ジャンル:咲-Saki- お題:春の暴力 制限時間:15分 読者:311 人 文字数:415字 お気に入り:0人
[削除]

卒業式

やさしく暖かい風が頬を撫でる。
ひらひらとまいおちる桜を見つめながら、私、竹井久は大きなため息をついた。

そう、今日は卒業式。学生儀会長を務めた私はこの後、壇上に立って卒業生答辞を行わなければならないのである。
「ああ、こういうの慣れていたはずなのに、これが今日で最後だと考えるとなんか緊張するわね」
もう一度おおきなためいきをふう、とつく。
ああいけない、わたしはこうみえても緊張しいなのだ。余計なことを考えれば考えるほど深みにはまってしまう。
いけない私の癖だ。
ひとりでに、おおげさにあたまをぶんと振る。ああ、もう余計緊張してきた。
こういうときは、別のことをしているとたいてい忘れられるものだ。
そうだ、答辞を読もう。練習しよう。
私は答辞に目を移した。読む。淡々と。何も考えずに読む。
何も考えずに読んでいるはずなのに、おかしい。
「…目の前がぼやけてよむどころじゃないじゃない」
また、竹井久は大きくため息をついた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:松宮つかさ ジャンル:咲-Saki- お題:メジャーな魔法使い 制限時間:15分 読者:417 人 文字数:971字 お気に入り:0人
寒い、と淡が呟いた。 窓の外ではしんしんと雪が降っている。冷え切った部室を暖めるにはまだ少し時間が必要なようだった。付けたばかりのエアコンが低いモーター音を響 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:松宮つかさ ジャンル:咲-Saki- お題:阿修羅雑踏 制限時間:15分 読者:344 人 文字数:658字 お気に入り:0人
目が覚める。と同時に、布団の中に入り込んでくる空気がいつもよりも冷たいことに気が付いた。照は中途半端に閉まっているカーテンの隙間に目をやる。「……雪だ」 呟き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
付箋 ※未完
作者:脱力 ジャンル:咲-Saki- お題:希望のぬくもり 制限時間:15分 読者:764 人 文字数:1044字 お気に入り:0人
部室には小さめの本棚が一つある。それは『家に置ききれない』という照のために随分前に設置されたもので、部室の隅にこじんまりと居座ってる冷蔵庫よりも付き合いは長い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:golem4 ジャンル:咲-Saki- お題:100の検察官 制限時間:15分 読者:682 人 文字数:871字 お気に入り:1人
「ゆ~あんっ♪お昼休みだなー♪な?な?」チラチラ・・・ったく。コイツは遠慮とか恥じらいとかそーゆー乙女心とかはねーのかよ。慎みを持てだのかんだの、神様だって言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:golem4 ジャンル:咲-Saki- お題:冷静と情熱の間にあるのは死 制限時間:15分 読者:957 人 文字数:730字 お気に入り:0人
二人ではじめてのあの感覚を覚えてから、どれくらいたったろう。その日以来恭子は、我慢できないのかいつでも私を求めてくるようになった。私も恭子に擦り寄られると我慢で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:golem4 ジャンル:咲-Saki- お題:斬新な駄洒落 制限時間:15分 読者:652 人 文字数:634字 お気に入り:1人
今もアイツの名残りが唇に残っている。アイツはもともとそういうやつだった。誰にでも気兼ねなく話しかけて誰とでも仲良くなっちまう。アイツの楽しそうな表情とか自分をま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yarukiari ジャンル:咲-Saki- お題:都会のぬるぬる 制限時間:15分 読者:734 人 文字数:656字 お気に入り:0人
「ねえ、須賀くん。東京へ行ったらどこへ行ってみたい?」「そうですねー、定番ですけど、スカイツリーとか雷門、あとは千葉ですけど某ネズミの国とかですかね」「ふーん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yarukiari ジャンル:咲-Saki- お題:調和したロボット 制限時間:15分 読者:654 人 文字数:383字 お気に入り:0人
「須賀くんは、マルチとセリオどっちが好きでした?」「昔はマルチがすきだったかな、ドジだけど健気で可愛いし」「分かります、咲さんに少しにてますよね」「そうなんだよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さんぴん ジャンル:咲-Saki- お題:何かの冬休み 制限時間:15分 読者:615 人 文字数:630字 お気に入り:0人
「何か」がいた。「何か」は誰もいない麻雀部の部室にいた。日は暮れて外は吹雪。冷たい風がびうびうと吹いていた。灯りやストーブはついていない。昼間は夏のインターハイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イジゲン@巻末のミョンファ ジャンル:咲-Saki- お題:運命の人体 制限時間:15分 読者:587 人 文字数:878字 お気に入り:0人
運命の出会いというのはどういうものを指すのか私は全く分からなかった「君がほしい」そう言われた時私は何かを感じた そうこれが運命だと「…てな感じでどすっか 先輩」 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:23 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:hrak(腐) お題:君と暴力 必須要素:会話劇 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:1082字 お気に入り:0人
※ホー炎を目指したかった、はず 隣からケタケタと笑い袋のような声がする。 自由自在に飛べるようになりましょうよ、とか、やっぱエンデヴァーさん凄いですね、とか馬鹿 〈続きを読む〉