はいろんな、ため、を持ってるからな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ざーんねん。 ※未完
作者:Juka@弱くてつよいヒト ジャンル:進撃の巨人 お題:残念な、と彼は言った 制限時間:30分 読者:1411 人 文字数:1239字 お気に入り:0人
「あ、来た来た」「…間に合わなかったか」「まったく、前線から退いといてまだ首突っ込むからだよー」「良いだろうが。………アイツらは?」「あそこー」ハンジが指差す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:運命の月 制限時間:30分 読者:2077 人 文字数:771字 お気に入り:0人
隠れ家の窓から見る、月がひどく大きく見えた。 その月をバッグに座る、少年のシルエットは底のないような深い、暗い色をしていた。少年らしい丸い頭の形。今は閉じられ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天使の悲観 ※未完
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:悲観的な天使 制限時間:30分 読者:1033 人 文字数:550字 お気に入り:0人
クリスタ・レンズ…いや、ヒストリア・レイスというべきだろうか。 彼女について、アルミン・アルレルト何も知らなかった。 その事に、彼はたった今、気づいたのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:進撃の行動 制限時間:30分 読者:1026 人 文字数:574字 お気に入り:0人
夕日が壁の向こうに消えた頃、訓練兵達の一日のカリキュラムがおわる。 「遠き山に陽は落ちて」 それを見て、アルミンが口ずさんだのは、古い歌だった。 「それなんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:寒い希望 制限時間:30分 読者:1018 人 文字数:819字 お気に入り:1人
サシャとアニのお話。 森全体が雪の白か常緑樹の寒々しい黒のどちらかだった。雪を利用した訓練の途中。サシャはそっと隣のアニを見遣る。自分が疲れてしまったので二人で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:うるさい悪魔 制限時間:30分 読者:1315 人 文字数:489字 お気に入り:0人
ミカサ。お母さんになる為の予備練習。 「うるさいんだよ。お前は、俺の母さんなのか?」 エレンにそんな風に言われたことにショックを受けなかったわけではない。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かなるんば@停止しました ジャンル:進撃の巨人 お題:今日のぺろぺろ 制限時間:30分 読者:1744 人 文字数:1670字 お気に入り:1人
ベルアニ本当に真っ青な瞳の女の子は、目を閉じても睫毛まで青く見えるらしいと知ったのは、ライナーと二人で映画を見に行った時のことだった。何かのレースゲームを映像化 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:<進捗どう? ジャンル:進撃の巨人 お題:あいつと夕日 制限時間:30分 読者:1024 人 文字数:2251字 お気に入り:0人
昼間はよかったのだろう。というよりもそもそもいつからそこにいたものか、ジャンは彼のタイムスケジュールをいちいち把握していないのでそこまではわからなかった。部屋で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
怖い夢 ※未完
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:進撃の巨人 お題:地獄消しゴム 制限時間:30分 読者:1129 人 文字数:812字 お気に入り:0人
巨人から人間になる為には、誰か他の人間を喰わなければならないのかもしれない、という推測がもと。 転生&現代パロ。エレンには本当にほんのり前世の記憶があれば良い 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:769字 お気に入り:0人
ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。「昨日の残り物でい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:宿命の成功 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:800字 お気に入り:0人
「俺、考ちゃんを愛するために生まれてきたんだと思う。」「…へ?」いつもおどけてばかりの恋人が急に真面目な顔をして言うから、おたまでカレーを掬った格好のままフリー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Free! お題:弱い火事 必須要素:山田 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:1844字 お気に入り:0人
「橘さん!中に人がっ…!」「わかった!救出に向かう!」優しい性格が完全に面に出ている顔をきりっと締め、彼__真琴は弱く炎が残っている家の中へ入っていった。『隣の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:どす黒い殺し屋 必須要素:会話劇 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:910字 お気に入り:0人
彼を囲むのは、何十人もの手練れたち。その輪の中に立つ彼の手には、美しい刀が握られていた。加州清光。その刀は、幾度も人の肉を裂いて、冷酷な刀になっていた。いや、冷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暗殺教室 烏イリ お題:アルパカの慰め 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1411字 お気に入り:0人
まるで敵のいない野っ原に放り出された草食動物みたいに、クッションを抱えてソファに座り、どこでもない虚空を見つめてぼうっとしているものだから、烏間は思わず心配にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:最遊記 お題:初めての許し 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:668字 お気に入り:0人
「ねぇ光明。髪、触っていい?」「……嫌ですよ」暑い夏の日。陽がじりじりと照りつける中、習慣になってしまった縁側のつどいに、そろそろ嫌気が差してきた時だった。棒ア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそチョロ お題:怪しい夜中 制限時間:2時間 読者:27 人 文字数:3447字 お気に入り:0人
普段夜中に目を覚まさない俺がぱっちりとまぶたを開けたのは、なにか意味があるのだろうか。別に尿意を催したけでもヤニをすいたくなった訳でもない。ただ本当にふいに、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:混沌の作家デビュー 必須要素:手帳 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1436字 お気に入り:0人
白黒ハッキリ分ける閻魔様――。 そう、彼女は呼ばれていた。自らの持つ能力とその生真面目極まりない性格上、果たしてこの世界にこいつ以上に閻魔らしい人物などいるの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:春の百合 必須要素:バツ印 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:794字 お気に入り:0人
春である。 陽はさんさんと幻想郷を全域に渡って柔らかに照らしており、小鳥たちは朝っぱらから元気いっぱい飛んで鳴いており、凍えるような寒さを耐え抜いた植物たちが 〈続きを読む〉