ジャンル:咲-Saki- お題:春の暴力 制限時間:15分 読者:258 人 文字数:415字 お気に入り:0人
[削除]

卒業式

やさしく暖かい風が頬を撫でる。
ひらひらとまいおちる桜を見つめながら、私、竹井久は大きなため息をついた。

そう、今日は卒業式。学生儀会長を務めた私はこの後、壇上に立って卒業生答辞を行わなければならないのである。
「ああ、こういうの慣れていたはずなのに、これが今日で最後だと考えるとなんか緊張するわね」
もう一度おおきなためいきをふう、とつく。
ああいけない、わたしはこうみえても緊張しいなのだ。余計なことを考えれば考えるほど深みにはまってしまう。
いけない私の癖だ。
ひとりでに、おおげさにあたまをぶんと振る。ああ、もう余計緊張してきた。
こういうときは、別のことをしているとたいてい忘れられるものだ。
そうだ、答辞を読もう。練習しよう。
私は答辞に目を移した。読む。淡々と。何も考えずに読む。
何も考えずに読んでいるはずなのに、おかしい。
「…目の前がぼやけてよむどころじゃないじゃない」
また、竹井久は大きくため息をついた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:松宮つかさ ジャンル:咲-Saki- お題:メジャーな魔法使い 制限時間:15分 読者:397 人 文字数:971字 お気に入り:0人
寒い、と淡が呟いた。 窓の外ではしんしんと雪が降っている。冷え切った部室を暖めるにはまだ少し時間が必要なようだった。付けたばかりのエアコンが低いモーター音を響 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:松宮つかさ ジャンル:咲-Saki- お題:阿修羅雑踏 制限時間:15分 読者:334 人 文字数:658字 お気に入り:0人
目が覚める。と同時に、布団の中に入り込んでくる空気がいつもよりも冷たいことに気が付いた。照は中途半端に閉まっているカーテンの隙間に目をやる。「……雪だ」 呟き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
付箋 ※未完
作者:脱力 ジャンル:咲-Saki- お題:希望のぬくもり 制限時間:15分 読者:744 人 文字数:1044字 お気に入り:0人
部室には小さめの本棚が一つある。それは『家に置ききれない』という照のために随分前に設置されたもので、部室の隅にこじんまりと居座ってる冷蔵庫よりも付き合いは長い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:golem4 ジャンル:咲-Saki- お題:100の検察官 制限時間:15分 読者:664 人 文字数:871字 お気に入り:1人
「ゆ~あんっ♪お昼休みだなー♪な?な?」チラチラ・・・ったく。コイツは遠慮とか恥じらいとかそーゆー乙女心とかはねーのかよ。慎みを持てだのかんだの、神様だって言っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:golem4 ジャンル:咲-Saki- お題:冷静と情熱の間にあるのは死 制限時間:15分 読者:909 人 文字数:730字 お気に入り:0人
二人ではじめてのあの感覚を覚えてから、どれくらいたったろう。その日以来恭子は、我慢できないのかいつでも私を求めてくるようになった。私も恭子に擦り寄られると我慢で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:golem4 ジャンル:咲-Saki- お題:斬新な駄洒落 制限時間:15分 読者:635 人 文字数:634字 お気に入り:1人
今もアイツの名残りが唇に残っている。アイツはもともとそういうやつだった。誰にでも気兼ねなく話しかけて誰とでも仲良くなっちまう。アイツの楽しそうな表情とか自分をま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yarukiari ジャンル:咲-Saki- お題:都会のぬるぬる 制限時間:15分 読者:706 人 文字数:656字 お気に入り:0人
「ねえ、須賀くん。東京へ行ったらどこへ行ってみたい?」「そうですねー、定番ですけど、スカイツリーとか雷門、あとは千葉ですけど某ネズミの国とかですかね」「ふーん、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yarukiari ジャンル:咲-Saki- お題:調和したロボット 制限時間:15分 読者:628 人 文字数:383字 お気に入り:0人
「須賀くんは、マルチとセリオどっちが好きでした?」「昔はマルチがすきだったかな、ドジだけど健気で可愛いし」「分かります、咲さんに少しにてますよね」「そうなんだよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さんぴん ジャンル:咲-Saki- お題:何かの冬休み 制限時間:15分 読者:589 人 文字数:630字 お気に入り:0人
「何か」がいた。「何か」は誰もいない麻雀部の部室にいた。日は暮れて外は吹雪。冷たい風がびうびうと吹いていた。灯りやストーブはついていない。昼間は夏のインターハイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イジゲン@巻末のミョンファ ジャンル:咲-Saki- お題:運命の人体 制限時間:15分 読者:563 人 文字数:878字 お気に入り:0人
運命の出会いというのはどういうものを指すのか私は全く分からなかった「君がほしい」そう言われた時私は何かを感じた そうこれが運命だと「…てな感じでどすっか 先輩」 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:愛のヒーロー 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:612字 お気に入り:0人
愛故に守りたいと思うのは、普通の考え方だと思う。 ましてや、その愛が向かう先が成年になる最終段階を踏み始めたばかりの少女ときたら、尚更。どんな輩が牙を剥くとも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母との約束 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ミイラの飼い方 お題:昔の母 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:473字 お気に入り:0人
こ「空良いこと空が幼少期の時?あなたが女の子って言うことは誰にも言ってはいけないわ」空の母ひまわりは悲しそうな顔で最愛の愛娘空にそう告げた。「どうして?」空は不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
家路 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:A3 お題:茶色い「えいっ!」 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2973字 お気に入り:0人
プツン、と音がした。それは、心が切れる音だった。目の前ではバツの悪い顔をした姉。唇を噛み締めて顔を歪めている。今にも泣き出しそうだ。「アンタが悪いんじゃないっ! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
賞味期限 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:D.Gray-man お題:許せない悪魔 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:407字 お気に入り:0人
誰かを愛する心に賞味期限があるように、「憎しみ」という感情にも賞味期限があるんだよ。 チャオジーがまだアニタの元で水夫の仕事をしていた頃、年老いた先輩の水夫が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:隠された遭難 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:813字 お気に入り:0人
男を抱きしめた。体温らしきものは、あるようだ、あるらしい、恐らく多分。息を切らせているせいで、これが自分のものなのか相手のものなのか明確に境界線があるにもかか 〈続きを読む〉