ジャンル:咲-Saki- お題:俺は犯人 必須要素:《英語のクミ》 制限時間:30分 読者:257 人 文字数:1575字 お気に入り:0人

参考として、読み返す必要はないから


「わあ」

思わず言葉が漏れた。
すっかり手狭になってきた勉強机。
その大掃除をしていたら、プリントをまとめたファイルの中に、英語の教科書が紛れこんでいた。

「懐かしいなあ……」

その教科書を使ったのは、今からおよそ三年ほど前。
まだ少女が――宮永咲が、ランドセルを脱ぎ終えて、初々しかった頃だ。
本来ならば学年を一つ上がる際にお役御免となるのだが、初めて触れる『英語』という教科への不安から、いつでも復習出来るようにと引き出しにしまってあった。
比較的真面目に授業を聞いていたおかげもあって、二年生の教科書にも問題なくついていけたため、特に使う機会は訪れなかったのだが――

「こんなところにあったんだ……」

それでも、年に一度の大掃除の際や義務教育を終えた際など、処分の機会は多々あった。
しかし、不運にも“家庭のゴタゴタ”が重なったため片付けなどまるで出来ない精神状態の時期が、咲には少なからずある。
きっと、その期間のどこかで、こうしてファイルの中に大量のプリントとともに紛れ込んでいたのだろう。

「あったなあ、こんなお話……」

発掘してしまった古代のシロモノを、ついつい調査してしまう。
掃除の際のよくない癖だ。
きっと人類の遺伝子に刻み込まれた習性であり、個人の力じゃどうにも出来ないものである。
間に何か挟まっていないかパラパラ確認するだけのはずが、気付けば過去を懐かしみながらページをゆっくりめくってしまっていた。

「あっ、落書き」

元々読書が好きなのもあり、簡易な英文で綴られたダイジェストの物語は、咲を虜にしてくれたのを覚えている。
もしも両親が“教育ママ”で、幼い頃から英語の絵本を読ませていたら、きっと今頃咲はTOEICで高スコアを叩き出していただろう。

そんな咲だ、教科書に落書きなんてことはしなかった。
しかしながら、その手の教科書のイラストには、下品な鼻毛や肉という文字が書かれている。
原因は、分かっている。自分じゃあない。

「もう、京ちゃんったら……」

須賀京太郎。
今ではすっかり腐れ縁の、大切な友人だ。

ある日学校に教科書を忘れて帰り、そのまま教科書がなくなったという事件があった。
数日後に、同じクラスの京太郎が自分が犯人と名乗り出てくれた。
悪気があったわけではなく、咲が“家庭の事情”で学校を休んだ日に、教科書を忘れた京太郎が机から拝借しそのまま返し忘れていたらしい。
そして自分の教科書感覚で落書きをしてしまい、後日カバンから二冊の教科書が見つかったことで全てを思い出したのだとか。

シャープペンで描かれているため、落書き自体は消せるはずなのだが、しかし咲はなんとなく消さないでおいた。
勉強する文には困らないから、というのはある。
しかし、多分、それだけじゃなかったと思う。
咲自身、上手く説明が出来なかったが、それはきっと、落書きのお詫びに京太郎が美味しいラーメン屋に連れて行ってくれたことと関係があるんじゃないだろうか。

Tom『Hi,Kumi! What do you have in your hand?』
Kumi『I have a Shinai』
Tom『A Shinai?』

視線の先、登場人物の女の子が、親しげに金髪の男性と話している。
分かりやすい“教科書英文”ということもあり、言いたいことや、自分の思いを、ハキハキと伝えている。
その姿に、少しだけ憧れたことがあったっけ。

――嫁さん違います!

ふふ、と思わず笑みがこぼれる。
そういえば、最初の頃は、謝られても気を使って大丈夫だからとしか言えなかった。
でも、今は。

「……私も、少しはオトナになれたのかな」

金髪の少年と談笑する少女のページを閉じて、教科書をゴミ袋へと放り込んだ




同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:俺は犯人 必須要素:《英語のクミ》 制限時間:30分 読者:170 人 文字数:932字 お気に入り:0人
「私がやりました…」重い沈黙の中に放たれた言葉は、この事件の終わりを告げるとともに、私達の関係の終わりを告げるものでもありました。私は変わっているのでしょうか? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アーツ ジャンル:咲-Saki- お題:俺は犯人 必須要素:《英語のクミ》 制限時間:30分 読者:205 人 文字数:889字 お気に入り:0人
「Kumi was puzzled to see their reaction.このpuzzledの後ろのtoは不定詞であり原因を意味する副詞的用法で――――で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:咲-Saki- お題:小説の中の笑顔 必須要素:《英語のクミ》 制限時間:30分 読者:525 人 文字数:1158字 お気に入り:0人
本が好き、という訳ではなかった。特段勉学に励む真面目者という訳でもまたなく、ただ少しばかり時間があったから図書室に入って。たまたま、目の前にあった本を取ってみた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:小説の中の笑顔 必須要素:《英語のクミ》 制限時間:30分 読者:676 人 文字数:1976字 お気に入り:1人
「すっえはっらちゃーん。お誕生日おめでとー♪」 そう言いながら、廊下を歩いて部室へと向かう私の肩を叩いてきたのは代行こと、赤阪郁乃やった。どこで私の誕生日を知っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユーリン ジャンル:咲-Saki- お題:楽観的な小説の書き方 必須要素:《英語のクミ》 制限時間:15分 読者:539 人 文字数:845字 お気に入り:0人
「うーん……」最近めんどくさい仕事増えたなぁ……前までは小説だけ書いてればよかったのに。何も考えないで幸せに生きていける時間は終わってしまったんだなぁと、しみじ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな[次]車椅子少女合同 ジャンル:咲-Saki- お題:冷静と情熱の間にあるのは魚 必須要素:ナン 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:843字 お気に入り:0人
智美「…というわけで」ゆみ「何がというわけでなんだ。何なんだこれは」麻雀部の部室にある机には、おおよそ一般の麻雀部の活動を行っていれば見ることはない景色が広がっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな[次]車椅子少女合同 ジャンル:咲-Saki- お題:かっこ悪い大学 必須要素:もみあげ 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:654字 お気に入り:0人
私は高校を卒業し大学で麻雀を打つという道を選んだ。私自身、麻雀が強いわけではない。インハイに出て世間を賑わせていた子のように特別な能力があるわけでもないし、かと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にーな[次]車椅子少女合同 ジャンル:咲-Saki- お題:蓋然性のある人 必須要素:ギャグ 制限時間:30分 読者:90 人 文字数:733字 お気に入り:0人
咲「そんなに困った顔をしてどうしたのですか?」恭子「おぉ!ええところに来たな」咲「ここ私の部屋なんですけどね…」即興二次という30分の縛りのせいでこうなった経緯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:清い年賀状 必須要素:輪ゴム 制限時間:30分 読者:105 人 文字数:500字 お気に入り:0人
雲ひとつない青空…遮るもののない冬の青空から放たれた日差しはそのまま窓を通り、ベッドで寝ている私の元へと届けられた。日差しは差しているものの、肝心の気温は温かい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:夜の第三極 必須要素:800字以内 制限時間:30分 読者:112 人 文字数:216字 お気に入り:0人
爽「そう言えば、今さらなんだけどさぁ...」揺杏「どうしたんだ?」爽「うちのチームって誰がキャプテンなんだ?」揺杏「確かに言われてみれば...誰なんだろうな」爽 〈続きを読む〉

すかい「文章」ギオンの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:裏切りの道のり 必須要素:スラム街 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:1178字 お気に入り:0人
『ネリー、あたしね』そう切り出す彼女の顔は、いつも太陽のように輝いていた。ドブ川の底に溜まった泥のようなこの街で、あんな笑顔が出来るだなんて。素直に感心するし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:彼のところてん 必須要素:《算数のたかし》 制限時間:15分 読者:120 人 文字数:1154字 お気に入り:0人
「大変よアリサ、貴女の愛するタカシくんがゲイビデオに出演していたわ!!」「!?」乱暴にドアが開け放たれる。驚いて振り返ると、そこにはサンダース大学付属高校戦車道 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル: お題:興奮した処刑人 必須要素:じゃがいも 制限時間:30分 読者:198 人 文字数:2382字 お気に入り:0人
「ほう……」深夜のコンビニエンスストアで、戸叶は一人雑誌を眺めていた。お目当ては、雑誌のグラビアページだ。ストリートファイトの賞金があるため雑誌を買う余裕くらい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:馬鹿な借金 必須要素:予想外の展開 制限時間:30分 読者:213 人 文字数:2304字 お気に入り:0人
「なるほど、美味いな」ペペロンチーノを口に運び、辻垣内智葉が素直に賞賛の言葉を述べる。世辞でも何でもないらしく、皿に乗せられたスパゲッティは見る見る智葉の口へと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:商業的な消費者金融 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:30分 読者:231 人 文字数:1825字 お気に入り:0人
「roof-topか……なるほど。いい店だな」染谷まこの頬を、冷たい汗が伝った。「どうする」などという思考は、すでに放棄したはずなのに、それでも何か活路はないか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:バトル・ロワイアル お題:凛としたフォロワー 必須要素:山田が犯人 制限時間:30分 読者:308 人 文字数:2256字 お気に入り:0人
そういえば、集団下校というものが、ランドセルを背負ってる頃にはまだあったような気がする。相馬光子(女子11番)だって、まだ9つの誕生日を迎えるまでは、無邪気に集 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:俺は犯人 必須要素:《英語のクミ》 制限時間:30分 読者:257 人 文字数:1575字 お気に入り:0人
「わあ」思わず言葉が漏れた。すっかり手狭になってきた勉強机。その大掃除をしていたら、プリントをまとめたファイルの中に、英語の教科書が紛れこんでいた。「懐かしいな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル: お題:暴かれた会話 必須要素:会話劇 制限時間:4時間 読者:276 人 文字数:4750字 お気に入り:0人
「こんな格言を知ってる?」カップを口元に運びながら、金髪の少女――ダージリンが口を開く。「10のダンベルが全て揃った時。10人の始祖及び超人閻魔は――――」くい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:女のカリスマ 必須要素:靴の中敷 制限時間:30分 読者:312 人 文字数:2149字 お気に入り:0人
「亦野先輩にはカリスマ性がないんだよねえ」ヘラヘラ笑い、大星淡が口にゼリービーンズを放り込む。先輩である宮永照が常に置いていたお菓子の一つだ。もっとも、彼女達が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル: お題:凛とした成熟 必須要素: 制限時間:30分 読者:269 人 文字数:2486字 お気に入り:0人
「来るなっ……!」「それは出来ない相談っすよォ……だって、約束したっすもん……」ひたひたと、嫌な足音が響く。だらんと垂れた黒髪が、恐怖心を掻き立てた。「どこに行 〈続きを読む〉