ジャンル:戦国BASARA お題:商業的な火 必須要素:インドカレー 制限時間:30分 読者:189 人 文字数:1761字 お気に入り:0人
[削除]

灼【元親と孫市】

「ぎりしや火?」
懇意にしている南蛮商人の胡散臭い満面の笑顔を眇めた隻眼で見据え、元親は耳慣れない言葉をたどたどしく繰り返した。
「聞いたことねえ屋号だなあ。おい、ぎりし屋ってのは何を売ってる店だ」
傍らに控える厳つい船員に伝法に声を掛ける。生真面目に首をひねって考える船員より先に、商人が甲高い声を上げて脂肪で三重になった顎をぶるんぶるんと振った。
「ぎりしや、屋号違いマスネー、ぐりーす、ぐれーしあー、聞いたことナイ?」
「ややっこしいな、煙に巻こうってのかい」
本気で腹を立てた訳でもないが、釘は刺しておかなければならない。話の主導権をこの男に握らせるということは、つまり元親の買い物が増えるということなのだ。それも、かなりの出費で。
じっとその顔を見据える。福々しいというにも肥りすぎた顔に張り付けた笑みを翳らせもせず、商人は揉み手をして言った。
「水の上でも燃え続ける火、言えば分かりマースか?」
「……」
沈黙する。
水の上でも燃え続ける火。つまり、水域そのものに放火できるということ。船と船の間で燃え移る火計。港の湾そのものを燃やせば船は近寄れない。暁丸にそれを装備させる。現在調整中の跳躍力強化部品を取り付ける。海を炎で埋め尽くしながら跳び回る暁丸――
凄まじい勢いで脳裏に想像が広がっていく。元親はいつの間にか俯きかけていた顔をがばっと上げた。
「……ああ、まーた始まった」
船員の声が耳に入るが、気にしない。いきいきと目を輝かせて身を乗り出し、床にばん、と手を突く。
「詳しく聞かせて貰おうじゃねえか」
商人が居住まいを正して巻物を取り出す。元親はそれを、幼子が絵巻物を楽しむような心地で見守った。


一通りの話を聞いて、昔なじみの雑賀衆の頭領は明らかに呆れ切った眼差しを寄越してきた。
「凝りぬ男だ」
「おうよ、世の中にゃこんなに面白ェもんばかりだ。ちょっとやそっとで懲りてられるかよ」
快活に笑う元親の顔を見もせず、女は自分の引き締まった腹部を撫でて何か厭なものを思い出したように眉を寄せる。
「臓腑の中に炎を灯す妙薬などと言って、あの妙な汁物を売りつけられたのを忘れていないのかと言っている」
「……美味かったじゃねえか、あれ」
孫市が言っているのは半年ほど前に同じ商人から買い付けた、茶色のとろとろした汁物である。なんともいえない香りと味わいの後に、舌が燃えるような辛味が襲ってきた。
「しばらくものの味が分からなかった」
べ、と舌を出して孫市が言う。そういえば昔から辛いものは苦手だったなと今更ながら思い出して、そこには触れないことにした。
「俺が火が好きだとでも思ってるのかねえ、今度は水の上で燃える火だとよ」
心底愉快な心地で言いながら、船倉に並べられる藁で厳重に巻かれた壺を眺める。大股に歩み寄って巻き藁を撫でると、腹の底が浮き立つような落ち着かない期待と興奮が湧き起る。
「好むではないか」
「はっは、まあな。……だってよう、水の上でも燃える火なんてのを手に入れて、喜ばねえ男がいると思うか?」
「いる。誰もがお前のようではない」
冷淡な答えも、今更堪えるはずもない。ぽん、と壺を藁の上から叩いて踵を返す。
今すぐ使う当てがあるわけでもないが、それもすぐに出来るように思えた。
戦う相手には事欠かない。何処であっても、誰であっても、どのような信念を抱いていても。望んでいても、いなくても。それが創世の熱に沸き返る、今の日ノ本の現状だ。
「折角の珍しいモンだ、華々しく使ってやろうじゃねえか。水の上に俺たちの旗印を描いてやるのよ!」
「……」
ついに黙った孫市へ勝ち誇った視線を向け、そしてぎくりと止まる。
孫市の視線は思っていたような冷たいものではなかった。
その口許には、静かな笑みが浮かんでいた。

「お前は、火を好むのだな」

穏やかに、語り掛ける。

「我らはそうではない。道具として、戦火と共にありつづけた。戦火を購う以外の生き方を知らない」

少し沈黙して、続ける。

「……商売道具なら、慣れ親しんだもののみを使う。お前のそれは、道楽だ」

「いいじゃねえか、道楽でよ」

怯む気はなかった。
気楽な調子で、元親は言い返す。

「俺も、これ以外の生き方を知らねえのさ」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:思い出の高給取り 必須要素:インドカレー 制限時間:15分 読者:195 人 文字数:639字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【おかねのもんだい】厳島、十六夜燐火は毛利元就と昼食を食べることにした。この人は毛利軍の主で一番偉い人で燐火にとっても重要な人だ。いんどか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:アブノーマルな口 必須要素:血液型 制限時間:30分 読者:158 人 文字数:1277字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【伝わってくるもの】「はるさまは?」「燐火か。本殿じゃねえか? ゆかさんと波瑠さんととーりょーと元就様でのんびりしてるというか」「かいぎ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:少女の朝飯 必須要素:扇風機 制限時間:30分 読者:230 人 文字数:552字 お気に入り:0人
(オリキャラ居たり模造だったり)【其れが夢だと知っていたから】「……なんだこれ」大山祇神社にて越智安成は消し炭を食すことになりそうだった。彼はここの神官で、立場 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:宿命の小雨 制限時間:30分 読者:295 人 文字数:700字 お気に入り:0人
(4ベースなようで3ネタがあるよ。オリキャラ居るよ)【転換】越智安成は眼鏡を押し上げながら厳島神社で空を見上げた。唐突に鶴姫が厳島に行きたいと言い出したので連れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛城なぎ ジャンル:戦国BASARA お題:彼と会話 制限時間:30分 読者:416 人 文字数:608字 お気に入り:0人
ザァ、ザァ、ザァ、激しく屋根を打ちつける雨音で意識が浮上した。自然に目覚めるなど、寝坊ばかりの自分としては何とも珍しい。小十郎が起こしに来る気配も無く、どうやら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:わたしの嫌いな殺人 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:295 人 文字数:2069字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよ-)【7.いられた】「すまぬな」謝られた。「我はお前が望んだ世界を見られなさそうだ。お前を幸いに出来なんだ」酷い。そんなこと言われても否定する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:子供の喜び 制限時間:30分 読者:319 人 文字数:803字 お気に入り:0人
【ものでつる】厳島は古くから安芸の一宮としてその存在を確かにしてきた。海に関わる者たちにとっては神聖な場所でそうでなくても毛利元就にとっては神聖な場所である。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:恋の転職 制限時間:30分 読者:335 人 文字数:809字 お気に入り:0人
(オリキャラ居ます)【本当のところは】厳島神社にて毛利元就は出されたもみじ饅頭を頬張っていた。その様子を越智安成は無言で眺めている。毛利家と越智……正確に言えば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:戦国BASARA お題:優秀な境界 必須要素:化粧水 制限時間:30分 読者:307 人 文字数:987字 お気に入り:0人
(オリキャラ居ます)【大人の階段登るシンデレラ】安芸にある厳島神社、毛利元就が本拠地としているこの場所に伊予河野軍の船がやってきた。「いらっしゃい」「お邪魔しま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白猫。 ジャンル:戦国BASARA お題:フハハハハ!それはブランド品 制限時間:30分 読者:502 人 文字数:23字 お気に入り:0人
お題のテンションについていけない(吐血 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:A3! お題:夜と深夜 必須要素:400字以内 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:400字 お気に入り:0人
鶯色の瞳が不思議そうに私を見つめている。今日は厄日か?そう思わずにはいられない。 今日の酒は不味かった。仲良くもない同僚と楽しくもない陰口。それらと共に飲む好 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:35 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉